モテないし、パソコン買う。#06【RAIDソフトインストール変】_エプソン(EPSON)_Endeavor Pro5800
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モテないし、パソコン買う。#06【RAIDソフトインストール変】_エプソン(EPSON)_Endeavor Pro5800

2017-12-17 13:30

    #01【購入変】
    #02【開梱、立上げ変】
    #03【初期確認変】
    #04【構造変】
    #05【追加実装変】
    #06【RAIDソフトインストール変】     ←今ココ
    #07【RAID構築変】
    #08【Windows10設定変】

    ウォンチュー!!(`・ω★)ゞ
    ナナミです。

     エプソン(EPSON)のPC「Endeavor Pro5800」の購入報告ようやく6回目です。
     前回自前で購入したパーツを実装しましたが、その中にRAIDボードもありました。今回はそのRAIDボードを使って実際にRAIDを組もうと思います。
     以下の順で記載していきます。

    ※はじめに
     RAID構築ですが、手順や説明が非常に長くなってしまうので、RAIDは2変に分けました。今回は各種ドライバやソフトのダウンロードとインストールまでを行っていきます。


    記載順
    1.使用機器
    2.構築するRAID構成
    3.各種ダウンロード
    4.RAIDボードドライバインストール
    5.maxViewStorageManagerインストール(RAID管理ツール)
    6.RAIDボードファームウェアアップデート
    7.バックアップ(システムデータ、ドライバ)

    使用機器
     今回RAID構築で使用する機器は下記の5つです。この内フラッシュバックアップモジュールは設定自体は無く、状態確認だけ実施します。
    1.Adaptec ASR-8805 SGL(RAIDボード本体)
    2.Adaptec AFM-700 Kit(フラッシュバックアップモジュール)
    3.Transcend TS256GSSD370S(2.5インチSSD[256GB])
    4.TOSHIBA DT01ACA200(3.5インチ内蔵HDD[2TB])
    5.〃

     あ、ちなみにこの作業をする前にM.2SSDから2.5インチSSDに引っ越ししています。
    なので現状OSが認識しているのは2.5インチSSDだけです。


    構築するRAID構成
     何故わざわざメチャクソ高いRAIDボードを購入してまでハードウェアRAIDをしたかったかというと、「ハイブリッドRAID」を組みたかったからです。
     ハイブリッドRAIDというのは、SSDとHHDという全く異なる種類のストレージで構築したRAIDのことです。これの利点は「HDDの大容量を活かしつつSSDの読込み速度が保てる」ことです。つまりHDDとSSDのいいとこ取りができるんですね。
    構築はRAID1とRAID5の組み合わせが多いです。詳細はAdaptecの公式サイトに紹介ページや日本語PDFファイルがあるのでそちらを参照下さい。
    こちらのアドレスです。↓
    https://storage.microsemi.com/ja-jp/solutions/hybrid-raid/

     具体的に私が構築しようと考えたRAID構想が下の画像になります。

    [RAIDボードの接続構成(Adaptec ASR-8805 SGL)]
    Port0:HDD①、HDD②、SSD
        (全ストレージの接続方法:SATA⇒miniSASHD)
    Port1:将来用

     下手糞な構成図で申し訳ありません。絵心がないもので(´・ω・`)
     まずSSDとHDDでハイブリッドRAIDを構築します。ここがいわゆるシステムドライブ(Cドライブ)となるようにします。読込みをSSD側で実施してくれるので、OS用プログラムやシステムプログラムの読込みが速くなります。
     次にHDDの余った領域ともう一つのHDDでRAID1を構築します。ここは単純にデータ格納ドライブ用です。画像・動画・その他PCゲームなどのデータしか格納しない予定です。


    各種ダウンロード
     RAIDボードを使用できるようにする為に、以下3つを公式よりダウンロードします。
    1.RAIDボードドライバ
    2.maxViewStorageManager
    3.RAIDボードファームウェア

