モテないし、パソコン買う。#02【開梱、立上げ変】_エプソン(EPSON)_Endeavor Pro5800
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モテないし、パソコン買う。#02【開梱、立上げ変】_エプソン(EPSON)_Endeavor Pro5800

2017-02-18 20:35

    #01【購入変】
    #02【開梱、立上げ変】 ←今ココ
    #03【初期確認変】
    #04【構造変】
    #05【追加実装変】
    #06【RAIDソフトインストール変】
    #07【RAID構築変】
    #08【Windows10設定変】

    ウォンチュー!!(`・ω★)ゞ
    ナナミです。

     前回エプソン(EPSON)のPC「Endeavor Pro5800」を購入しましたが、遂に届きました!
    実際は2/10(金)夜に注文し2/14(火)夜に届いたので、注文→配達まで2営業日で済んだ形ですね。かなり早かったです。


     ダンボールも結構でかい。通常は横置きで、開梱する時に縦置きにするみたいですね。
    一応サイズと重さを測ってみました(公式サイトでも書かれています)。
    縦 :約64.2cm
    幅 :約35.8cm
    高さ:約56.0cm
    重さ:約22.4Kg

     さっそく中を開けてみます。


     右の画像のようにダンボール側面をスポッと上に抜かすタイプでした。引越しなどでPCを梱包する時はこっちの方が楽そうですね。

     ではまずは本体から確認しましょう。
    本体正面


     5.25インチベイの電源スイッチやメディアドライブの位置は好きに変えられます。
     HDDベイは縦置きに入っています。中の接続は右からHDD0~3となっているようです。3.5インチベイの左側にHDDベイのキーロックがあり、HDDベイの施錠が出来ます。個人用途ではまず使わないでしょうけど。

    本体背面


     電源ユニットにON/OFFスイッチがあります。個人向けPCだと珍しいタイプですね。PS/2接続のマウス、キーボード対応です。オンボード標準で3画面表示(HDMI、DVI、VGA)に対応しています。
     真ん中右側に青いのがありますが、あれが側面カバーのロックです。あれを解除するだけで側面カバーが外せます。
     PCIスロットは7つ、のように見えますがマザボのスロット自体は6つです。公式サイトの仕様にもそう書かれています。実際マザボを見ると、マザボとPCIe x1拡張ユニットとの接続間にPCIスロットが無いんですね。なのでその場所にはPCI接続しないようなもの(FANなど)を実装すると良いかもしれません。

    本体側面


     THEシンプル!
     です。他に言うことは何もないです^^;

    本体天板、底面


     天板もシンプルな作りで変なへこみもなく平らです。耐荷重は10Kgです。まあそこまで乗せるようなものはあまり無いでしょう。
     後、開梱していてハンドルがあるのがとても素晴らしいということが分かりました。持ち上げたり運んだりが非常に楽でした。


     続いて付属品を確認します。
    付属品


     付属品は以下のものがありました。
    付属品
    1.キーボード
    2.キーボードカバー
    3.電源ケーブル(2芯)
    4.リカバリーメディア(Windows10 Pro 64bit)2枚組
    5.HDDベイ用ロックキー×2
    6.マニュアル類(詳細は後述)
     リカバリーメディアは2枚組だったのが驚きでした。容量がそんなに多いのでしょうか?
    (@@;)


     マニュアル類は選択した機器やツールによって付属されるものが異なるようです。私の手元にあるのは以下です。



    1.Endeavor Pro5800 スタートアップガイド Windows 10
    2.正誤表-アプリの起動方法-
    3.リカバリーメディアセット取扱説明書
    4.IRSTをインストールするときは
    5.SSDをご購入のお客様へ
    6.ホットキーの機能
    7.LANボード取扱説明書
    8.サポート・サービスのご案内(パソコン本体用)

     では、いよいよ立上げていきます。先に中身を確認しても良いのですが、ケーブルや部品を外したりしている時に壊したら泣くに泣けないので、それは次回に回します。
     それでは、電源起動(`・ω・´)

     Windows10の初期セットアップ画面が出てきました。とりあえずスタートアップガイドに沿って進めます。


     「すぐに使い始めることができます」画面で「簡単設定を使う」を選択。

     この時はまだネット接続していないので、この画面が出てきます。スタートアップガイドによると、ネットに接続した状態だと下の画面ではなく「Microsoftアカウント登録が必須」の画面に移動するようです。それが嫌なのでまずはオフラインとしました。

     ・・・なんだこいつは。
     パーソナルアシスタントの「Cortana(コルタナ)」というのだそうです。既に同人作家による擬人化がありそうですね(もしくはかつてのあのイルカ)。
     しかしそんなことはどうでも良く、この画面、ものすごく重要なことが書かれています。

    以下画像の原文ママ
    「Microsoftでは、あなたの位置情報や場所の履歴、連絡先、音声入力、音声認識と手書き入力のパターン、入力履歴、検索履歴、カレンダーの詳細、メッセージやアプリからのコンテンツおよび通信の履歴、ご使用のデバイスに関するその他の情報を収集して利用します」

     これどういうことなんでしょう。やたらと個人情報集めすぎてません?ウェブ通販サイトがやるなら分かるけど、OSがここまでやってどうするの?(´・ω・`)
     ちょっとこのあたり対策がないか後で調べますか(オフラインにしといて良かったかも?)。
     とりあえずこいつに関してはスタートアップガイドに従い「Cortanaを使う」にすると嫌な予感がするので、「後で設定する」にしておきました。


     ようやく起動しました!(`・ω・´)
    デスクトップには「ごみ箱」と「PCお役立ちナビ」だけ。「PCお役立ちナビ」はエプソンの標準導入アプリだそうです。後ほど紹介します。


    コルタナ「こんにちは。何かご用はありませんか?」
    『お前を消す方法』


     冗談はさておき、無事立上がったので今回はここまで。
     次回は初期状態のPCの状態やエプソンの初期導入アプリ、ベンチマークなどを確認します。

    ではでは~ヾ(^▽^)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。