• 魔法剣士と心優しき仲間達 設定資料集

    2019-02-10 20:51
    作者より:台本を執筆する為の設定資料です。上演等の時の閲覧は自由ですが、使用は禁止です

    マクナーリア・ユリグラス
    魔法王国を故郷の魔法剣士であり冒険者。冷静で心優しく、仲間思い。父親が王国を護る騎士団の隊長で、母親が精霊術士という家系であるが、本人が使う魔法は習得が難しいと言われる古代から伝わる自然を魔力に変える物。

    リコス・ユリード
    マリナーリアの従妹。いつも、リボンを巻いた黄色の帽子をかぶっており、かなりのお転婆で、好奇心旺盛な性格。故郷を何者かに襲撃され、両親と遠く離れた小さな町に引っ越し魔法ギルドに所属していたが、中々覚えられずにいた。数年前に一流の魔法使いになりたくて、冒険者になったばかり
  • 広告
  • 3匹の子供お化け 第一話 こげこげの森へやってきた赤ん坊

    2019-02-09 01:05
    あらすじ:人間界で拾って来た小さな魂。小さなお化けになったそれは、やがて集落の一員になっていきます

    配役
    虫歯お化け♂:黒い身体に赤い目のお化け。一族の教官であり、子供好き
    夜更かしお化け♂:紺色の身体に蒼い目のお化け。真面目だが、おちゃめな時も
    お風呂お化け♀:白い身体に青い目のお化け。優しい
    オレンジ色の魂/赤ちゃんお化け♀:魂は人間界を彷徨っていた、幼い子供のもの。オレンジ色に黄色の目のお化け。生まれたばかり
    ナレーション(男女どちらでも可能)

    ストーリースタート

    ナレ:こげこげの森のお化け達は、人間界が夜になるとゲートを作りやってきては、獲物を探し回っていました。今日は、一匹の黒い虫歯お化けが弟子を連れて訓練を行ってるようです

    虫歯お化け:やれやれ、あいつもそろそろ一人前のお化けとして仲間入りをするし、へまをしないで、やっているといいがなぁ…。ん?

    オレンジ色の魂:…ねぇ

    虫歯お化け:なんだあれは?

    オレンジ色の魂:こっち…

    虫歯お化け:…呼んでいるのか?

    オレンジ色の魂:そうだよ…

    虫歯お化け:魂が話すはずないし…、テレパシーか

    オレンジ色の魂:声…聞こえるの?

    虫歯お化け:ああ、聞こえる。お前、どうした?

    オレンジ色の魂:しらない…

    虫歯お化け:いや、そう言われてもな。

    オレンジ色の魂:あたし…、おうち…ない

    虫歯お化け:ない?もしかして、彷徨い魂か

    オレンジ色の魂:どこ…、あたしの…

    虫歯お化け:子供の魂らしいが…泣いているな。こっちこい

    オレンジ色の魂:…?

    虫歯お化け:よしよし、いい子だ

    ナレーション:虫歯お化けは優しく腕の中に抱きかかえると、戻って来た弟子に「食べ物じゃない」といい、一緒にゲートをくぐって森へ帰り、弟子と別れ住処の城へ帰ってきました。そして、一階の西側にある魔法部屋へ行くと、持って帰って来た魂を部屋の中央にある魔方陣へそっと置きました

    虫歯お化け:さてと、どうすっかな…。このままにする訳にいかねぇし、俺達の仲間にすっか

    ナレ:虫歯お化けは考えた挙句、この小さな魂をお化けにする事にしました。両手を魔方陣にかざすと、紫の光が魔方陣を走り魂を包み込むと、形が少しずつ変わっていきました

    虫歯お化け:これでよし

    赤ちゃんおばけ:ばぶぅ…?

    虫歯お化け:よしよし、いいこいいこ

    赤ちゃんお化け:あう~

    虫歯お化け:どうした?お腹すいたか?

