Mandroid Echostar/Citadels
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Mandroid Echostar/Citadels

2013-12-21 23:30



    1. A Death Marked Dream
    2. Ancient Arrows
    3. Haunted Vows
    4. To the Wolves
    6. Ethereal Dawn
    7. Citadels

    カナダはオンタリオ州南西部ゲルフ出身のポストハードコア/プログレッシブメタルバンドの2ndEP。2010年結成のトリプルギター体制の6人組バンドで、モダンプログレッシブ×マスコア×メロパワな作風は、同郷のバカテクハードコア/プログレッシブ集団ことProtest the Heroを嫌でも想起させてしまうサウンドで、ポップでキャッチーなメロディやVo.Michael Cicciaの発するハイトーン系のエモ声質など、正に後追いバンドの筆頭と言ってもいいほどに近いものがあると思う。アコギの弾き語り短曲1. A Death Marked Dreamを挟み、パワメタ系の勇壮なギターフレーズで幕を明ける2. Ancient Arrowsでは、変拍子を利かせたテクニカル/Djent風のプログレメタルパート~キャッチーなサビメロをエモ―ショナルに歌い上げるまでの過程が実にスマートに構築された楽曲で、天に突き抜けるような爽快感や随所で聴けるメロスピ顔負けのギターパートも充実している。Bandcamp産インストDjentバンドの如くお洒落なギターハーモニーを響かせながらも、PTHのような咄嗟の展開力も披露する4. To the Wolves、グルーヴィな低音リフの圧の利いた序盤~ポストハードコア系のエモ路線へ切り替える5. The Sleeper、そしてタイトル曲の7. Citadelsでは、プログレッシブメタルに軸を置き、ストーリーテイストでエピックなフレーズを盛り込んだ、アルバムラストを飾るに相応しい壮大な堂々のエンディングを魅せてくれる。特にラスト曲からはPTHのフォロワー以外のモダン/プログレ要素も窺えたりもしたので、今後そういった方面で突き詰めていってもらうのも個人的にはアリだと思ったり。先にPTHの最新作を聴いてしまっているせいで、余計に彼らからの影響をサウンドから感じずにはいられなかったりですが、フルアルバム前にこのクオリティは素直に褒める他ないです。ピロピロ系のギターパートの充実度もかなりのものなので、プログレだけでなくメロパワ周辺のリスナーにもオススメ出来る作品かと。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。