BATUSHKA/Litourgiya
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BATUSHKA/Litourgiya

2016-06-12 02:01



    1. Yekteniya 1
    2. Yekteniya 2
    3. Yekteniya 3
    4. Yekteniya 4
    5. Yekteniya 5
    6. Yekteniya 6
    7. Yekteniya 7
    8. Yekteniya 8

    ポーランド出身のデス/ブラックメタルバンドの1st。年間ベストが公開になる年の瀬に掛けて年末の魔物枠ならぬダークホースが飛び入り参加してくることがある。それは2015年メタル以外の大型新人がI Am the Manic Whale(UK/プログレ)だとしたら、メタルサイドはこのBATUSHKAのデビュー盤でだったのではないでしょうか。彼らはMetallumを見る限りでも魔術師風のフードを被った3人組ブラックメタルバンドであるということくらいしか確認出来ない非常にミステリアスな存在で、本作の壁画のようなアートワークや作中での聴きなれない言語(ロシア語?ポーランド語?)からしても只ならぬ異様な雰囲気を放っています。その音楽性としましては、デスドゥーム~ブラックを軸としたハイブリッドで高品質なブラッケンドデスをベースとしておりますが、NileやSeptic Fleshと言ったバンドが得意とするキナ臭い宗教エッセンスがそこらかしこに充満していて、怪しくも荘厳な異国情緒溢れる音像へと昇華させて圧倒的な個性を得るに至ります。などと書いてみると中々に敷居が高そうに聞こえてしまうかもしれませんが、ブラックメタルとしてはかなり良好なプロダクションであったり、メロウなトレモロリフも充実しているので案外聴き易いのもオススメポイントだったりします。お気に入りとしては、イ―ヴィルで殺傷力のあるブラッケンドデスが怒涛の勢いで押し寄せる2. Yekteniya 2やアトモスフェリックな雰囲気を纏いながらスピード感のあるドラミングとメロウなトレモロリフで爆走していく3. Yekteniya 3、メロディアスなフレーズを多用したメロブラ風味の楽曲でありながら、曲後半では呪詛のような語りと共に重圧さを増していく4. Yekteniya 4など即効性の高い楽曲の数々が前半戦から惜しげもなく披露されていき掴みは申し分ない。不気味な呪文を詠唱しながらドス黒い謎の神秘性を高める6. Yekteniya 6のようなスピリチュアルなタイプの曲も挟みながら上手く緩急を付けながら進行するアルバム後半も見事で、Ulcerateライクな不穏極まりないデスメタルパート~暴風雨のように荒々しい激重音が迫りくるラストの8. Yekteniya 8もう何と言うか圧巻の一言なんだけど、全8曲40分強程度と割とコンパクトにまとめられていることから上記で挙げたバンド群やDeathspell Omega/フォロワー勢のように聴き疲れを起こす心配がないのもまた素晴らしくてリピートが止まりません。そんな2015年メタル界の隠れた怪名盤な本作は当然その年のベストにも選出させて頂いております。今後の活動にも期待が掛かりますね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。