    赤ちゃんお化け:あう…

    虫歯おばけ:お、おう…。寝ちまったか

    赤ちゃんお化け:(寝息たててる)

    虫歯おばけ:まぁ、しゃーねぇ。今のままじゃ、どうしようもねぇし。とりあえず、今日はこのままでいいか。んで、明日はあいつらの所へつれてくかな

    ナレ:くうくうと眠る小さなお化けの寝顔に微笑むと、そのままだっこして自分の寝室へ連れて行って寝かせました。そして、次の日。虫歯お化けは、その小さな身体を優しく抱いて、城の外の森の小道を歩いてある場所へと向かいました

    虫歯お化け:おう、いるか?

    お風呂お化け:あら、いらっしゃい。その子は?

    赤ちゃんお化け:…?

    お風呂お化け:可愛いわね~。もしかして…隠し子?

    虫歯お化け:ちゃうわ!

    お風呂お化け:じゃあ、何処の子?

    虫歯お化け:ああ、昨日人間界で拾った小さな魂を、俺達の仲間にしようと思ってお化けにしたんだ

    お風呂お化け:そうなんだ~。それで、この子は男の子なの?女の子なの?

    虫歯お化け:ん~?あ、こいつ女の子だ

    お風呂お化け:ちょっと男子~!えっちねぇ!

    虫歯お化け:だったら、おめぇが見ればよかっただろ?!

    赤ちゃんお化け:(たかいたかいされて、喜んでる)

    お風呂お化け:でも、これだと男の子か女の子かわからないわね。

    虫歯お化け:そうだなぁ

    お風呂お化け:う~ん…。あ、そうだわ!

    ナレ:お風呂お化けは、何かを思いついたように一度奥へ引っ込むと、片手にピンク色のリボンを持って戻ってきました

    虫歯お化け:なんだそれ?

    お風呂お化け:これをつけたら、女の子だってわかるわよね

    赤ちゃんお化け:ばぶ!

    お風呂お化け:あら、喜んでるわ

    虫歯お化け:え?こいつ、リボンつけたら中々可愛いじゃないか

    赤ちゃんお化け:あ~♪

    夜更かしお化け:うぃ~す、お風呂お化けいるか?

    お風呂お化け:あら、夜更かしお化け。いらっしゃい

    夜更かしお化け:いつもの…って、なんだ。虫歯もいたのかよ

    虫歯お化け:おう

    赤ちゃんお化け:ばぶぅ

    夜更かしお化け:なんだ、この小さいの?お前、ロリコンだったのか。引くわぁ~

    虫歯お化け:ちゃうっての!

    夜更かしお化け:じゃ、どうしたんだよ

    虫歯お化け:まぁ、かくかくしかじかで…

    夜更かしお化け:ああ、そういう事な。でも、珍しいなお前

    虫歯お化け:なにがだ?

    夜更かしお化け:いやさ、魂を食い物にしないで仲間にするなんてよ

    虫歯お化け:人間界でこいつが寂しそうに話していてさ、一人ぼっちで彷徨わせるのが可愛そうになって、お化けとして暮らした方が幸せになるんじゃないかって思ったんだよ

    お風呂お化け:うふふっ、優しいのね

    夜更かしお化け:そういえば、こいつ。目は見えてるのか?手足はうごかねぇけど、声は出せるし

    虫歯お化け:見えてるし聞こえてる。声も出せるけど、身体が馴染んでなくて、動けないんだ。俺だって神様じゃねぇし、完全なのは出来ないさ。まぁ…あと数日かかるとは思うがな

    お風呂お化け:この子はまだ赤ちゃんなのね

    虫歯お化け:聞こえていた魂の声からして3歳ぐらいだが、そういうことだ

    夜更かしお化け:まだ、名前はないのか?

    虫歯お化け:どんなお化けになるかわからねぇから、まだつけられないんだ

    ナレ:大人お化け達に囲まれた赤ちゃんお化けは、ご機嫌にきょろきょろしていましたが、そのうち、ぐずりだしてきました

    夜更かしお化け:ん?なんだ?

    赤ちゃんお化け:びぇぇぇぇぇぇ!

    虫歯お化け:う、うわぁ?!な、泣き出しちまった?!

    夜更かしお化け:腹減ったのか?!それともおしめ?!

    虫歯お化け:どどど、どうしたらいいんだ?!

