暑中お見舞い - 20140807(素数日) -
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

暑中お見舞い - 20140807(素数日) -

2014-08-07 09:59
    暑中お見舞い申し上げます。おそらく暑過ぎるのだろう。あるいは暑過ぎるのかもしれない。20140807(素数日)※

    !あ、あぁ、あのねぇえええ!(野々村風)!今日は素数日だ。
    警視庁犯罪抑止対策本部(MPD_yokushi)さんはTwitterを使っています!中の人(甲)(丙)(乙)のコメント※参照(与太話)の用に供する<<引用>>

    「(本日、2014年8月7日(20140807)は、本年13回目の素数日だそうです…)(甲)」

    □ 素数日は8桁素数であるが、時間軸を加味すると12桁である。もうね、病院行

    素数ゼミ - 17年、または13年周期で大量発生するセミ

    「(…17年または13年周期に大量発生するセミがいるそうなんです。その理由には、天敵の発生と周期を合わせないようにしている等いくつか説があるようです。)(乙)」

    ※参照(与太話)の用に供する<<引用>>

    さて、ここからが本題自説である。セミ(昆虫)は、宇宙生物であり、変態だ。

    セミとは何か。セミとは昆虫の一種であり、変態である(但し、不完全)。卵から幼虫として孵化し、やがて成虫になると考えられているが、実際にすべての行程を完トレースしながら観察した人間はあまりいない(はずである)。なぜなら、セミは隠れるからである。意味不明の地下潜伏期間が長過ぎる。飼育にも適さないというから、野生環境を観察するしかない。そんなに物好きな暇人は多くない。俺は、セミは宇宙人のスパイ(兵器)だと思う。(噴飯)

    昔の日本では、セミは夏鳴く生き物だと思われていた。しかし、最近では夏が暑過ぎて残暑厳しく、やがて秋深くとも「ぎゃーぎゃー」騒ぎたがる個体が散見される様だ。そして、余計に暑く感じてしまうから、迷惑である。本当に暑い。暑過ぎる。

    一般的に、セミの成虫はとても短命だと考えられている。筆者は子供の頃、セミの成虫期間は「10日前後」と教わった記憶があるが、これはいまどき俗説らしい。セミが飼育に馴染まない事から生じた誤解であるという。況や野生環境では、およそ「30日前後」とされる学説が定まりつつある様だが、これが正しいかどうか、筆者には確かめようがない。何だかセミという生物は難しいのである。

    更に、セミが幼虫として地下に潜伏する期間がやたら長い。お馴染みのアブラゼミならおよそ6年!その他、3年から17年!に達する種も確認されているという。が、俺は怪しいと思う。17年の追跡調査!?飼育できないのに?誰が追跡(完トレース)したの?完全な野生環境下で?どこの暇人?査読はどこの誰がやるの?個体の識別やりたギャアル(西田ひかるちゃん風)!無理筋だろ…。

    ∴ セミは怪しい。怪し過ぎる。妙なアルゴリズムが働いている。(分裂白目)

    セミの大量発生の周期は、なぜ17年または13年に限定されるのか

    ここからは経済学(経営学)で考察したがる。まずはセオリー、221(機会原価、機会利得、あるいは機会損失)から考える。待て

    やたら暑いから無理だ。後は、お前がやれ。よろしくメカドック!(TM)※各社の商標あるいは登録商標です。

    割とどうでも良い、221定義

    □ 13*17=221である∴221は合成数(13,17)である。
    □ 13*17=221である∴221は半素数である。当該構成素数は(13,17)である。
    □ 37+41+43+47+53=221∴221は連続する5つの素数の和である。
    □ 11+13+17+19+23+29+31+37+41=221∴連続する9つの素数の和である。

    なぜ素数を観測する必要があるのか

    この場合、セミの機会を測定するのに重要なのは、下記のロジック(素因数分解)である。セミの営みに何らかの法則(アルゴリズム)が働いているとすれば(そのための研究だが-_-)、周期はやはり素数である必要がある。何らかの法則が働いておらず、周期が単なる偶然の値だった場合、糸冬

    □ セミの寿命と221年の相関

    • 機会原価
    • 機会利得
    • 機会損失

    □ セミは偶然を制御する

    セミは、捕食者に対する防御の手段に乏しい。∴捕食の機会を逃れる確率(個体の数)だけが頼りであると考えられる。

    前提条件:天敵側のアルゴリズム(機会、すなわち個体の数)は、セミの数に比して、けた違いに少ない。

    ∴本論においては、天敵に定義される鳥や小動物のアルゴリズムは度外視するものとする。

    ①周期(02,03):交錯機会=06年
    ②周期(03,05):交錯機会=15年
    ③周期(05,07):交錯機会=35年
    ④周期(07,11):交錯機会=77年

