ぶれいくたいむ 第5回 ~好きだった人の現在を探す話~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぶれいくたいむ 第5回 ~好きだった人の現在を探す話~

2014-03-06 16:18
    さっそくブログ書いてないことの言い訳をしようと思ったのですが、毎回それから始めてる気がしてマンネリっぽいのでやめました  どうも、ちゃんKです

    僕のブログを楽しみにしている人はいないかも知れませんが、僕なんかは好きなイラストレイターさんのブログ更新を楽しみにしてたりするわけですよ
    まぁ主に生きてるかどうかの確認みたいになってきてますけど・・・

    その典型的な例として軽く紹介します
    小学生時代から好きな「田中久仁彦」先生ですね(・ω・)
    http://dayvisions.exblog.jp/
    ↑先生のブログです。1年以上更新されていません(汗)
    現在何してるかもわかりません(激汗)

    僕がこの先生の絵に初めて出会ったのは、当時学校で流行っていた「マジックザギャザリング」の専門雑誌「月刊ゲームぎゃざ」のマスコットキャラクター「ガール・ザ・ギャザリング」(通称・ギャザガール)ですね  カギカッコいっぱい作っちゃって変な文になっちゃいましたね~
    月刊ゲームぎゃざって雑誌の表紙は毎回このギャザガールが大きく描かれてるんですよ
    当時はもう本屋さんで買いにくくて買い難くて・・・
    でも、何度も買ってると中毒症状が出てくるんですよね 
    ネットもあまり普及していない時代でしたから、小学生の情報源は雑誌かテレビか口コミかって状態
    毎月チャリで10分の場所にある本屋さんに行って「ぎゃざ」買うわけです 毎月の楽しみなわけです
     

    そっか! 書いてて今気がついた!!
    俺の中ではもう田中久仁彦の絵はあの時代の楽しかった記憶が刷り込まれているんだ!
    だから最近ギャザガールのスリーブが復刻されたときにカードゲームやってないのに衝動買いしようとしたり、ホイホイさんのマンガ買ったり、ゼノギアスを中古で買ってきたりしちゃうわけだ!

    まぁシカタガタナイ
    今は信じよう 未来はこの思いにあたいする価値のあるものだとぉ~♪

    26歳になると、昔楽しかった思い出をどうしても取り戻そうと変な消費をしてしまうもんなんですよ  きっと
    ニコ動で「いい大人たち」って人たちのゲーム実況動画見てて強く思いました(・ω・)

    脱線しまくりだぜ! 思ったことをドンドン書いてくと、こういう風にオチのつけ方がわかんなくなってくんですよね

    でも、夜勤前で寝なきゃいけないから・・・
    次回に(ッ)づく!!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。