Milanku/De Fragments
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Milanku/De Fragments

2016-10-17 00:50



    1. Fuir Les Jours
    2. Le Labyrinthe
    3. On S'épuise
    4. La Dernière Porte
    5. L'ineptie De Nos Soucis
    6. Dans Les Absences
    7. Ce Fut Quand Même Notre Histoire

    カナダはケベック州モントリオール出身のポストロック/メタル/ハードコアバンドの3rd。国内ツアー後に脱退したギタリストに代わってDark CirclesのFrancoisが加入、マスタリングにGodspeed You! Black Emperorなどに携わるHarris Newmanを起用した本作はハードコアの激情性を宿したポストロック/メタルといった界隈に衝撃を与えた前作「Pris à la gorge」の延長上線にてダイナミックかつドラマティックな轟音美をひたすらに奏で続ける。静から動へと流れゆくポスト系の典型を地でいくスタイルは決して新しい手法ではないが、そのシンプルだからこそ極上とも言えるメロディセンスが光るというもので、ポストロック調のメロウなトレモロや轟音の一つ一つに良さを感じながらじっくりと聴き進めていくかんじ。特に3. On S'épuise以降の中盤戦の美しきメランコリーには涙腺崩壊しそうなくらいだし、雄大にスケールを増していく轟音サウンドには圧倒されてしまいます。冷徹なへヴィネスと相反して感情的な叫びを披露する終曲7. Ce Fut Quand Même Notre Histoireでも内に秘めたナニカが込み上げてくるような熱さがある。とか言っても、流石に名作クラスだった2ndほどのインパクトは感じないけど、活動10周年を迎えた彼らの成熟が味わえる作品には違いないはず。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。