• モン・サン・ミッシェルを造った司教は、天使に脳天に風穴を開けられた。

    2014-08-03 19:594
    お久しぶりでございます、生きております!
    ちょ~っと某国家資格という名のラスボスに挑んでおりました。
    一発目は何とか撃破したんですが、こいつ二段階変形しやがりますので後日二段階目と戦わねばなりません。
    ので、10月くらいにまた行方不明になるかと思いますが、失踪ではないのでお気になさらず、
    「ああ、あいつひのきの棒でピサロに挑んでるのか」
    と、生温く見守っていて下さいw


    さて、今回は知らない人はいないんじゃないだろうかという位有名なフランスにある世界遺産、モン・サン・ミッシェルです!


    モン・サン・ミッシェルとは日本語で『聖ミカエルの山』という意味。
    ミカエルというのは大天使ミカエルのことで、このモン・サン・ミッシェルを作るようお告げをしたとされる天使です。
    このお告げの方法というのが何とも壮絶。
    大天使ミカエルはオベール司教という人の夢の中に姿を現し、この地に聖堂を造れ!とお告げをしたのですが。

    【一回目】
    ( ̄ι_ ̄川「さあ、ここに聖堂を建てるのだ!」
    (;◎△◎)「え~、何お宅、もしかして悪魔?ちょ、帰って!」

    【二回目】
    ( ̄ι_ ̄;川「いやあの、聖堂をここに・・・」
    (;◎△◎)「うわまた来たし。悪魔はお断りって言ったやん!ほら帰った帰った!」

    【三回目】
    ( ̄ι_ ̄;川「せ、聖堂を造れと・・・」
    (`◎△◎)「だーかーら!しつこいなこの悪魔!はよ去ねや!」
    (゚Д゚#川「(ぶっちーん)聖堂造れっつっとんじゃこんのボケナスがぁぁぁぁあああ!!!

    と、キリスト教の天使なのにも関わらず仏の顔も三度までをガチで実行し。
    司教のドタマに風穴開けるというまさかの力技を実行。
    朝起きて無残なことになっている己の額を見た司教様が「やっべこれマジモンの天使様やん」とgkbrしながら作ったのがこのモン・サン・ミッシェルと言われています。
    何と言うか、他にやりようはなかったんですか天使様よ・・・。
    ていうか人体盛大に損傷させている時点で悪魔っぽry・・・・げふんげふん。


    そんな体育会系天使の名前を冠したモン・サン・ミッシェルですが、サン・マロ湾という干潟にあった岩山の島に造られており、同名の聖堂を中心に小さな町が形成されています。
    現在では道が造成されており完全な島ではないのですが、それでも満潮時にはまるで水に浮かんだような当時の姿を垣間見ることができます。
    当然ながら島に駐車施設なんてないので、車は外に増設された駐車場に駐車し、徒歩で上陸することになります。


    島で真っ先に目に入るのが・・・何故か大砲。
    これはフランスとイギリスの100年戦争時、一時期イギリス軍が占拠していた時があり、その際の置き土産と言う名の放置品だそうです。
    廃品回収ぐらいちゃんとせんかいイギリス軍!w

    気を取り直し、今度こそ町へ入ります!


    壁を抜けると・・・。

    おいでませ中世の世界へ!
    傾斜した小道の左右に店がみっちり立ち並んでおり、中世の面影が色濃く残っています。
    お土産物屋さんやレストランがほとんどで、かの有名なふわふわオムレツ発祥のお店は町に入る前、丁度壁を抜ける手前の左にあります。プラールおばさんのお店という名前です。
    ちなみに私は海外で半生卵を食す勇気と耐力がないので食べておりません・・・。(過去に一度半生系にやられた経験アリ)


    他のお店で昼食をとる時、同じく名物であろうシードル(林檎のスパークリングワイン)を飲みましたが、これがまたメッチャ美味しい!
    お酒苦手な人でもグイグイいけるので、飲みすぎにはご注意を。



