ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【警視庁】ガチ!『公開捜査』(東京都警察)刑事部刑事総務課の公式アカウント('¬')ゞ (MPD_keiji)さんはTwitterを使っています!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【警視庁】ガチ!『公開捜査』(東京都警察)刑事部刑事総務課の公式アカウント('¬')ゞ (MPD_keiji)さんはTwitterを使っています!

2014-06-03 00:00

    【twitterの正しい使い方】事例研究: 防犯防災の用に供する新しい取り組み

    □ 警視庁刑事部『公開捜査』 (MPD_keiji)さんはTwitterを使っています!
    : ガチ!『公開捜査』警視庁(東京都警察)刑事部刑事総務課の公式アカウント('¬')ゞ
    ※catch: ごおgぇネ申
    初動捜査の高度化等の用に供する新たな取り組み(検証)(社会実験)※ママ

    □ 
    警視庁犯罪抑止対策本部(MPD_yokushi)さんはTwitterを使っています!

    □ 警視庁警備部災害対策課(MPD_bousai)さんはTwitterを使っています!

    □ 警視庁広報課 (MPD_koho)さんはTwitterを使っています!
    : 手配犯のガチ・モロ顔写真あり…(爆)

    □ 犯罪抑止対策本部 ツイッター フォロワー数 6万人達成記念動画
    : ピーポー呪文【警視庁オリジナル動画はこちら】


    【こちらはサード・パーティYouTube動画】(外部リンク)(仕様上共有)


     警視庁犯罪抑止対策本部(WEBサイト) | 『特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京』プログラムのトップ・ドメイン - action.keishicho.metro.tokyo.jp/

    □ ピーポくんTOWN


    Tor使いのチンピラ・クラッカー、ブラック・ハッカー諸君、いつまでも日本警察を甘くみてると捕まるよ!

    □ 参照: 警察庁 - 国際的なボットネットのテイクダウン作戦!

     ⇒ インターネットバンキング¥にかかる不正送金事犯に関連する不正プログラム等の感染端末の特定およびその駆除について! - 国際的なボットネットのテイクダウン作戦 -

    犯罪抑止論 - 詰んでるニッポン

     我が国、特に都会にあっては身寄りの少ない、孤独な老人が溢れている。老人の万引きが、半ばかくされた社会問題の様相を呈している。
     況や詰んだ老人は生活苦から万引きするのだが、そういった連中には「世間体」という歯止めが存在しない。同じ理由で、都会には生活保護が溢れている様である。

     欧米のキリスト教信者とは違い、日本人には宗教による縛りが無い。所謂「世間体」だけが歯止めとなる社会構造を有してきた。そんな相互干渉がかえって息苦しい、旧態依然とした封建社会を持続させる仕組みとなっていた訳だが、いよいよ難しい局面を迎えている。

     如何だろう。個人は息苦しくとも、社会は安定してきた、と。この社会、個人は不幸だ。個人の犠牲の上に、組織が成り立つ。そんな社会の様相をうつし出す鏡こそ、昨今世間を騒がしている類をみない犯罪の数々なのだろう。

     団塊の世代の大移動によって係累が薄くなり、団塊の世代が扶養するべき前の世代が放棄され、更にその後の世代の「世間体」がますます希薄になるいま、犯罪に対する敷居は著しく下がっている。

     本来政府の専権事項は、新興宗教などの組織に代替されてきた。組織が弱者を囲い込み、この社会は維持されてきた。行政の不作為こそが、この社会の歪みを増長させてきたのだった。そして問題を先送りにし続けてきたツケを、これより後の世代が背負い込んでいる。
     希薄になった係累、社会から孤立した経済弱者は、今後ますます囲い込まれていくのだろうか。その先に、個人の幸福はあるのか。係累を失った、不幸なプロレタリアートと、成れの果ての老人には、犯罪を止める手立てがない。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。