写真・画像を上げる練習3 ~山本五十六からの手紙~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

写真・画像を上げる練習3 ~山本五十六からの手紙~

2017-08-04 17:38
    先祖の遺品整理をしていたら、山本五十六からの手紙が出てきた。
    表書きも失われて本文しかないので、陸軍の軍人だった父方の曽祖父宛だったのか、政治家だった母方の曽祖父宛だったのかも分からない。
    内容も達筆過ぎて断片的にしか分からない。


    画像1:1面~2面

    「拝啓」「益々、御健やかに」「世上机上の空論を以為闘はと弄ふの」
    「以て自説に忠ならむとの」


    画像2:2面(の端が折り目にかかっているので画像1と重複)~3面

    「心掛」「言を表」「但し海」「山本在り」「安心」「少々迷惑千萬にて小生は単に」
    「小敵たりとも侮らず大敵たりとも懼れず」


    画像3:3面(の端が折り目にかかっているので画像2と重複)~4面

    「の聖諭と奉りて日頃汲(?)と実力の錬成・精進」「仕るに過ぎず」
    「恃む」「として驕らざる十萬」「兵の誠忠乃み」「併」「日米開戦に至らば己が目」


    画像4:5面~6面

    「グアム並津賽(?)に」「将又布哇(ハワイ)桑港(サンフランシスコ)にあら」
    「実に華府○○白堊館(ワシントンDCのホワイトハウス)との」
    「本腰の覚悟と自信あり也」「自重」「一月二十四日 山本五十六」

    …と、ここまでグダグダと拾い読み解読をしてきたが、
    検索したら正解が見つかった。 → 正解(外部リンク:他の方のブログです

    う~ん、結構間違った。中には漢字とひらがなを取り違えたりしている物も。

    それにしても、世の中に割と出回っている文書だったのか。
    しかも笹川良一宛だとは。
    紙質的には複製品っぽくは見えなかったんだけどなぁ。
    草書のお手本として出回っているのかね。

    というオチが付いた所で、写真・画像を上げる練習は今回でおしまい。
    次回より短期集中連載。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。