    小道をひたすら登ってゆくと、修道院の入り口が見えてきます。
    そうなんです、よく教会や聖堂と間違えられるのですが、モン・サン・ミッシェルは修道院なんです。
    もちろん、某予言(肉体言語)天使のお告げの通り、内部には聖堂もちゃんとありますw
    18世紀に修道院としての機能を終え、しばらくその立地を生かして監獄として使用されていたそうですが、その後再び修道院として使用されてきました。
    巡礼地としても有名だったため、修道院に至る道の店店は元々巡礼者向けに構えていました。
    孤立した立地が利点だったにも関わらず、現在は立派な観光地として多くの人で賑わってているのですから何だか不思議な感じです。
    尚、現在でも数名の修道士さんが修行をされているそうなんですが、過去本ブロマガで紹介したメテオラ同様、完全に動線が分けられているのか姿を見ることはありませんでした。残念・・・。


    見学ルートとしては、一旦最上部まで上がって、順に降りていく一方通行式

    なので、結構最初から体力をガシガシ削られます。
    島自体が徹頭徹尾坂道ばかりなので、しょっぱなからトバすと頂部に到着する前にヘバりますw
    慌てず騒がず、修道士になった気持ちでゆっくり進みましょうw


    岩山に造られたとあって、上層からの眺めは最高です!
    近年は近隣の工事の影響で陸地面積が増えているらしく、満潮でも島に見えなくなってきているために景観を取り戻す工事が進められているそうです。
    ここのみならず、最近は世界各地の世界遺産で似たような事例を良く聞くのですが、地下水の過剰な汲み上げや保護区域周辺の建築や区画造成など、違法にはならないが世界遺産の景観を著しく損なう事項に対しては各国頭を悩ませている模様。
    価値あるものを後世に残してあげるためにも頑張ってほしいところです。


    上階には中庭もあります。


    側廊がぐるっと回っており、わざと柱列がずらされている辺り芸が細かい。



    聖堂。奥行きと手持ちカメラの都合上、全体図がうまく撮れず・・・。
    修道院に付属している聖堂としてはかなり大きめで、100人位は余裕で入れそうな規模です。
    昔は結構な人数の修道士が在籍していたんだろうなぁ、と想像しつつ、腰掛けて周囲を眺めていました。

    モン・サン・ミッシェルは基本的にゴシック様式ですが、100年戦争で破壊されたり立替などを行った関係上、あちらこちらに異なる様式が見られます。
    ただ、結構自然に溶け込んでる箇所も多く、最初から違う様式が混ざっていると考えながら観察しないと違う箇所が見つかりにくいかもしれません。
    異なる様式同士でもさほど浮かないところが流石フランスといったところ。



    下に下りてゆくと、食堂もあります。
    写っている人と対比しても分かると思いますが、聖堂同様やっぱり結構広い!
    相当大人数が共同生活を送っていたんでしょうねぇ・・・。


    そしてさらに下りてゆくと、列柱以外何もない空間に出ます。
    この空間の使用用途はちょっと失念してしまったのですが、ここよりさらに下には牢屋があるそうです・・・。

    こうして順繰りに見学してゆき、外に出ると来た道を今度は下ってゆきます。
    帰りは楽チンですよ皆さん!(笑)

    お土産屋さんはもちろん、買い食いスポットも点在しているのでまったり下りていくのがオススメです。

    ラズベリージェラートうめぇ!


    モン・サン・ミッシェルは、よく「中とかどうでもいい、外から見るもんだ!とか言われている不遇の世界遺産なので、今回は敢えて内部を中心に紹介させていただきました。
    外からの景観ももちろん格別ですが、中にも魅力がミチッと詰まっているので、訪れる際は是非内部まで堪能していってください!