    お風呂お化け:うふふっ

    虫歯お化け:いや、笑う事ないだろ?!

    お風呂お化け:あら、ごめんなさいね。きっとお腹すいたのね、ミルクもってくるからまっててくれる?

    虫歯お化け:お、おう…!

    ナレ:おろおろする男お化け達に優しくいうと、また一旦奥へ引っ込み暫くして、哺乳瓶をもってきました

    お風呂お化け:ちょっと、あかちゃんお化けを私に抱かせてくれる?

    赤ちゃんお化け:(ぴたっと泣き止んで、ミルクを飲んでる)

    虫歯お化け:はぁ…助かったぜ

    夜更かしお化け:しかし、お化けでも赤ん坊となればこんなに大変なんだな…

    虫歯お化け:なぁ、お風呂おばけ

    お風呂お化け:なにかしら?

    虫歯お化け:この子、お前に預けてもいいか?男の俺達では育て方がわからないし、赤ん坊ならママが必要だろうしさ

    お風呂お化け:あらいいわよ

    夜更かしお化け:あっさりかよ?!

    虫歯お化け:俺達も様子を見に来て赤ん坊の相手もするし、集落のみんなにもいずれ逢わせたいから、仲間として認めるだろうな

    お風呂お化け:そうね、この子はもうひとりぼっちではないわね。ほーら、お腹いっぱいになったわ

    赤ちゃんお化け:(ゲップをさせてもらい、やっと笑い声をだす)

    ナレ:ご機嫌になった赤ちゃんお化けに、3匹は微笑むとそれぞれ撫でてあげたりしてあやしてあげました

    夜更かしお化け:本当にこの子、可愛いなぁ…

    虫歯お化け:お前こそ、ロリコンじゃねぇか

    夜更かしお化け:はぁ?!

    虫歯お化け:赤ちゃんお化けみて、でれっとしてやんの

    夜更かしお化け:ううう、うるせぇ…!

    お風呂お化け、虫歯お化け:ないわぁ~

    夜更かしお化け:そういうことはおいといて。こいつを温泉にいれるか

    お風呂お化け:そうね

    虫歯お化け:そうだ、俺が入浴させてくるよ

    お風呂お化け:え?

    虫歯お化け:よーし、お風呂にはいろうな

    赤ちゃんお化け:ばぶぅ♪

    夜更かしお化け:おい、行ってしまったけど大丈夫なのか?

    お風呂お化け:心配よね

    虫歯お化け:よしよし、怖くないからなぁぁぁ?!

    夜更かしお化け:あぶねぇ!

    ナレ:温泉にいれようとしたとたん、虫歯お化けはまだ使ってない床に置かれた石鹸を踏んでしまい、転んだ拍子に赤ちゃんお化けを放り出してしまいました!

    お風呂お化け:きゃぁぁ?!

    夜更かしお化け:ふぅぅ、なんとかキャッチした…うわぁぁぁ?!

    (温泉にダイブしてしまい、派手に水しぶきがあがる)

    お風呂お化け:赤ちゃんは?!

    夜更かしお化け:ぶ、無事だ…

    赤ちゃんお化け:(きょとんとしている)

    虫歯お化け:ゆ、床に…こんなの…おくな…よ

    ナレ:虫歯お化けは、水をかぶると動けなくなる弱点があったのです

    夜更かしお化け:こいつ、自分の弱点を忘れたのか?

    お風呂お化け:ぼけちゃったのかしら?

    虫歯お化け:我、一生の不覚…

    お風呂お化け、夜更かしお化け:なーむー

    おしまい
  • 声劇団「蒼杏桜風」専用台本 孤独な心と認め合う絆

    2019-01-20 01:35
    (声劇団「蒼杏桜風」専用台本です。他者は使用禁止)

    あらすじ:こげこげの森へ突然現れたわがままお化けは、まだ他のお化け達に馴染めません。その様子に森のお化け達は、ある事をしようと内緒の計画を立てます

    (副団長専用台本、ナレーションは千本桜さん)

    わがままお化け:赤紫色に黄緑色の瞳の子供お化け
    悪戯お化け:オレンジ色に黄色の瞳の子供お化け