ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

モンテ・クリスト伯 8話を無料視聴するには? anitube・dailymotion以外の再放送や見逃し配信情報を解説!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モンテ・クリスト伯 8話を無料視聴するには? anitube・dailymotion以外の再放送や見逃し配信情報を解説!

2018-06-21 23:35

    モンテ・クリスト伯 8話の無料動画を【高画質で】視聴する方法をお伝えします!
    ↓↓↓

    「モンテ・クリスト伯」の動画を無料でみる!(高画質版)

    ↑↑↑

    anitubeやdailymotionで以前みていた人も多いと思いますが、最近は規制が強くなったり、ウイルス感染する事例が増えています。

    私の古いPCもウイルス感染して、動作がめっちゃ遅くなりました・・・orz

    それ以来、正規ルートでドラマを見るようにしています。この方法だと、モンテ・クリスト伯の全話を安全にみることができますよ!

    モンテ・クリスト伯 8話のあらすじ・これまでの流れ




    前回の放送ですみれから離婚を告げられ、過去の殺人事件に関与していたことが世間に知れわたってしまった幸男が首を吊って自殺しようとしたところから、愛梨が幸男を助け自殺は未遂に終わります。

    そんな幸男を真海は再び死なせようと入院先へと訪れるのですが、すみれがそれを止め、それならお前がやれと真海に言われすみれが幸男を狙います。

    モンテ・クリスト伯 8話の俳優陣はこんな感じでした!




    モンテ・クリスト真海役(柴門暖):ディーンフジオカ
    南条すみれ:山本美月
    南条幸男:大倉忠義
    神楽清:新井浩文
    神楽留美:稲森いずみ
    入間公平:高橋克典
    入間瑛理奈:山口紗弥加
    入間貞吉:伊武雅刀
    入間美蘭:岸井ゆきの
    守尾信一朗:高杉真宙

    モンテ・クリスト伯 8話のネタバレ感想レビュー!




    今回は最終回の目前としてたくさんの事が起きた回だったと思います。

    真海が暖であると見抜いていたすみれに真海が真実を告げたことで、幸男へと別れを告げた前回の終わりに幸男は自殺をしようと首をつりました。

    しかし、そこへ愛梨が駆けつけて幸男を助けてしまいます。

    真海にしてみたら一番憎いのは自分の親友であったのにも関わらず裏切られて陥れられ、愛する人を奪われた幸男です。

    その幸男への復讐は昔の親友を死に追い込むことでありやはり胸にざわつきはあったと思います。

    それでも彼にはどうしても幸男を許すことはできず復讐を果たそうとしたので、そこを愛梨に邪魔をされてしまい真海の心は乱れます。

    愛梨へと怒りをぶつけたのも今回が初めてではないでしょうか。

    それほどの情熱があった復讐なので、愛梨が情にほだされ幸男を助けたのは少し納得できないものがありました。

    幸男は愛梨へも酷い仕打ちをした男です。家族を奪い、自分の事も救ってくれなかったのですから。

    でも彼を助けた愛梨は彼とは比べ物にならないほどできた人間だったのだろうと思います。

    そして、もう1つ今回のメインの話しとしてあったのは美蘭と信一朗の話です。

    瑛理奈により美蘭を毒殺する計画は進んでいきます。

    それを知った貞吉は焦りつつも瑛理奈により言葉を伝えることができなくなり何も出来ません。

    ついに美蘭はジュースにまぜた毒を飲まされてしまうのですが、そのとき貞吉は愛する孫を助けることができず涙を流します。

    美蘭は体調を崩して横になるのですが、信一朗は‘美蘭を殺そうとしている人がいる’という真海の言葉を信じ、体調を崩した美蘭への不安から真海から渡されていた解毒薬を美蘭へと飲ませます。

    最初は調子がよくなったと喜ぶ美蘭ですが一瞬にして鼻から血をだし、口からは泡を吹き出し意識を失ってしまいます。

    病院へ運ばれた美蘭のもとへ父である公平は駆けつけますが、後遺症が残ってしまう事を告げられます。

    そして、信一朗を責める公平に、真海から渡された解毒薬を飲ませたらこうなってしまったことを信一朗が伝え公平は何かを考えます。


    今回の縁起で一番印象に残ったのはこの美蘭の一瞬での悲劇です。

    口から泡を出して意識を失ってしまうものは驚きと恐ろしさを感じましたし、この役者さんの演技力を感じました。

    そして愛する孫を守ることのできない貞吉の涙も見所がありました。

    真海はどうして自分を救ってくれた信一朗の愛する人である美蘭を殺そうとしたのか。

    美蘭までは復讐には関係がないと思うのです。

    復讐と恩はどちらが大切なのか。そういったものを考えました。

    でもあの真海の様子を見ていると何か意図があってのあの展開なのかもしれません。

    どうして真海は美蘭にあのような仕打ちをしたのかが納得のいかないところでありとても謎です。

    おそらく次回でその意図が解ると思うので楽しみにしていたいと思います。

    そして、最後にすみれが幸男を再び殺そうとするのですが子供の声に躊躇し行為をやめます。

    背中を向けた彼女に突然幸男が起き上がり刃物のようなものを首へと押し付けます。

    「俺を殺したいのか?」と聞く幸男の顔は今までの優しい夫であり、父親であった彼ではなく、暖をハメて陥れた本来の彼の醜さが出ていて恐ろしかったです。

    これは大倉さんの演技力故の怖さが出ていてすごいなぁと思いました。まさに印象に残った台詞です。

    すみれを人質に次回で彼は真海もとい暖と対決するのではないかと思います。

    幸男はすぐに死んでしまっては話が盛り上がらないのだなと今回の話で思ったので、次回でどういった展開になるのか気になります。

    そして閉じ込められ暖と同じ運命をたどるのではないかと思う神楽はあの場所から出られることができるのでしょうか。

    暖の辛く暗い15年間を思いだし、あのシーンはとても辛い思いがありました。

    知らない場所に閉じ込められ出られないのは死ぬよりも地獄であると思うのです。

    今回の話しはそれぞれが真実を知っていく流れで最終回へ向けてハラハラする展開になっていたので、来週の放送も楽しめそうです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。