  • 広告
  • ヨーロッパ人の認識では、スペインはヨーロッパではないらしい。

    2014-05-04 20:542
    親戚の結婚パーティまで一ヶ月切ったのに体重1㌔増えましたこんにちわどうしよう!w
    ドレス着るほど固いものじゃないということで、ちょっとお高いワンピースを購入したのですが、ウエストラインモロバレな形状なのでもうちょい絞らないとキツイ・・・!
    いや、先月末になんとなく買ったヴェルタースオリジナルのキャラメルチョコが美味しいのが悪いと思うんです。
    そりゃそんな高カロリーなものにハマったら太るのは自明の理。反省してます、ハイ。

    個人的に凹む話は横に置いておいて。
    タイトルの意味ですが、別にヨーロッパ総出でスペイン一国を苛めている訳ではないですw
    何でそんなことになっているのかというと、スペイン、もといイベリア半島の歴史が関係しています。
    ここからは歴史に詳しい人が見たら突っ込まれそうな勢いでざっくりした説明&一部個人的見解になりますので、興味のない方はずずいっと飛ばしてくださいw




    ******************************************


    現在のスペイン王国がある国土は8世紀までキリスト教国家が複数混在していたのですが、後のフランスであるフランク王国にフルボッコされたゴート朝(西ゴート国とも言います)が、「このままだと周囲の国に気を取られてやり返すどころじゃないわ」とでも考えたのか、まるっと一世紀かけて何とかイベリア半島統一を果たしました。
    よっしゃこれで国力アップに集中できる!と思っていたところ、イスラム系国家のウマイヤ朝とちょっとした小競り合いをした際、弱体化していたのがポロっと露見したために半島の南側半分近くが侵攻を受け、あっさり持っていかれた上にゴート朝は崩壊。
    で、力もお金もない生き残り組はどうしたのかというと。
    「イスラム教がキリスト教に喧嘩売った!」国対国の戦いを宗教対立にすり替え、キリスト系国家総出で一つの国相手に戦うよう仕向けたのです。
    ここからは皆さんご存知だと思うのでさくっと省略しますが、各国の思惑が色々重なった結果、かの有名な十字軍が結成され、レコンキスタ(因みにスペイン語です。日本語だと国土回復運動といいます)が起こり、これが歴史上初の大規模な宗教戦争だと言われています。
    (どの時点から宗教色に染まった戦いになったのかは人によって見解が結構異なります。個人的には十字軍結成前の戦いはローマ教皇のお墨付き前なので、全て宗教戦争ではないという立場です)
    何度も何度も十字軍派遣を行い(内、ほとんどが道中で、しかもm9(^Д^)プギャーとしか言いようのないことで撤退してるというテラワロス悲しい現実w)、何とかイベリア半島奪還に成功したものの、ここからが問題でした。
    中でも頭を痛めたであろう事案が、イスラム教が他の一神教宗教に寛容だったため、制圧した地域でも「特別税払ってくれたら改宗とかしなくてもいいからね」という政策を行っていたこと。
    隠れ都市を形成したり反政府運動を結成していたことから察するに、流石に肩身は狭かったようですが、改宗しなかったキリスト教徒が結構残っていました。
    それ自体は良いことなんですが、しかし彼らの様式の中にイスラム様式が溶け込みすぎてイスラム色を完全に払拭することができないという予想外の事態が発生。
    おまけにお金もないので新しく街を造りなおすこともできず、イスラム色の強い建築物の使用を続行せざるを得ない状況に。
    さらには地方に残っていたイスラム教徒を追放する余力すらなかったので、頑張って奪還したにも関わらずイベリア半島の南半分がイスラム教とキリスト教が混在する摩訶不思議な地帯へと大変貌。
    時代が変わっても状況は変わることなく、現在に至ります。
    スペイン内に実質イスラム地域があるのは周知の事実なので、ヨーロッパじゃタイトル通り、
    「スペイン?ああ、半分はイスラム圏だしヨーロッパじゃないよねw」
    とまで言われる始末。EU圏とは一体・・・。
    個人的には大好きなんですけどね、一粒で二度オイシイ感じでw




    ******************************************





    さて、前置きが随分長くなってしまいましたが、今回はイスラム圏にしか見えないイベリア半島の南側にあります都市、世界遺産の都市コルドバより、メスキータをご紹介しようと思います!

