ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 西郷どん 第23話を無料視聴するには? anitube・dailymotion以外の再放送や見逃し配信情報を解説!

    2018-06-21 23:54

    西郷どん 第23話の無料動画を【高画質で】視聴する方法をお伝えします!
    ↓↓↓

    「西郷どん」の動画を無料でみる!(高画質版)

    ↑↑↑

    anitubeやdailymotionで以前みていた人も多いと思いますが、最近は規制が強くなったり、ウイルス感染する事例が増えています。

    私の古いPCもウイルス感染して、動作がめっちゃ遅くなりました・・・orz

    それ以来、正規ルートでドラマを見るようにしています。この方法だと、西郷どんの全話を安全にみることができますよ!

    西郷どん 第23話のあらすじ・これまでの流れ



    奄美大島への3年間の島流しから無事薩摩に帰還した西郷吉之助。

    大久保一蔵はじめ仲間の薩摩藩士が待っていました。

    一方、偉大な斉彬に仕えていた西郷にすると弟の久光は、一度の薩摩から出たことのない地ごろ(田舎者)で、久光の安易な上洛計画に難色を示したことで、最初からこの久光と西郷の「不幸な」関係が始まります。

    一方、有馬新七ら尊王攘夷派が討幕を掲げて京に集結。

    西郷の弟信吾も新七らに加担していると聞いて、久光の命に背き、下関を離れ急いで今日にのぼる吉之助なのでした。

    吉之助と3年ぶりの再会を果たし、改めて兄の偉大さを知る信吾。

    ただ西郷は最後まで新七たちを説得することはできませんでした。

    西郷どん 第23話の俳優陣はこんな感じでした!



    西郷吉之助:鈴木亮平
    大久保一蔵:瑛太
    西郷信吾:錦戸亮
    有馬新七:増田修一朗
    村田新八:堀井新太
    大山格之介:北村有起哉
    島津久光:青木崇高
    海江田武次:高橋光臣
    おゆう:内田有紀

    西郷どん 第23話のネタバレ感想レビュー!



    今までの奄美大島のきれいな海や独特の言葉や歌に踊りというゆったりした生活から一気にまた「幕末」という現実に引き戻されるような回でした。(きっと、当時も薩摩と周辺の島々ではこれくらいはっきりした温度差があったのだろうと思います)。

    3年間薩摩を離れているうちに、最後さんはすっかり薩摩でも、京都でまでも、伝説の偉人になっていましたが、本当に「そこまで?」という感じはしました。

    まあでもきっとそのあたりから、西郷さんの存在というのは絶対的だったのだろうと思います。

    あそこまで、カリスマ性があったら、やはり出来のいい大久保一蔵などは、いくら幼馴染みでもさすがに嫉妬もしただろうと思いますが、そこは、やはり一蔵の頭の良さ、巧みに西郷さんを立てながら、薩摩としての結束そして討幕の機運を高めていったのだと思います。

    今日の主役は、西郷の弟(西郷家の三男)西郷信吾。

    のちに従道と名乗り、吉之助の死後も明治政府の役人として活躍する人物です。

    吉之助とは年が離れていて、奄美大島に亘る前は子役としてしかほとんど登場していませんでした。

    家を切り盛りしていたのは、信吾の兄の西郷吉二郎でしたし。(吉二郎は、戊辰戦争で戦死してしまいます)。

    従道役の錦戸さん、今日が初登場かと思いきや、実は第一話の西郷さんの銅像の除幕式に年老いた役で出演していました。



    あまり錦戸さんのドラマは今まで見たことがないのですが、大役に抜擢されて、これから活躍するシーンがたくさん出てくると思うので、楽しみにしています。

    西郷さんと年が離れているだけに今日の再会の役どころでは、まだ18歳という役柄であどけなさも残っていて、やんちゃなお年頃のはずです。

    ただ、錦戸さんはすでに33歳で、西郷吉之助役の鈴木亮平さんとほとんど年が変わらないようなので、これから弟役をどううまく演じていくかも見どころだと思います。

    今日の信吾の決め台詞「西郷どん」とでも呼んでくれ、というのがやはり印象に残りました。

    本当にそういったのかどうかはわかりませんが、若気の至りですね。

    信吾は、吉之助と違って、血気盛んな人物だっととい史実も残っています。

    そして、有馬新七のような極端な尊王攘夷派に加担して、3年ぶりの再会にも関わらず、いきなり殴りつけてしまった吉之助でした。

    ですが、その後、薩摩の定宿で床を並べて寝る時に、ゆっくりと自分の不在時の弟の労をねぎらってあげるところが、やはり本当に懐の大きな西郷さんらしいシーンでじーんと来ました。

