モデルの透過表示
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モデルの透過表示

2013-08-15 21:33
  • 2
材質の半透明、という話ではなく、背景に対してモデル自体を半透明表示するのもMMDではなかなか困難です。

実験的にこんなものを作ったりはしていたのですが、モデルごとにその透過率を変化させる、つまりモデルごとにフェードイン・フェードアウトをシンプルに実現することはできませんでした。

モデルの透過表示ということなら針金Pのghost.fxのようなMMEもあるのですが。



しかし、ミーフォ茜氏のレイヤーエフェクト(と言えばいいのだろうか)を使うことにより、あっさり出来るようになっていたのでした。

※2015.7時点での配布サイト→ http://star3.glasscore.net/Pages/3dcg/Effects

こんな感じにモデルごとにフェードイン・フェードアウトできます。


<やり方>
上記の動画では3つのモデルの透過率を変化させていますが、この場合M4Layer.xを3つロードします。なぜxファイルを複数ロードしているのかというとそうしないと個別の透明度を調整できないからです。

次にエフェクト割り当てウィンドウを開くと、LayerRTタブが3つできているので、それぞれにモデルを割り当てます。M4Layer.xはMainタブのみにチェック。


この段階でアクセサリ操作のM4Layer.xのTrかSiを変えれば透過率が変化します。

描画順がおかしい場合はアクセサリ設定で順番を入れ替えます。


複数のモデルが重なっている状態で透過させるとこんなことになってしまいますが、こういう場合はエフェクト割り当てで一つのレイヤーにモデルをまとめておけばよいわけです。


この通り


これとは別に、M4Layerエフェクトは合成モードが複数用意されているので、色々と試してみるのも良いかと思います。
これは合成モードを20(輝度)にした場合



最後に、M4Layerは、MMDの最新バージョンで使用すると表示がおかしくなることがあるようなのでご注意ください。上記の動画はVer7.42で作成しています。
(訂正)バージョンの問題ではなく、デフォルトの背景だと表示がおかしくなるということみたいです。基本的に背景画像を読み込ませた上で使うのがいいようです。(背景を黒にする場合、「背景黒化」を使うのではなく、黒い背景画像ファイルを読み込む)




広告
×
動画を拝見して、まさにこのように透過したいと思ったのですが、モデルが真っ黒になったりと思うように透過できません。
こちらはfxファイルを弄ったりしてますか?また材質的に条件等あるのでしょうか?
44ヶ月前
×
>>3
とりあえず自分の今の環境で確認してみました
MikuMikuDance Ver9.24(DX9)+MME
M4Layer.x(リリース8)をロード※この時点で背景が黒くなる
付属のMEIKO.pmdをロード
エフェクト割当でmainタブでMEIKOのチェックを外す

これでSiかTrをいじると半透明になる…はずです。
fxは特に変更しません。
あと記事には書いていなかったのですが、他のMMEとの同時使用については検証していません。
モデルの材質については、関係無い…と思うのですが、断定出来ません。
MMDに付属しているモデルでうまく半透明になるのであれば、モデル(材質)によって挙動が異なる…という可能性は出てきます。
差し支えなければ、使いたいモデルを教えてもらえればこちらで試すことも出来ます。
44ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。