    外観より確実に有名であろう内観w

    メスキータとは何ぞや?といいますと、モスクのことです。
    モスクをスペイン語でメスキータと言うのですが、コルドバのメスキータが有名になりすぎたために半固有名詞化しているのが実状。
    そんなコルドバのメスキータですが、8世紀末に建設され、独特の馬蹄形アーチが多用されている代表的な建築でもあります。
    馬蹄形アーチとは、上の丸いアーチ部分の円心が上部に移動することでモコッと丸くなり、馬の蹄のような形状をしていることからこの名前が付けられています。
    何故このアーチが多用されているかは長くなるので割愛します。「メスキータって馬蹄形アーチいっぱいあるんだぜ!」位に思っていただければw

    そんな馬蹄形アーチ天国のメスキータですが、グアダルキビール川という新種の発泡酒のような名前の川のほとりにあります。

    この距離から見るとローマ橋と相まってイスラム建築とは思えない外観。


    が、近付くと、イスラム建築ならではのミナレット(イスラム建築に付随する塔のこと。ここからお祈りの時間になるとアザーンというお知らせの言葉が流れます)ががっつりあります。

    内部は単純かつ複雑で、中に入ると『円柱の森』と呼ばれる馬蹄形アーチが延々と続く広大な空間が広がっています。



    正にアーチの森といった風格。
    窓がほとんどないので中は薄暗いです。高感度のカメラがあれば、とこの時ほど悔やんだことはないw
    大変ひんやりしておりますので、夏場でも上着があったほうが良いかも。
    私が訪問した時は12月だったのですが、屋外よりもかなり寒かったです。


    メスキータ内の一方の壁にはミフラーブ(お祈りの方向を示す壁にある目印の窪み)が複数並んだキブラ壁(お祈りの方角を示す壁)があり、この建築物内で最も有名であろうミフラーブは並んだミフラーブの真ん中にあります。


    これを見るためにわざわざ訪れる研究者もいる程。
    何で有名なのかというと、装飾の豪華さもさることながら、ミフラーブなのに窪んでいるのではなく小部屋のようになっており、他の地域のものとは明らかに形態からして違うということ。
    小部屋化している類似例はいくつかあるのですが、世界で一番有名なのは間違いなくこれです。(詳しく語ると長くなるのでやっぱり割愛しますw)
    なお、ミフラーブ前にあるクローバーのような形状のアーチ多弁形アーチと言います。見たまんまですね!w


    ミフラーブ前の天井ドーム。装飾が細かすぎて一部見えない!w

    さて、メスキータはモスク、と前述しておりますが、レコンキスタによってキリスト教国家が奪還、その後キリスト教会として使用されてきたという歴史があります。
    今でも現役の教会として使用されており、礼拝の際は立ち入り出来ないほど。
    と、なると、当然改修したり増築したりされている訳で。

    こんな空間あんな空間の中にあります(笑)
    自分が瞬間移動でも体得したのかと思うくらいの景色の変わり様に衝撃通り越して爆笑


    教会だとお馴染みのパイプオルガンだって標準装備。


    あのイスラム色全開の天井見た直後にこの天井とかw
    当時の人はごろっと変わる風景に頭こんがらかったりしなかったんでしょうかねw
    因みに、西洋建築部分はゴシックからバロックまでと幅広く色々な様式が混在しており、他宗教の中にあって尚多様式というカオスっぷり。
    過去のお偉いさんの中でも絶対一人は「どれでもいいから統一しろや!w」と突っ込んだ人がいたと思われますw

    まぁイスラム建築の中に無理やり西洋建築をブッ込んだ所為で、境目はマジでカオスです。





    何かちょいちょい可笑しいw
    これがまた比較的出口付近にあるものだから、
    イスラム色に染まった頭で西洋建築に出くわし、「!?」と脳内大混乱の中、また微妙にイスラム色が残った場所を通過、出口!
    という、アハ体験みたいな行程になっているという現実w
    リアル脳トレが体験できる場所としてその内有名になるかも知れませんw



    屋内から出ますと、オレンジの庭と呼ばれる、文字通りオレンジの植えられた中庭があります。
    悲しいかな、訪問した時は生憎の雨模様でした。
    晴れの日だと、抜けるような青空と緑の空間で目を休めるにはもってこいだそうです。
    行かれる方、いらっしゃいましたら是非晴れの日を狙ってください!

