• このエントリーをはてなブックマークに追加
上杉隆の「ニッポンの問題点」【五輪汚職】検察の反撃(2)「本当に悪いやつは誰か」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

上杉隆の「ニッポンの問題点」【五輪汚職】検察の反撃(2)「本当に悪いやつは誰か」

2022-09-29 21:00

    前回のコラムに大きな反響があった。

    「本当に政治家の逮捕はあるのか?」

    「東京高検検事長の落合義和氏が抜けているぞ!」

    「初めて検察のことを応援したくなった」

    実際、検察庁には数多くの激励の声が届いているという。これまで検察といえば、政治家の言いなりで、時の権力に逆らえないという印象が広まってしまっていた。

    その印象は、黒川弘務氏の存在によって作られたといっても過言ではない。黒川氏の「検察官人生」は時の政治権力、具体的には安倍政権とともにあった。首相の力を背景に、圧倒的な影響力を誇示し、さまざまな「事件」に遠慮なく介入していった。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。