Blaze of Perdition/Near Death Revelations
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Blaze of Perdition/Near Death Revelations

2016-10-07 23:30



    1. Królestwo Niczyje
    2. Into The Void Again
    3. When Mirrors Shatter
    4. Dreams Shall Flesh
    5. Cold Morning Fears
    6. Of No Light

    ポーランドはルブリン県出身のブラック/デスメタルバンドの3rd。XCIII(Gt)、Sonneillon(Vo)、Vizun(Dr)の三名からなるバンドで、リンク先のタッパー氏から薦めて頂いたことがきっかけで本作を手に取りました。そのため過去作との比較等は難しいのですが、Agonia Recordsからリリースされた本作「Near Death Revelations」の冒頭曲1. Królestwo Niczyjeを聴くに、DsO直系のオカルティックで禍禍しい暗黒成分を纏いながらもポーランド産デス/ブラック勢のような怒涛のブラストビートによる疾走フレーズも随所で挟んだ本格派ブラックメタルで高いクオリティを誇ることが分かる。などと書くと静/動を意識したバンドねと思うかもしれませんが、ダークアンビエント→ファストブラック級の畳み掛けなど咄嗟に急転するような激しい落差やいい意味での粗暴さは、プログレやポスト系統によく見られる何手先まで考えし尽くした上で流れるように展開するようなタイプとはだいぶ異なりますが、コレが思いのほかカッコいいのであります。特に、負の要素を抱えた轟音の塊が妖しげなスキャットと共に音圧を増していく4. Dreams Shall FleshからFuneral Mistにも通ずる激走っぷりに心底痺れ5. Cold Morning Fearsのアルバム後半の流れは本作のハイライト。そんな中、2. Into The Void Againでは泣きのギターフレーズなんかも程々に聴けたりもするのだが、中期くらいのWatainのようなメロブラであっても臭くなり過ぎない絶妙な塩梅でコレもまた良し。といったかんじで同郷のMglaの新作にも追従するレベルの良作品でありました。オススメ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。