  • ノルウェーの郊外は人影がなさすぎる。

    2014-04-23 20:00
    本日お昼、クレジットカード情報が不正使用されていたことが発覚してリアルに気絶しかけました、こんにちわ!(ヤケ)
    いやぁ、本当にあるんですねぇこんなことw
    今年に入ってから一回も使っていないカード会社から電話があり、
    「海外のソーシャルゲームで、その、今月クレジットカードを使用されていますか?」
    「(ソシャゲ?黒ウィズ?だけど絶賛無課金だし)いえ、ないですが。。。」
    「そうですか。実は、今月13日から六千円単位で複数回引き落としがありまして」
    「身に覚えがないです!!!(一回の最高購入額超えとる!←最高で五千円台)」
    そっから色々ありまして、今年に入って一度もカード自体使用していないと主張した結果その謎の課金分はなしで、ということになりました。
    が、すでに2月に3万以上、イギリスにて謎の使用履歴で引き落とされていました。。。何でそんな小額を。。。
    引き落とされた分は調査の後、返金か否か決まるんだとか。
    皆さんも、使っていないクレジットカードでもたまには使用履歴をチェックすることをオススメします!

    気を取り直しまして、今回は北欧の国ノルウェーにあります、世界一長いフィヨルド、ソグネフィヨルドの風景をお届けしようと思います!


    フィヨルドって何ぞや?という人のために簡単なご説明をば。
    通常の河川が水流や風雨による浸食なのに対し、フィヨルドは主に氷河によってじょ~りじょ~り削られた、非常にほっそ長い湾を指します。
    そう、川じゃなくて海なんです。
    例え最大幅5kmなのに対して全長2万km超えてようが(ソグネフィヨルドはその内の204km)、海ったら海です。

    ソグネフィヨルドの地図。後程出てきます船内にて掲示されていました。

    さて、そんなフィヨルド観光は、通常遊覧船に乗ってクルージングが基本となります。
    首都のオスロから離れた場所にあるので日帰りで行くのは不可。
    途中のどこかの街にて一泊し、翌日再び移動となります。

    旅行期間はGW明けと5月も中頃だったのですが、ノルウェーはまだまだ雪景色。
    (余談ですが、帰路の経由地、フィンランドのヘルシンキ空港は猛烈に吹雪いていました。。。




    絵に描いたような雪原が広がっています。
    そんな中。

    屋根しか見えない住宅がwww雪上のスノーモービルの跡が生活を物語っております。

    ノルウェーで謎だったのが、一歩でも郊外に出ると、屋外に人影が全くないところ
    郊外とはいえ家はある学校もある人がいた痕跡もあるでも人がいない!w
    ガイドさん曰く、「ノルウェーは何回も来てますけど、都市以外のお外で人を見たことないですねぇ、店にはいるんですけど」
    別に冬だから郊外から首都圏に避難している、という事でもなく、家には明かりがついているし、煙突からは煙だって出ているんですが。。。
    小学校とか普通にあるのに、どうやって生活しているのか、最後まででしたw

    雪景色を眺めているうちに、ソグネフィヨルドの波止場に到着!

    今回乗る船です、結構でかい!
    中にはミニバーもあり、ちょっとした飲食もできる本格派です。
    この船に揺られ、約2時間の船旅が始まります!


