Plini/Sweet Nothings
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Plini/Sweet Nothings

2014-02-21 23:25



    1. Opening
    2. Tarred & Feathered
    3. Away
    4. Sweet Nothings

    オーストラリアはシドニー出身のフュージョン/ジャズ/プログレッシブロックアーティストの最新EP。正確にはBandcampのDjent界隈では有名なSithu Ayeとのスプリット作(そちらもフリー)が一番新しいのですが単体ではこちらになります。うちのリスナーで度々良質なバンド/アーティストを教えてくれるあっきーさんから情報頂いたアーティストで、調べてみたところぼっちで全部やっている出来る方のようですな。しかも現在21歳と私より若いじゃないですかー...で、その気になる音楽性は癒し系のチルいアトモスフェリックなフュージョンをベースに後味程度Djent的なギョンギョン刻みリフを加えたものでジャケ負けしない非常にシャレオツな内容。

    チルい癒し系の空間を形成し緩やかにテクニカルさも見せていく1. Opening、その流れのままアコギがテーマと言っても過言じゃないくらいのフューチャーっぷりを見せる一曲で徐々にシンフォ寄りのダイナミックさを見せて盛り上がっていく2. Tarred & Feathered、ミニマルで知的なマスい小刻みを用いた序盤からメタルっぽい流れへと展開を見せる3. Away、Scale The Summitのようなアンビエンスな要素も含んだ緩やかなフュージョンから割としっかりDjent的な刻み成分を入れてくる4. Sweet NothingsとEPと言えど侮れない良質な作品です。

    普段私はフュージョン系統は精々近年CynicやらScale The Summitくらいしか聴かないのですが、これはかなり気に入りましたね。Bandcamp系フリーDjentというと常日頃言っているように一部のアーティストを除き、テクは凄いものの凡個性な所謂オナプレイに走っちゃってる連中が大半で面白くない。そんな量産型Djent連中とは違いアコギやら静寂パート導入など色々と拘りを見せており中々新鮮味のある作品に仕上がっている。特にTesseracT/Sithu Aye/Cloudkickerあたりの空間美を上手く作れる系のバンド好きならきっと気に入ると思いますよ。ちなみに本作含め彼のEP作品は全てBandcampでフリー公開となっているため、オサレなフュージョンプログレでピンと来て落とすも良し、プリニーとかいうKawaiiアーティスト名に釣られて落とすも良し、アトモスな幻想ジャケに釣られて落とすも良しです。

    追記:フリー公開終了かと思いきや値段の下の方にFree Downlordのリンクが貼られているのでそちらからどうぞ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。