Mercenary/Through Our Darkest Days
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Mercenary/Through Our Darkest Days

2013-08-24 04:10



    1. A New Dawn
    2. Welcome The Sickness
    3. Through Our Darkest Days
    4. Dreamstate Machine
    5. A Moment Of Clarity
    6. Beyond This Night
    7. Starving Eyes
    8. Generation Hate
    9. Forever The Unknown

    デンマーク産モダンメロディックデスメタルバンドの7th。ダークなジャケからもう良作臭がプンプンしてるんですが、その期待を裏切らない非常に安定したデンマークらしいメロデスやってました。前作「Metamorphosis」はメンバーの大半が入れ替わったこともあってなんか散漫な内容でしたが、今回は中期の「The Hours That Remain」や「Architect Of Lies」レベルのアルバムに仕上げている。とは言え違いも多少の変化もありまして、パワメタ寄りメロデス→メタルコア風味メロデスへ、即ちより今時の音ってことなってるってことですね。似たような音楽性チェンジを遂げたバンドだとスウェーデンのDreamshadeなんてバンドも居たけどコチラの方が中堅所の安定感といいますか、どっしり構えたかんじがあって一枚上手に聞こえました。モダンな曲調ながらサビでの澄み渡るようなクリーンとメロディ重視で聴きやすい1. A New Dawn、Djent的な刻みの導入やインダスちっくな雰囲気ながらサビではしっかりクリーンで聴かせる実に今時なタイプの2. Welcome The Sickness、叙情的なメロディが印象的なタイトルトラック3. Through Our Darkest Days、グル―ヴ要素が中心ながらもキャッチーなサビメロでいい対比となっている8. Generation Hateなど完成度の高い現代風味メロデスでした。モダン苦手意識強い私でも満足出来たので、メタルコアかよとスルーせず聴いてみてほしい良作でした。メタルコアな要素というよりはデンマーク的モダンな音作りのメタル好きなら気に入ると思いますよ。ちなみにジャケは雰囲気からしてトラヴィスさんかなと思ってたんだけど、Mircea Eftemieなる方で最近だとCryptopsyやSoilworkのジャケも手掛けていたようです。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。