• このエントリーをはてなブックマークに追加
スピンコントロールの時代が到来(1)(2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スピンコントロールの時代が到来(1)(2)

2021-10-18 22:45

    スピンコントロールがようやく日本でも認識されたようだ。
    保守系サイトのDAPPIと自民党の間に恒常的な取引があるとして、東京新聞などが批判的に取り上げている。きっかけは立憲民主党の小西ひろゆき氏の起こした裁判だ。
    ネットなどで誹謗中傷を受け続けてきた小西氏が、司法制度を使って業者を特定したところ、長年、自民党とその所属議員などと取引のある法人が「DAPPI」の運営会社として浮かび上がったという。
    政治的に操作して、自党や自勢力に優位な情報を作り、作為的に流す行為を「スピン」という。さらに、その質を高めて、敵陣をネガティブに攻撃することを加味するのを「スピンコントール」、そのディレクター(指揮者)を「スピンドクター」という。
    20年前、スピンという言葉を日本に輸入した際、マスメディアの記者たちのほとんどが、「スピン」を知らなかった。いやそれどころか、理解できなかったのだ。
    米国ではジャーナリズムにおい

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。