• 黄昏流星群 ドラマ動画2話3話感想ネタバレ

    2019-10-30 03:45
    黄昏流星群 ドラマ動画2話感想ネタバレ

    毎回、続きが気になってしまう展開で終わるので、もう、気になって原作を読んでしまいました。原作通りの展開になるのかどうか、楽しみにしています。
    中山美穂と同年齢なのですが、娘のフィアンセに弱みを見せて涙ぐむなど、なんて痛々しいオバサンなんでしょうか。全く共感できないですね。もっと母親としてピシッと生きられないのかと不甲斐なく思います。世の中の専業主婦はあんなに情けなくないと主張したいです。旦那と家庭以外に目を向けるものがなかったからいけないんじゃないかしら。ある意味とても幸せな女性だと思います。
    あと、やたら離婚をすすめてくる真璃子の友人にも胡散臭さを感じています。本当に彼女の幸せを願っているのかどうか疑わしいです。パティシエの先輩と、一悶着あるのかなぁと思っているのですが、どうでしょう。本筋とは違うところで、引っかかりがあります。
    不倫とはいえ、栞さんの方を応援したくなってきています。彼女の人生を彩る恋を見守りたいです。


    黄昏流星群 ドラマ動画3話感想ネタバレ

    黄昏流星群、毎週とても楽しみに見ています。私はドラマの主要登場人物と同年代でなので、思うところ、考えるところがとても多いのです。特にずっと専業主婦をしてきた主人公の妻・瀧沢真璃子を演じる中山美穂さんに感情移入しまくりで見ています。

    夫の瀧沢完治役の佐々木蔵之介さん目当てでドラマを見始めたのに、妻以外の女性に心奪われている状態なのにも関わらず、その事に関して妻に全く罪悪感を感じてる様子が無いのに、「世の不倫する男性の殆どってこんな心持ちなのかな!?自分がウキウキ・ドキドキする事で嬉しくて胸いっぱいなの!?」と、ドラマの中の事なのに佐々木蔵之介さんについつい敵意を持ってしまっています。

    汗。そして、ついつい、真璃子さんを応援してしまい、娘の婚約者の日野春輝くんとの胸キュンシーンを期待しまくりです。ジャニーズウェストのファンで、特に藤井流星くんが好きなので、この役柄での藤井流星くんの色気とフェロモンとセクシーさにもノックダウンさせられてます。40代専業主婦の心の中を凄く良く描いていて、最後までどうなるのか!?とても楽しみで目が離せません。



  • 広告
  • 日本ノアール ドラマ動画1話2話感想、考察

    2019-10-30 03:29
    賀来賢人が規格外の刑事ドラマに主演!
    ニッポンノワール -刑事Yの反乱

    日本ノアール ドラマ動画1話2話感想、考察

    日本ノアール目を覚ますと殺人現場にいたという、今までに前例のないタイプのドラマということで、期待しています。しかも、殺人現場にいたのが刑事という事で、ますます先の展開が早く知りたいと思わせてくれる「あらすじ」でした。

    自らが刑事であるならば、このありえない展開の中でも、証拠を隠したりせず自首するなり独自捜査を始めるなりの展開でも良いかなと思うところなのに、このニッポンノワールは証拠隠滅をして、さらに自らが捜査に加わって事件に関わっていくという、

    今までの刑事ドラマにはなかった面白い展開が続きを想像させてくれなくて、早く見たいと楽しみにさせてくれます。
    またキャストを見ても、演技派で知られている素晴らしい俳優さんばかりが集結していて、見ごたえのあるドラマになるんだろうなと期待が高いです。

    日本ノアール
    初めのストーリーだけを見ると、重たいドラマの印象も受けますが、先の展開が読めない話なだけに、コミカルに感じるような要素も散りばめられたりして、視聴者を引き付ける展開になるんだろうなと期待しています。


  • ブラック高校 ドラマ見逃し1話感想考察

    2019-10-28 04:02
    佐藤勝利&高橋海人が共演!
    “ブラック校則”と戦う高校生の姿を描く青春ストーリー
    ブラック高校 ドラマ見逃し1話感想考察
    10月14日放送分のあらすじ(第1話) 高校2年の創楽(佐藤勝利)と中弥(高橋海人)は親友同士。2人は、校則で髪を黒く染めるよう強要され、不登校気味になっていた希央(モトーラ世理奈)を救うため動き始める。
    今年日本テレビ系毎週月曜 24:59~放送が開始された
    ブラック高校 』ですが、まずブラック高校この言葉の意味は以前にあった身分および社会的立場を崩壊させて自分が秩序を創り出して、立場を逆転させることである。ブラック高校またこのドラマのもう一つ着目する点は、ブラック校則という点である。受験において問題にあげられる受験競争というテーマは、なんと言っても我が国の昔からの名残が残り過ぎている悪風学歴社会である。

    そして最近では、これに関して燃え尽き症候群と呼ばれる病名までつけられてしまった病気があり、これはある程度の生き方や関心ごとに対する献身的努力をして来た人が、期待していた結果が得られなかったことにより感じる徒労感や欲求不満があって、それは慢性的なもので、ひたすら続くストレスでは意欲をなくし、社会的に機能しなくなってしまうという症状がある。