• 【ドラクエ映画】ユア・ストーリーは「ラスト」ではなく「入り」を間違えた【ネタバレあり】

    2019-08-23 00:25
    はい、見てきました。ドラクエ映画。地獄でした。

    前評判は聞いていたので、わりと冷静に見れるだろうと余裕を持っていましたが、見事にやられました。まだ気分が晴れません。

    見終わってしばらく時間が経ち、冷静さは多少なり戻りつつあります。文章を書ける精神力は取り戻しました。

    さて、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのラストが、なぜ多く人々に呪いとして降りかかったのか。そのことについて書きたい気分になったので、私なりの救済をしようと思います。



    ラストのくだりについて。物語の落としどころとしては、話の組み立てさえ間違えなければ良いラストだったと思います。

    ゲームは所詮データ。現実を生き抜く上で必要が無いもの。本気になるほどばかばかしい。

    普段ゲームを嗜んでいる人たちにとって非常に耳障りな言葉です。その言葉に立ち向かい、僕たちの冒険は本物だ!決して偽物なんかじゃない!と立ち向かう主人公。

    そんな主人公を見て、しょうもない茶番劇だと観客はしけた笑いを吐くでしょうか?ふつうであればそんなことは無いはずです。

    しかし、ユア・ストーリーではそれが茶番劇になりました。



    ユア・ストーリーの最大の問題点は最後の残り10分になるまで、ドラゴンクエストをしていたことです。その結果、あの最後の敵がラスボスとして相応しくないズレたものになりました。

    ユア・ストーリーの物語はある種のキマイラであると言えます。

    ・主人公リュカが憎き宿敵ゲマを倒す物語。いわゆる絶対正義と絶対悪の戦い。
    ・ゲームという不必要な存在を肯定する物語。いわゆるコンプレックスからの脱却。

    この二つが合わさった。絶対正義と絶対悪の戦いをバカにする物語。それがユア・ストーリーです。



    どうすればユア・ストーリーが神映画として歴史に名を残せたのか。それは非常に簡単なことで、あの最後の敵がラスボスに相応しくなるようお膳立てするだけで良い映画になったはずです。

    最初から最後の残り10分までがドラゴンクエストだったために、観客はゲマ、はたまたミルドラースを倒して終わる映画なのだろうと勘違いしてしまいました。これとラストのギャップがあまりにもショッキングすぎて耐えがたいものになったのです。

    最初に、「ゲーム作りなんて子供っぽい仕事してるんですね」と世間から蔑まれるゲームクリエイターを主人公として登場させ、ふらっと寄った大型ゲームイベントのVRブースで「あの頃の思い出をもう一度!懐かしのドラクエⅤがVRで追体験出来ますよ!」という声にふらっとつられてドラクエⅤの世界に入る。

    そして物語も佳境に入り、最後の敵が提示する最後の障害物。「大人になれ」

    それに対し主人公。「あの頃の冒険があって今の僕がある!ビアンカとフローラで揺れた思いになんの間違いがある!冒険も物語も作り物とバカにするお前に、何の世界が救えるか!」

    となれば、あの現実世界のサラリーマンは主人公になれたし。あの最後の敵もラスボスになったはずなんです。

    宣伝広告から最後の残り10分までの間に、ユア・ストーリーを伝えていたか。この脚本を書いた山崎貴総監督は胸に手を当てて考えてみてください。一素人がはっきり言います。詰めが甘いですよ。

  • 広告
  • 俺的!ビール・オブ・ザ・イヤー2018

    2018-12-31 00:27
    今年もやりますクラフトビールの総括。
    ・俺的!ビール・オブ・ザ・イヤーとは

     今年初めて飲んだビールに、独断と偏見で、賞を授与し評価する祭典である。
    まずは今年のラインナップからどうぞ。(結構長いのでご注意を…)
    【KAMIKATZ】