    上記サンプル中、④は天敵による一網打尽のリスク(以下、TRという)を最小化するが、大量発生の頻度が下がる。∴資源の枯渇のリスク(以下、SRという)、すなわち各個撃破のリスクが最大化する。
    上記サンプル中、①は天敵による一網打尽のリスク(以下、TRという)を最大化するが、大量発生の頻度が上がる。∴資源の枯渇のリスク(以下、SRという)、すなわち各個撃破のリスクが最小化する。

    2 3 5 7

    11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97

    101 103 107 109 113 127 131 137 139 149 151 157 163 167 173 179 181 191 193 197 199 211 223 227 229 233 239 241 251 257 263 269 271 277 281 283 293 307 311 313 317 331 337 347 349 353 359 367 373 379 383 389 397 401 409 419 421 431 433 439 443 449 457 461 463 467 479 487 491 499 503 509 521 523 541 547 557 563 569 571 577 587 593 599 601 607 613 617 619 631 641 643 647 653 659 661 673 677 683 691 701 709 719 727 733 739 743 751 757 761 769 773 787 797 809 811 821 823 827 829 839 853 857 859 863 877 881 883 887 907 911 919 929 937 941 947 953 967 971 977 983 991 997 < 1009

    M予想(仮説):素数は関係ない。単なる偶然。糸冬

    M之定理:

    ①リーマン予想の研究者は、暇人でなくてはならない。
    ②天才はいそがしい。
    ③俺は暇だ。

    ①②③∴リーマン予想の証明は、諦めた方が良い!よし!完全証明!!!


    20140807正午、国立国会図書館の食堂の生姜焼き(定食)が美味かった。肉厚で甘辛。おすすめだ。(ステマ)


    M字導線と素数との相関:

    □ Mの旋律(M字開脚)
     ⇒ 
    リソースの配分を最適化すると、導線はM字をトレース(ぱっくりと)


    コーマン予想 - きんたまんこども

    □ 自然妊娠確率
    □ 不妊治療確率(遺残卵胞乱数除く)
     ⇒ 人工授精
     ⇒ 体外受精

    □ 非可換幾何学と素数
    □ ゼータ関数零点の数理間隔と原子核エネルギーの物理間隔


    長数10の等差素数列

    末項 10^5 ≧

    199 409 619 829
    1039 1249 1459 1669 1879 2089
    34913 37013 39113 41213 43313 45413 47513 49613 51713 53813
    52879 53299 53719 54139 54559 54979 55399 55819 56239 56659
    30427 35257 40087 44917 49747 54577 59407 64237 69067 73897
    28549 36319 44089 51859 59629 67399 75169 82939 90709 98479

    末項(最少) 項数 11 ≦

    110437 124297 138157 152017 165877 179737 193597 207457 221317 235177 249037 262897

    Euler積演算

    Euler product

    Π[p:素数]1/(1-1/p^2)
    ={1/(1-1/2^2)}*{1/(1-1/3^2)}*{1/(1-1/5^2)}*{1/(1-1/7^2)}*{1/(1-1/11^2)}*・・・
    =π^2/6


    □ 時空1秒の定義 = 「セシウム133原子の基底状態における2つの超微細準位間の遷移により放射される電磁波周期の9192631770倍に等しい」時間(時空)


    □ 定義無理数の無理数乗が、有理数になるケースの証明。

    ここに無理数{√(2)^√(2)}を定義するとですな、
    (√(2)^√(2))^√(2)
     = √(2)^2
     = 2

    以上、有理数となる事の証明が成立した。はいはい、


    □ フィボナッチ数列は漸化式で示すと簡単だが、数列として一般項を求めるとなるとすごく難しい。

    3 × 37 ×7 = 777
    10^2 + 11^2 + 12^2 = 13^2 + 14^2 = 365
    1^3 + 2^3 + 3^3 = (1+2+3)^2


    皇太子妃雅子様

    秋篠宮妃紀子様

    ※御旧姓(敬称略: 研究の用に供するため)

    小 和 田 雅 子

    川 嶋 紀 子





    5 10 4 7 3 10

    2 10 6 7 4 10

    数列の総和: 39で均衡

    乗法の積は、それぞれ

    42,000

    33,600

    42,000 ÷ 33,600 = 1.25

    33,600 ÷ 42,000 = 0.8

    文字列配置転換: 

    ここ さき まま だし わ わかお

    10 10 3 4 7 7 4 6 10 10 2 5

    数列の総和: 78

    乗法の積: 1,411,200,000

    意訳: 

    ことここにいたっては おさきに ははうえさまをようし わかぎみを ようさんとす
    事此処に至っては、お先に母上様を擁し、若君を擁さんとす。

    文字列: 1411

    皇紀1411年は、西暦751年である。元号は天平勝宝3年。干支は辛卯。

    西暦1411年は、皇紀2071年である。元号は応永18年。干支は辛卯。


    この ぶんょしう は、イリギス の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか、にんんげは たごんを にしんき する ときに、その さしいょ と さいご の もさじえ あっいてれば、じばんゅん は めゃちちくゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて、わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
    どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ? ふしぎ でよすね。


    p=λ/n

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。