Hypno5e/Shores of the Abstract Line
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Hypno5e/Shores of the Abstract Line

2017-01-07 02:00



    1. East Shore: Landscape in the Mist
    2. East Shore: In Our Deaf Lands
    3. West Shore: Where We Lost the Ones
    4. West Shore: Memories
    5. Central Shore: Tio
    6. North Shore: The Abstract Line
    7. North Shore: Sea Made of Crosses
    8. South Shore: Blind Man's Eye

    フランスの南部エロー県モンペリエ出身のポストロック/プログレッシブ/グル―ヴメタルバンドの3rd。今作と一緒に過去作も入手。2003年結成、Emmanuel Jessua(Vo/Gt)を中心とするバンドで、フランス語で催眠術という意味を持つそうです。音楽性としては、Meshuggah由来の豪快なグル―ヴネスとプログレッシブメタルの複雑な要素を巧みに使い分けながら、アトモス系の浮遊空間でもってスケール感を演出する大作志向な作風で、彼ら自身がシネマティックメタルと称しているのも頷けてしまうほど壮大なもの。それだけでなく、ポストロック/アンビエント風のアプローチや多言語による感情的な語りをガツガツとキレの良いメタルサウンドの間に上手く挟み込み、静と動の対比でもって表現することによって、映画顔負けの世界観が出来上がるのだと思います。近いタイプのバンドだと、シネマティックな~と以前紹介したことのあるプログレッシブメタルの新鋭EarthsideやNative Constructあたりが即座に浮かびましたが、希望に満ち触れた煌びやかな光のメロディやポジティブな感情とは間逆に位置するダークで独特な空気が漂うエクスペリメンタルとも言うべき音像であり、モダンでへヴィなグル―ヴネスやリフ使いは同郷のGojiraやHacrideを彷彿とさせます。

    約4年ぶりとなる3rd「Shores of the Abstract Line」は、5つの「Shores」という構成からなるコンセプトアルバムで、前半の「East」と「West」ではフランス語、アルバムの中間地点となる「Central」ではスペイン語が起用されています。激しいグル―ヴネスと侘しさを感じさせるようなアンビエントパートが交互に入り混じる複雑かつ混沌とした孤高の世界観であっても、多言語による激情的なスクリームや語りは聴き進めるに連れて感情が沸き上がるようなメッセージ性を秘めているのが本作の特徴で、所々でカットインされるアコースティックな弾き語りや哀愁的な旋律のお陰で、複雑な構成であれど言うほど聴き辛い印象はありません。中でも、アコギの切なげな弾き語りにスペイン語の歌唱を乗せた5. Central Shore: Tioはエスニックな香りを放つ一層哀愁性の高い楽曲で、メリハリや対比といった表現において最も効果的と言ってもいいでしょう。アルバム後半では、縦横無尽に駆け回るテクニカル/プログレデス風の構成から感傷的なムード醸し出すシーンなど劇的な曲展開やスケールの大きさが増していきます。特に15分にも及ぶラストの大曲8. South Shore: Blind Man's Eyeはシネマティックメタルと自称するに相応しい楽曲で、一瞬たりとも気が抜けない気合いの入り様。若干通好みな面がありながらも、静と動の対比や美しいメロディでアクセントを付けるような作風を好むのであればチェックして損はない作品だと思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。