    ・KAMIKATZ IPA

    【アドナムス】


    ・ゴーストシップ

    【アンカー】


    ・サンフランサイコ ジューシーIPA

    【ウィアード・ビアード】


    ・セーフワード

    【ウェールズ】


    ・IPA

    【エッゲンベルグ】


    ・サミクラウス・シュバルツ

    【グリーンフラッシュ】


    ・パッションフルーツキッカー

    【コロナド】


    ・ココカオス


    ・マーメイド レッド

    【サッポロビール】


    ・ピーチベルグ

    【サンクトガーレン】


    ・エル・ディアブロ 2016

    【サントリー】


    ・東京クラフト バーレイワイン

    【シエラネバダ】


    ・オトラベズ


    ・オヴィラ


    ・ビアキャンプ ウェストコーストスタイル


    ・フレッシュホップ セッションIPA


    ・ヘイジー リトルシング


    ・ペールエール


    ・ポーター


    ・ホップバレット

    【ストーン】


    ・エグザルテッドIPA


    ・パンク・イン・ドラブリック

    【デ・モーレン】


    ・ボーデン&グラナテン

    【デンバー】


    ・ヘイ!パンプキン

    【トゥアタラ】


    ・ソーヴィノーヴァ

    【ニューベルジャン】


    ・タータスティック

    【バラストポイント】


    ・アンフィルタード スカルピン


    ・ウォーターメロン ドラド


    ・サワー ウェンチ


    ・ビクトリー・アット・シー バレルエイジド


    ・マンゴー イーブンキール


    ・レッドベルベット

    【ビーバータウン】


    ・ガンマレイ


    ・ネックオイル

    【ピザポート】


    ・スワミズ

    【ファイアーストーン】


    ・ルポニックディストーション


    ・モカ・マーリン

    【ファウンダーズ】


    ・オールデイIPA


    ・CBS

    【ブリュードッグ】


    ・SOS(メーデー)


    ・クロック・ワーク・タンジェリン


    ・マローマフィア


    ・ネイティブサン

    【ベアーリパブリック】


    ・Xレーサー

    【マジックロック】


    ・ビアーデッド・レディ デザートエディション


    ・サワーパッション

    【ミッケラー】


    ・19 ヘイジーIPA


    ・ウィアード・ウェザー DIPA


    ・ウィアード・ウェザー IPA


    ・ケーレック11 ヘイジーペールエール


    ・ノー カウ オン ザ アイス


    ・ランニングクラブ

    【モダンタイムス】


    ・シティ オブ ザ サン


    ・ニトロ


    ・フォーチュネート・アイランズ

    【ヤッホーブルーイング】


    ・僕ビール、君ビール。流星レイディオ


    ・僕ビール、君ビール。裏庭インベーダー

    【ラグニタス】


    ・サックス

    【レヴィジョン】


    ・プラネット・ラブトロン


    ・スパークル・マフィン

    計60種
     今年の総括ですが、前年に比べてやたらヘイジー系(濁りビール)が増えたような気がします。ミッケラーさんがヘイジー推しだったので、それに印象が引っ張られただけかもしれませんが…。
     あと、夏にセッションIPA、秋にパンプキンエールをあまり見かけなかったので、ビールで季節感を満喫できなかったのも、ちと残念な感じです。


    それでは表彰に移りましょう。
    まずはベタなところで【銅賞】【銀賞】【金賞】から。

    【銅賞】


    アンカー サンフランサイコ ジューシーIPA

     桃と杏子の果汁を使用したIPA。桃やライムのような香りがあり、これ以上ないほどにフルーツ感抜群の風格。ガツンとしつつも後に残らない苦味が合わさり良いバランスです。


    エッゲンベルグ サミクラウス・シュバルツ

     パウンドケーキ、ラムレーズン、プルーン、ビターチョコのニュアンスが合わさり、重厚なデザートのように仕上がっています。14%とド級のアルコールですが、これもいい感じの演出をしてくれます。


    ファウンダーズ オールデイIPA

     しつこくないスッキリとした苦味、バクハツするフルティーなホップのアロマ。暑苦しい夏にぴったりの味わいで、名前通り毎日飲める素晴らしい完成度です。


    ファウンダーズ CBS

     超濃い口の黒ビール。メープルシロップのような重みのある甘さが特徴的。濃すぎるがあまり、もはやこれは黒ビール味のシロップなのではと錯覚するレベル。


    【銀賞】


    サンクトガーレン エル・ディアブロ 2016

     2年前に購入して以来、ずっと冷蔵庫で寝てもらっていた期待の1本。寝かせた結果かどうかはわかりませんが、10%のアルコールが全く感じないレベルまで丸くなっていて感激しました。濃すぎずちょうど良い軽さに仕上がったバーレイワインで、グミのような、まったりとしつつもナチュラルな甘さが良い感じです。


