ぼくのみなもと 第1回~モンスターファーム~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぼくのみなもと 第1回~モンスターファーム~

2014-01-12 07:00


    みなさんおはようございます 
    このブロマガはAM7時に公開されるように設定してるのでみんなおはようなはず
    今から寝るという暗闇の民の方たちはおやすみなさい(-ωー)zZ
    いや、そんな話をしたいんじゃないんですよ! そんな感じで第1回行きます!!
    お題は「モンスターファーム」
    モンスターファームはディノをイメージした緑が似合いますよね!! 僕の偏見です!

    僕歴史の中のモンスターファーム(以後モンファー)は主に無印と2ですね
    無印「モンスターファーム」の発売は1997年7月24日 僕は9歳で、ジブリは「もののけ姫」を出した年月(ぼくらの人生年号はジブリ作品と比較するとわかりやすい)
    「モンスターファーム2」の発売は1999年2月25日 それからもハードをころころ変えてモンスターファームシリーズはたくさん売られてきました アニメ化もされました まぁ、そういう細かいこと知りたい人はwikiをどうぞhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0
    URLなげぇ・・・

    僕歴史の中のモンスターファーム(以後モンファー)は主に無印と2ですね PS版ってやつです
    無印の主な内容は、プレーヤーがブリーダーとなり助手の可愛いホリィちゃんとともにモンスターに仕事や修行をさせながら育て、公式の大会に出場させ勝ち進んでいくって話です
    最初プレーヤーはFランクの大会から参加を始め、ランクごとの公式戦で優勝して階級(F~S)を上げていきSランクの先にある四大大会全てに優勝すると名人の称号がもらえて、そこでこのゲームはとりあえず全クリってことになります。

    まぁ今書いたのは基礎です。モンファー独特の面白いところは
    市販のCDやPSディスク、セガサターンディスクからモンスターを生み出すことができることです!
    (ゲーム内ではそれらのディスクを円盤石と例えてました そういう例えも好き)
    もうその当時のぼくらお子様はいろんなCDみつけては再生させるわけですよ!
    お盆に来た親戚の車に入ってるCDとか幼稚園児のときに購読してた「こどもチャレンジ」のCDとかね! もうひっちゃかめっちゃか
    ディスクからなんのモンスターが出るかっていうドキドキがたまらなかったわけですよ。 買った時期は小学生でしたが中学生になってまたモンファー2ブームが来たときはもう近所の中古本屋に行っていろんな安いCD買って再生しまくってましたガチャのごとく! 今思うとあの衝動買いがなかったらラルクも黒夢もサッズも椎名林檎もサーフィスも俺は聴いてなかったなと・・・

    いや、なんかあんまり文長くなっちゃうの嫌だなと思いながら書いてるんですけどまだまだ中途半端に書きたいことたくさんあるんですよね
    モンファーの無印と2は当時セブンイレブンのデジキューブってシステムで買ったとか
    無印はおじいちゃんの御通夜のときに兄弟や親戚のみんなで線香を絶やさないために徹夜するように買ってもらったものだとか
    円盤石再生でディスク交換しまくってたらディスク傷つきすぎちゃってゲーム読み込めなくなって地元のみんなの大体はゲーム2回買ってたとか
    兄はゴーレム種とヘンガー種が好きで、俺はワーム種とマジン種が好きだったとか
    ゲームに出てくる助手のホリィちゃんや町の人たちは100年経っても老いないとか(モンスターは大体3~5年で死ぬ)
    いろいろ書いてると思い出の深いゲームだなと・・・

    まぁこんなところにしときましょう 読むほうも大変だきっと

    それじゃぁ、お先にトゥモロ~_(ツ)/

    P.S.  昨夜、夢で会った細マッチョメガネの女の子がやたら可愛かった マグマに呑まれて死んじゃったけど・・・


     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。