東京酒吐座/Turnaround
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京酒吐座/Turnaround

2013-08-21 21:50



    1. Open Air
    2. Tasogare Perspective
    3. Nwodwols
    4. Jack And Gill
    5. Fragments
    6. Turnaround

    国産シューゲイザープロジェクトの2nd。シューゲイザー関連を漁っていたときにふと目に付いた大胆なバンド名から興味を持って買ってみた一枚です。始めは海外のバンドがウケ狙いでこんなバンド名にしたのかと思っていましたが、調べたところ国産のバンド(まぁ当たり前ですよねw)でメンバーにPlastic Treeというバンドの方が関わっているとのことですが、確かV系のバンドで...ってかんじで名前くらいは聞いたことありますが、どんなバンドなのかはちょっと分からないです。あとゲストで成田忍、ATSUO(from Boris)、イチマキ(from BP、ex-coaltar of the deepers)、石井秀仁(call≠garl、GOARBED)参加で非常に豪華!と書いておきながらBorisしか分からないです。ホント無知ですいません...清涼感のあるインストシューゲやってる1. Open Airからプロジェクトというにはあまりにガチなシューゲで驚きました。イチマキさん参加の2. Tasogare Perspectiveはアップテンポな轟音シューゲにkawaii系ヴォーカルが見事に合わさって中々好みな作風。アンニュイな女性ヴォーカルと男性との混合スタイルの曲でゆったりと包み込まれるような癒しナンバー3. Nwodwols、前半部分はロック調ながら後半でミステリアスな雰囲気に変わり、この樹海ジャケがぴったり合う4. Jack And Gill、Slowdive直系のゆったり轟音スタイルシューゲの5. Fragments、Vampilliaばりのバイオリンにより雄大な世界観を描いていくタイトルトラック6. Turnaroundなど国産とはとても思えないハイクオリティなガチシューゲイザーユニットでした。なんとなく手にとってみたかんじでしたが、思った以上に気に入りました。ただゲスト参加が多いのでバンド本来のスタイルが聴けなかったであろう点がちょっと残念で企画盤のように感じてしまったかな。なので次作ではちゃんとヴォーカルを加入させてほしいと思ってたら、今作リリース直後に新ヴォーカルさんが決まったようですね。よかったよかった。国産ですがそこらの出来そこないのポップなシューゲ聴くよりもよっぽど満足できる内容でした。オススメです!

    追記:今作リリース後解散したそうです。プロジェクトに近い形だったので長く続くとは思ってなかったですがあまりにも早いだろうに...


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。