    今日一番のシーンだっと思います。

    布団を並べて横になりながら、吉之助が優しい言葉をかけた後で、思わず泣きたい気持ちになった信吾が思わず、そっぽを向いてしまうシーンが、なんともよかったです。

    両親を早くに無くして、頼りにしていた兄も島流し、どんなに不自由だったろうと改めて感じ入り、そしてそんな錦戸さんの演技が心に響きました。

    そして今日の西郷どんを見て、改めて西郷さんの人生ってなんて濃厚なそして、西郷さんの人生がまさに日本の歴史そのものだと思わされてました。

    若い時には殿に仕えて江戸にあがり、島流しになって、薩摩に戻ると時は、尊王攘夷、討幕ムード真っ只中、そして、もう一度島流しにあって、そして明治維新を迎えるわけですから、亡くなるまでずっと歴史の重要な局面にいたわけですよね。

    これほど大河ドラマにぴったりな人物はいないと思います。だから最後までの西郷どんからは目が離せません。
  • 広告
  • ラブリラン 最終話を無料視聴するには? anitube・dailymotion以外の再放送や見逃し配信情報を解説!

    2018-06-21 23:41

    ラブリラン 最終話の無料動画を【高画質で】視聴する方法をお伝えします!
    ↓↓↓

    「ラブリラン」の動画を無料でみる!(高画質版)

    ↑↑↑

    anitubeやdailymotionで以前みていた人も多いと思いますが、最近は規制が強くなったり、ウイルス感染する事例が増えています。

    私の古いPCもウイルス感染して、動作がめっちゃ遅くなりました・・・orz

    それ以来、正規ルートでドラマを見るようにしています。この方法だと、ラブリランの全話を安全にみることができますよ!

    ラブリラン 最終話のあらすじ・これまでの流れ



    3ヶ月間の町田と付き合っていた記憶を失っていたいたさやかは記憶のほとんどを思い出していました。

    しかし町田と別れた本当の理由だけは未だに思い出せずにいました。

    さやかは、以前に町田の元カノの杏子から呼び出されたことを思い出し、町田のロンドン行きを邪魔しないで欲しいと言われ、町田の為に別れる決意をしたのでした。

    幼馴染の亮介が好きだと嘘をつき、さやかは町田と別れたことを思い出しました。

    ロンドン行きを邪魔したくないさやかは、このまま町田と別れるという前と同じ選択を、もう一度しようとしていました。

    しかし亮介がさやかの背中を押し、さやかは町田の元へと向かいました。

    ラブリラン 最終話の俳優陣はこんな感じでした!



    南さやか:中村アン
    町田翔平:古川雄輝
    鷺沢亮介:大谷亮平
    小笠原杏子:大政絢

    ラブリラン 最終話のネタバレ感想レビュー!



    さやかの事を想う亮介が、もう一度自分に振り向いて欲しいという気持ちと、さやかの町田への想いを応援したい気持ち、町田への複雑な気持ちなどの様々な感情が入り混じり、心情が表情によく出ていたと思います。切なさが伝わりました。

    町田もさやかに笑顔でいて欲しいから別れようと、さやかも町田のロンドン行きを応援したいから別れようと、お互いが相手の事を想って別れ、すれ違っていたけれど、最終的には恋のライバルたちによって後押しをされ、さやかと町田がよりを戻すというストーリーの展開が良かったと思います。

    さやかと町田の恋の邪魔をしていた杏子が、「あなたたちは終わっていない。まだ間に合う」と涙ながらに町田に言ったセリフには胸が打たれました。

    別れた後も町田のことをずっと好きだった気持ちを考えると、町田の隣には自分が居たいけれど、2人の恋を邪魔しようとしたずるい自分のことは許せないし、町田が本当に好きなのはさやかだとわかっているから、町田の幸せを奪ってはいけないという気持ちがよく伝わり、とても印象に残りました。