     (1)まず下記アドレスから公式サイトのサポートに移動します。
    https://storage.microsemi.com/ja-jp/support/

     (2)サポートページから自分が購入した製品シリーズのページに移動します。
       今回はSeries 8 (8805, 8885, 8885Q, 8xxxx)ですね。

     (3)シリーズページから自分が購入した製品のページに移動します。
      私の場合はAdaptec RAID 8805です。

     (4)ダウンロードページでダウンロードしたいものを選びます。
       赤矢印のものが対象です。
       ・Bios Updates and Other Downloads
        =RAIDボードファームウェア
       ・Storage Manager Downloads
        =maxViewStorageManager
       ・Microsoft Windows 10 x64
        =RAIDボードドライバ
      (a)Microsoft Windows 10 x64
       1)ダウンロードページの「Microsoft Windows 10 x64」をクリックします。

       2)ドライバファイルを選択します。といっても基本一つしかないので迷いません。

       3)ページ内「Download Now」をクリックします。

       4)ページを下にスクロールすると同意を求める文が出てくるので、「Yes」を選択後、
        「 I agree and answer truthfully」をクリックします。

       5)「primary」をクリックするとダウンロードが開始されます。


      (b)Storage Manager Downloads
       1)ダウンロードページの「Storage Manager Downloads」をクリックします。

       2)沢山ありますが、OSによってダウンロードするファイルが違うだけです。
        私はWindows10Pro(64bit)なので、
        「maxView Storage Manager v2.05.22932 for 64-bit Windows」をクリックしま    す。

       3)ページ内「Download Now」をクリックします。
        以降は「(a)Microsoft Windows 10 x64」の時と全く同じなので省略します。


      (c)Bios Updates and Other Downloads
       1)ダウンロードページの「Bios Updates and Other Downloads」をクリックします。

       2)ドライバファイルを選択します。これも基本一つしかないので迷いません。

       3)ページ内「Download Now」をクリックします。
        以降は「(a)Microsoft Windows 10 x64」の時と全く同じなので省略します。


     (5)3つ全てダウンロード実行すると、下図のような3zipファイルが出来ます。
       内容を上から順に記載します。
      ・RAIDボードファームウェア
      ・RAIDボードドライバ
      ・maxViewStorageManager

       これら圧縮ファイルは解凍しておいてください。
       これでダウンロード完了です。

    RAIDボードドライバインストール
     まずはRAIDボードのドライバをインストールします。

     (1)コントロールパネルを開きます。Win10の場合は「スタートメニュー」-「Windowsシ  ステムツール」の中にあります。非常に面倒な場所にあるので、私はスタートパネルに登  録しています。

     (2)コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」を選択します。

     (3)上から3番目にある「システム」を選択します。

     (4)画面左にある「デバイスマネージャー」を選択します。

     (5)デバイスマネージャーの記憶域コントローラーをプルダウンするとRAIDボードがあるの  で、右クリック後「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。

     (6)下の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択します。

     (7)「参照」をクリックします。

     (8)ドライバファイルを解凍するとOSごとにインストールするものが異なっています。
      今回はWin10なので、「windows_8_10_ws12_ws16」内の「X64」フォルダを選択し  ます。X64フォルダ内には7ファイルほどありますが、更新時に自動で判別するので大丈  夫です。




     (9)フォルダ選択後、「次へ」をクリックしインストールを開始します。

     (10)インストール完了すると下図のような表示になります。「閉じる」をクリックします。

     (11)OSを再起動します。
       これでドライバインストール完了です。


    maxViewStorageManagerインストール(RAID管理ツール)
     次はRAID管理ツールであるmaxViewStorageManagerをインストールします。

     (1)ダウンロードしたファイルからsetupファイルを実行します。

     (2)「Next」をクリックします。

     (3)同意文です。「I accept~」を選択後、「Next」をクリックします。

     (4)ポート番号を決めます。個人で特別決めることがなければデフォルトのままで良いと思う  ので、そのまま「Next」をクリックします。
      ※デフォルトでは下記のように設定されます。
       ・CIM Server Port :5988
       ・WebServer Port :8443
       ・Standalone Mode:チェックなし