    冷たい風に腰が引けつつ甲板に出てみると、ごつごつした雄大な絶壁がお出迎え。


    遠くには真っ白な山も見えます。
    あの辺はまだまだ雪降ってるんだろうねぇ、と友人と眺めていると。


    カモメ襲来。
    ふおおおおおおおお可愛えええええええ!!!!←鳥好き


    こういう船に乗っている人間はエサをくれるということを知っているのか、相当の数のカモメが船体の左右を追いかけてきます。
    手持ちのお菓子を放り投げる人も多いので、出航からしばらくはカモメとのランデブーになりました。

    で、

    何匹かは無断乗船(笑)


    背景が違うだけでカモメがとんでもなく高貴な生物に見える不思議w
    この子達は肝が据わっているのか、結構最後の方まで悠々と羽を休めていらっしゃいました。



    ここで寒さがピークに達したので、一旦船内に戻ってホットチョコレートを購入。
    寒い中、火傷するレベルで熱いでろっとしたホットチョコレートをちみちみ飲むのがまたうんまい!
    ヨーロッパで飲むホットチョコレートは日本のホットチョコレートより濃度が濃いので、甘いもの好きの方は是非機会があればお試しあれ!
    イタリアとベルギーのホットチョコレートは特においしかったです!
    (いや、これも美味しかったのですが環境効果というか、純粋に味だけでいうと美食の国には勝てないというかw)

    遊覧船があるくらいだから、フィヨルド付近は無人なんだろうと思われがちですが。
    普通に人が住んでいます。(さすがに大都市はないですが)

    ぽつぽつと建っている家もあれば、10棟近く集まって小さな村のようになっているところもあります。
    もっと深部には宿泊施設もある街があるそうです。

    そうこうしている内に、もうすぐ船着場に到着するというアナウンスが。
    その時!

    再び襲来するカモメ軍団!
    どっから来たの君ら!?wと突っ込みたくなるくらい、突如ぶわっと囲まれます。


    無駄にかっけぇぇぇぇwww
    彼らは最後の最後まで付いてきました。きっとどこか近くに巣があるんでしょうね。


    船着場に到着~!お疲れ様でした。
    注意しないといけないのが、この船着場は出発した船着場とは違うということ。
    移動手段も兼ねた遊覧船なんでこんな感じになっているようですが、帰りの足を考えておかないと個人で来られる際は大変困惑する事になります。
    いっそこの船着場からまた遊覧船に乗り、元来た船着場に戻るという手もあるそうですが、それもなんだかなぁw
    行かれる前に是非復路もご確認くださいw



    最後に、北欧を旅行する際のアドバイス(になるかは不明)なんぞをちょろっと。
    私はサーモン大好き小暮さんなんで(違う)全く苦にならなかったのですが、北欧料理といえば何はともあれなので、魚介嫌いの人は食への苦痛からホームシックにかかるやも知れません。
    (経験上、ご飯が合わないと高確率でホームシックにかかりますw)
    あと体験してつらかったのが、異常に長い日照時間。
    滞在場所により差はありましたが、ノルウェーでは深夜0時を過ぎるまで日が出ていて早朝4時には日の出という、体内時計狂いまくりの状況が延々続きましたw
    ホテルの部屋のカーテンだけでは日光を遮り切れず、夜中に目覚めることを悟ってからは頭から布団を被って寝ていました。
    結構どこでも寝れる人間なんですが、時差で体内時計が狂っている状態で日光に当たると100%目が覚めるんですよね。。。
    良く物語とかで「太陽が沈まなければいいのに」と言いますが、断言します、いいことないです!w
    かといって冬のシーズンに行くとなると、気温マイナス&日照時間が激しく短い&お天道様なんぞ拝めないの三重苦がデフォルトと化すので、現地人曰く「うつ病患者が爆増する」にふさわしいお天気が延々と続きます。
    しかし、その時しかオーロラは見れないんですよねぇ~!w
    どっちが良いかはご自身の体と目的と相談の上でお決めくださいw
    なお、日照時間の長い春夏は5月~8月と非常に短いので、深夜までひゃっはーしたい人は日程調整にご注意を。