    亮介もさやかの為に町田の元に向かい、町田の気持ちを確かめようとするシーンでは、クールな町田に対して、熱くなる亮介の白熱した演技が見応えありました。

    町田を殴って「お前ではさやかを幸せにできない」と言い放って去る亮介の言葉は、重みがあったと思います。

    町田の背中を押そうと思って言ったセリフでもあると思うし、自分がさやかを幸せにするんだという気持ちもあって言ったセリフでもあると思います。

    亮介の男らしいカッコイイ姿が最終回で見られて良かったです。



    最終回で納得がいかなかったのは、一番最後の展開の表現の仕方です。

    予想通りのハッピーエンドは良いのですが、それまで複雑に色んな気持ちが絡み合い面白かったのに、最後は亮介のほんの少しの後押しでさやかは空港に走り出し、町田に思い出した記憶と自分の本当の気持ちを告げ、それを町田がずいぶんと簡単に受け入れたように見える素っ気ない演技でした。

    そしてそのまますぐに一年後になってしまい、ロンドンから帰ってきた町田を迎えにきたさやかが、町田に抱きついて2人の笑顔でハッピーエンドという、最後だけスピーディでさっぱりし過ぎた終わり方が残念で気になりました。

    出来ればロンドンに経ったあと、さやかと町田が遠距離でどう向き合ってきたのか、所々のシーンを上手く入れて欲しかったです。

    最終回は最初から最後までもどかしい様子で進んでいたのに、最後の最後は展開が早くてあまりに呆気なく感じてしまいました。

    最終回の全体的な感想としては、予想通りで分かりやすかった点は良かったですし、相手の幸せを一番に考えて決断をする4人の姿が気持ち良く、望んでいたハッピーエンドで終わったので満足はしています。

    さやかと亮介、町田と杏子が結ばれるという結末でも悪くはないと思うのですが、最後にクールな町田の満面の笑顔も見られて、さやかと町田が結ばれたことが素直に嬉しかったです。愛し合う2人の笑顔に心が温まる最終回でした。

    さやかと町田が別れた理由について、お互いを想って別れたということだけは今までのストーリーからも読み取れましたが、最終回まではっきりとした内容まではわからずに進んで行ったので、一番ポイントとなる記憶を最後まで戻さず、謎を残して最終回でやっとわかるという点では、最後まで色んな予想をしたり、切なくて胸がキュンとしたり、ドキドキしたりして楽しめました。

    演技はどの役者さんもすごく上手とは思いませんでしたが、それぞれの役には合っていたと思います。

    特に亮介の表情は色んな感情を表して、最終回の演技でも心に響きました。
  • モンテ・クリスト伯 8話を無料視聴するには? anitube・dailymotion以外の再放送や見逃し配信情報を解説!

    2018-06-21 23:35

    モンテ・クリスト伯 8話の無料動画を【高画質で】視聴する方法をお伝えします!
    ↓↓↓

    「モンテ・クリスト伯」の動画を無料でみる!(高画質版)

    ↑↑↑

    anitubeやdailymotionで以前みていた人も多いと思いますが、最近は規制が強くなったり、ウイルス感染する事例が増えています。

    私の古いPCもウイルス感染して、動作がめっちゃ遅くなりました・・・orz

    それ以来、正規ルートでドラマを見るようにしています。この方法だと、モンテ・クリスト伯の全話を安全にみることができますよ!

    モンテ・クリスト伯 8話のあらすじ・これまでの流れ




    前回の放送ですみれから離婚を告げられ、過去の殺人事件に関与していたことが世間に知れわたってしまった幸男が首を吊って自殺しようとしたところから、愛梨が幸男を助け自殺は未遂に終わります。

    そんな幸男を真海は再び死なせようと入院先へと訪れるのですが、すみれがそれを止め、それならお前がやれと真海に言われすみれが幸男を狙います。

    モンテ・クリスト伯 8話の俳優陣はこんな感じでした!




    モンテ・クリスト真海役(柴門暖):ディーンフジオカ
    南条すみれ:山本美月
    南条幸男:大倉忠義
    神楽清:新井浩文
    神楽留美:稲森いずみ
    入間公平:高橋克典
    入間瑛理奈:山口紗弥加
    入間貞吉:伊武雅刀
    入間美蘭:岸井ゆきの
    守尾信一朗:高杉真宙

    モンテ・クリスト伯 8話のネタバレ感想レビュー!