     (5)ポップアップが出るので「OK」をクリックします。

     (6)インストールするファイルを選択します。ここもデフォルトで良いと思うので、そのまま  「Next」をクリックします。
      ※デフォルトでは下記3つがチェックされています。
       ・GUI
       ・Agent
       ・CLI Tools

     (7)「Install」をクリックし、インストールを開始します。

     (8)インストール完了後、「Finish」をクリックします。

     (9)デスクトップに下図アイコンが作成されているので、実行してみます。

     (10)実行するとWebブラウザが立上り、ログイン画面が表示されます。
       ここのログインはOSのログインユーザとパスワードを入力します。
      注意!!
       ①ログインユーザは必ず管理者権限を持つユーザにしてください。
       ②ログインパスワードを設定していないとログイン出来ません。
        私はこれに気づかず、気づくのに時間が掛かってしまいました。(^q^)
        ログインユーザには必ず何かしらパスワードを設定して下さい。
        (パスワードを設定していてもOSログイン時にパスワード入力を省略出来る設定はや    ろうと思えば出来るので問題なしです。)


     (11)ログイン後のメイン画面です。ここまでいけばインストール出来ているので完了です。


    RAIDボードファームウェアアップデート
     RAIDボードのファームウェアアップデートは先程インストールしたmaxViewStorageManagerから実施します。

     (1)maxViewStorageManagerを開き、ログインします。

     (2)画面左で自分のPC名を選択後、画面上にあるSystemから「FirmwareUpdate(歯車アイコン)」をクリックします。

     (3)FirmwareUpdate画面が表示されます。
      「Controller」を選択後、「Next」をクリックします。

     (4)画面上にある「Choose」をクリックします。

     (5)ダウンロードしたファイルの内、拡張子が「ufi」のファイルを選択し、「開く」をク   リックします。

     (6)画面上にある「Upload」をクリックします。

     (7)Upload完了後、「Next」をクリックします。

     (8)「Controller」をチェック後、「Next」をクリックします。

     (9)「Finish」をクリックします。クリックするとアップデートが開始されます。

     (10)アップデートが終わると下図メッセージが表示されます。
       これでファームウェアアップデート完了です。


    バックアップ(システムデータ、ドライバ)

     RAID構築は失敗するとデータが全てぶっ壊れるので、最悪購入時の状態に戻せるようにシステムデータやドライバ類をバックアップします。
     今回は以前#03【初期確認変】で紹介したEPSON標準のバックアップツールを使います。
    実際使ってみましたが、初期ドライバーをインストーラ付きでバックアップしてくれるのでかなり便利でした。復元も楽そうです!
    (`・ω・´)

     (1)スタートメニューからバックアップツールを起動します。

     (2)「外付けUSB機器にバックアップ」を選択します。

     (3)「外付けUSB機器にバックアップ」をクリックします。

     (4)確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

     (5)バックアップ先フォルダを指定します。予め外付けHDDを接続しているので、そこに   フォルダを作成して指定しています。

     (6)確認メッセージが表示されるので、「はい」をクリックしてバックアップを実行します。

      ※外付けHDDだと下図メッセージが表示されるようです。まあでもバックアップはできる   ので気にせず「OK」をクリックします。

     (7)バックアップ中。だいたい1分くらいですかね。

     (8)バックアップ完了すると完了メッセージが表示されます。

     (9)バックアップしたフォルダに移動し、バックアップされていることを確認します。
      全部個別でインストーラが用意されていましたが、「EPSONInst.exe」を実行すると全部  を一括でインストールしてくれるようです。

      ちなみに容量がこちら。意外とサイズが大きかったです。


     はい。ここまででようやくRAIDを構築する準備が整いました。
    ・・・長い。(´・ω・`)
     次回からRAID構築の所を書いていきます。
    構築はかなり時間が掛かったんですが、書く量はそんなでもないかなとは思ってます。


    ではでは~ヾ(^▽^)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。