Scale The Summit/V
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Scale The Summit/V

2015-12-25 22:39



    1. The Winged Bull
    2. Soria Moria
    3. Pontus Euxinus
    4. Trapped In Ice
    5. Stolas
    6. The Isle Of Mull
    7. Kestral
    8. Oort Cloud
    9. Blue Sun
    10. The Golden Bird


    USカリフォルニア州ロサンゼルス出身、現在はテキサス州南東部ヒューストンを拠点に活動するインスト系フュージョン/マスロック/プログレッシブメタルバンドの5th。今年初の来日公演直後に解散宣言した(現在は取り消した模様)Cynicからの影響(主に2nd)が色濃く見られるアンビエンスな音響空間やAnimals As Leadersのようなジャズ/フュージョンに通ずるアプローチも加えたプログレメタルは全面インストであるにも関わらず圧倒的な表現力を誇る業界屈指の実力派であります。当時のDjentブームの流れやポスト感を上手く取り入れて急成長を遂げた3rd「The Collective」はちと例外であったものの、続く4th「The Migration」では本来のノスタルジックなメロディの復活やスリリングな展開力や至極真っ当なプログレメタル路線を貫いた力作でその年のベストにも選出するくらいには気に入っていたはず。で、その4thのファンタジーの世界Part2.のような続編を引き継いだアートワークを見れば分かる通り、音楽性もソレを踏襲した手堅い作りとなっています。2nd譲りの泣きのメロウネスや時にゆったりと時に豪快に刻み込む2. Soria Moriaを筆頭に、エッジの利いたリフやギターヒーロー級にピロピロと弾きまくるド派手なギターソロがよりアグレッシブな姿勢を表すが、突如癒しのリラクゼーション的なアンビエントを挟むことで上手くメリハリを作り出しているキラー曲4. Trapped In Ice、LAメタル的ないつになくダサいPVもある意味見物であるが、楽曲自体はジャズ/フュージョン然としたSTSらしい仕上がりの5. Stolas、ノスタルジーな癒し路線~マスロック的な変態パートへ雪崩込む8. Oort Cloud、そして轟音系ポストロックのような強弱を付けた展開や叙情的なメロディを上手く配合した10. The Golden Birdまで終始安定して聴かせます。しかし個人的に一番気に入った前作と聴き比べると、癒しのアンビエント×轟音の流麗に紡がれる絶妙なバランス加減やマス系のテクニカル感など、あらゆる面で劣る印象。それでもそこらの新人では到底出せない職人気質な技の数々は流石ですね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。