OpenToonz練習:ストロボ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OpenToonz練習:ストロボ

2016-05-08 01:12
    ストロボというのは要するにセルとセルの間をオーバーラップで繋いでいく、ということでいいのかな。スローモーションの表現でよく使われてたような気がします。

    プロが教える!CoreRETAS-特殊効果講座:
    第4回「ストロボ効果」
    https://howto.clip-studio.com/library/page/view/retasstudio_cr_sfx_00_004
    を見ると、
    12345…というセルがあった場合

    A…1、3、5、7…
    B…2、4、6、8…

    という2つのセルの並びがあって、AとBをオーバーラップで切り替えていく、という流れ。

    まあ私はちょっと横着して

    AからBへ6フレームかけてオーバーラップ、を繰り返す形にしました。

    スケマティックは

    Aセル、BセルにLayer_Blending > Transparency で透明度を設定し、それをLayer_Blending > Addで重ねる形にしています。
    合成はAddでないとうまくいかないです。(半透明同士が重なっても不透明にならない)

    Transparencyのパラメータ。

    で、Aセルは0(不透明)から100(透明)、Bセルは100から0を6フレームずつ繰り返す形。


    今回は背景無しでやっていますが、もし背景を付けるのなら、背景+キャラの組み合わせをA、Bそれぞれ作って半透明にする必要があるはずです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。