Inverloch/Distance | Collapsed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Inverloch/Distance | Collapsed

2016-11-15 00:30



    1. Distance Collapsed (In Rubble)
    2. From The Eventide Pool
    3. Lucid Delirium
    4. The Empyrean Torment
    5. Cataclysm Of Lacuna

    オーストラリアはビクトリア州メルボルン出身のデスドゥーム/フューネラルドゥーム/デスメタルバンドの1st。1989~1993年までの4年間でEP3枚とフルアルバム1枚を残して解散したデスドゥームメタルの名バンドDisembowelmentに在籍していたPaul Mazziotta(Dr)とMatthew Skarajew(Ba)→(Gt)が新たに結成したバンドで、それ以前にはTrial of the Bowというバンドでアンビエントをやっていたらしい。結成後暫くしてリリースされたEP「Dusk | Subside」では、前バンドでの仄暗いアンビエント要素に地下を蠢くおどろおどろしいデス/ドゥームが絡み合う負の塊のような音源でありましたが、バンド初となる1stフル「Distance | Collapsed」では、Incantationのように粗暴なデスメタルパートと激重ドゥームの各パートの浮き沈みがよりメリハリを持って表現されるようになったことに加えて、EvokenやWorshipに代表される死というワードを連想させる破滅的な暗黒叙情要素もしっかりと楽曲に組み込まれるようになり、最近のEarthみたいな酩酊感すらふと覚えてしまう有様です。1. Distance Collapsed (In Rubble)や3. Lucid Deliriumでは、どっしりと深みのあるデスドゥームの中で突如として蠢き暴れ始めるデスメタルパートが混沌とした様相を見せつけ、深淵へと沈み込んでいく悲しみの埋葬歌である2. From The Eventide Pool/5. Cataclysm Of Lacunaにおいても退廃的な負のオーラ、そして儚く散ってしまう滅びの美学が貫かれている。陰鬱でありながら内省的な叙情フレーズにふと黄昏れてしまう芸術的な暗黒世界。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。