    ビーバータウン ガンマレイ

     飲みごたえバッチリな仕上がりのペールエール。苦みは控えめで、麦のコクを存分に味わえるポイントは非常に好印象。水以上に進むセッショナブルさには思わず感服です。


    マジックロック ビアーデッド・レディ デザートエディション

     バナナオレやカカオニブのようなスイーツ感満載な香りが印象的。パウンドケーキや焦がしたラムレーズンのような深みのある味わいです。この手のスタイルは濃すぎる仕上がりになりがちですが、程よい酸味やみずみずしさがあり絶妙なバランスで整っています。


    【金賞】

    …。
    無し。


    残念ながら今年は、金賞クラスの革命的ビールに出会うことは出来ませんでした。最高ランクである金賞には、それなりの地位を維持して欲しいためこのような結果となります。


    続いてユニーク賞に移ります。

    【ベストジューシー賞】


    ニューベルジャン タータスティック

     イチゴジャムとレモネードを彷彿とさせる香り。味はみずみずしく、フレッシュなイチゴ感を存分に楽しめます。


    【グッドラベル賞】


    レヴィジョン スパークルマフィン

     ピンクと紺の背景に白猫のデザインが特徴のラベル。中身に何が入っていようと買いたくなるラブリーさにジャケット買い余裕でした。


    【ベストプライス賞】


    サントリー 東京クラフト バーレイワイン

     200円台という破格の安さを誇るバーレイワイン。味に関してはお値段ちょい上くらいではありますが、とにかく安さに拍手。


    【ベストセッション賞】


    ビーバータウン ガンマレイ

     場所問わず毎日飲みたくなる驚異的な中毒性。みずみずしく華やかな味わいでありながら、のど越しも最高と文句のつけようが無い仕上がり。


    【レアアイテム賞】


    ウィアード・ビアード セーフワード

     チョコベリーという聞きなれないフルーツ?を使用したIPA。味わいも何とも掴めない奇妙な感じです。



     といったところで今年は以上となります。来年があればまたお会いしましょう。それでは皆さん良きビールライフをー。
  • クラフトビールのレビュー 2018年7月号

    2018-08-21 21:28
    【クラフトビールのレビュー】
    【評価基準】 各0~10点で採点

    評価:【味・香り・コスパ・中毒性】



    No.1 オール デイ IPA

    価格:約580円
    度数:4.7%
    スタイル:セッションIPA
    醸造所:ファウンダーズ

    評価:【味:8 香:8 コ:7 中:10】 計33

    力強くもしつこくない、すっきりした苦みと爆発するフルーティなアロマが特徴的。暑い夏にこれを一気に流し込めば至福の一時。



    No.2 スワミズ

    価格:約750円
    度数:6.8%
    スタイル:IPA
    醸造所:ピザポート

    評価:【味:4 香:4 コ:5 中:4】 計17

    はじめは日向夏のような優しい甘さと程よい酸味。次第に苦みを感じてくるようになり、最後はグレープフルーツのようなフィニッシュ。全体的にフルーツ味を感じる仕上がり。



    No.3 タータスティック

    価格:約650円
    度数:4.2%
    スタイル:ストロベリーレモンエール
    醸造所:ニューベルジャン

    評価:【味:6 香:5 コ:5 中:8】 計24

    イチゴ。すごいイチゴ。香りはイチゴジャムとほんのりレモン。味はみずみずしく、全体的にイチゴ風味。とても薄味だが、レモンが良い感じに全体をまとめています。



    No.4 オトラ ベズ

    価格:約580円
    度数:4.5%
    スタイル:ゴーゼ
    醸造所:シエラネバダ

    評価:【味:3 香:2 コ:3 中:0】 計8

    酢のような刺激的な酸っぱさ。まるでサワーエールのよう。ゴーゼスタイルと思って飲んだので、かなり面喰いました。酸っぱさの中にはうっすらグレープフルーツ風の苦味、塩で引き立たされた甘味があり、じっくり味わうと案外深い仕上がり。