    今回は最終回の目前としてたくさんの事が起きた回だったと思います。

    真海が暖であると見抜いていたすみれに真海が真実を告げたことで、幸男へと別れを告げた前回の終わりに幸男は自殺をしようと首をつりました。

    しかし、そこへ愛梨が駆けつけて幸男を助けてしまいます。

    真海にしてみたら一番憎いのは自分の親友であったのにも関わらず裏切られて陥れられ、愛する人を奪われた幸男です。

    その幸男への復讐は昔の親友を死に追い込むことでありやはり胸にざわつきはあったと思います。

    それでも彼にはどうしても幸男を許すことはできず復讐を果たそうとしたので、そこを愛梨に邪魔をされてしまい真海の心は乱れます。

    愛梨へと怒りをぶつけたのも今回が初めてではないでしょうか。

    それほどの情熱があった復讐なので、愛梨が情にほだされ幸男を助けたのは少し納得できないものがありました。

    幸男は愛梨へも酷い仕打ちをした男です。家族を奪い、自分の事も救ってくれなかったのですから。

    でも彼を助けた愛梨は彼とは比べ物にならないほどできた人間だったのだろうと思います。

    そして、もう1つ今回のメインの話しとしてあったのは美蘭と信一朗の話です。

    瑛理奈により美蘭を毒殺する計画は進んでいきます。

    それを知った貞吉は焦りつつも瑛理奈により言葉を伝えることができなくなり何も出来ません。

    ついに美蘭はジュースにまぜた毒を飲まされてしまうのですが、そのとき貞吉は愛する孫を助けることができず涙を流します。

    美蘭は体調を崩して横になるのですが、信一朗は‘美蘭を殺そうとしている人がいる’という真海の言葉を信じ、体調を崩した美蘭への不安から真海から渡されていた解毒薬を美蘭へと飲ませます。

    最初は調子がよくなったと喜ぶ美蘭ですが一瞬にして鼻から血をだし、口からは泡を吹き出し意識を失ってしまいます。

    病院へ運ばれた美蘭のもとへ父である公平は駆けつけますが、後遺症が残ってしまう事を告げられます。

    そして、信一朗を責める公平に、真海から渡された解毒薬を飲ませたらこうなってしまったことを信一朗が伝え公平は何かを考えます。


    今回の縁起で一番印象に残ったのはこの美蘭の一瞬での悲劇です。

    口から泡を出して意識を失ってしまうものは驚きと恐ろしさを感じましたし、この役者さんの演技力を感じました。

    そして愛する孫を守ることのできない貞吉の涙も見所がありました。

    真海はどうして自分を救ってくれた信一朗の愛する人である美蘭を殺そうとしたのか。

    美蘭までは復讐には関係がないと思うのです。

    復讐と恩はどちらが大切なのか。そういったものを考えました。

    でもあの真海の様子を見ていると何か意図があってのあの展開なのかもしれません。

    どうして真海は美蘭にあのような仕打ちをしたのかが納得のいかないところでありとても謎です。

    おそらく次回でその意図が解ると思うので楽しみにしていたいと思います。

    そして、最後にすみれが幸男を再び殺そうとするのですが子供の声に躊躇し行為をやめます。

    背中を向けた彼女に突然幸男が起き上がり刃物のようなものを首へと押し付けます。

    「俺を殺したいのか?」と聞く幸男の顔は今までの優しい夫であり、父親であった彼ではなく、暖をハメて陥れた本来の彼の醜さが出ていて恐ろしかったです。

    これは大倉さんの演技力故の怖さが出ていてすごいなぁと思いました。まさに印象に残った台詞です。

    すみれを人質に次回で彼は真海もとい暖と対決するのではないかと思います。

    幸男はすぐに死んでしまっては話が盛り上がらないのだなと今回の話で思ったので、次回でどういった展開になるのか気になります。

    そして閉じ込められ暖と同じ運命をたどるのではないかと思う神楽はあの場所から出られることができるのでしょうか。

    暖の辛く暗い15年間を思いだし、あのシーンはとても辛い思いがありました。

    知らない場所に閉じ込められ出られないのは死ぬよりも地獄であると思うのです。

    今回の話しはそれぞれが真実を知っていく流れで最終回へ向けてハラハラする展開になっていたので、来週の放送も楽しめそうです。