• このエントリーをはてなブックマークに追加
上杉隆の「ニッポンの問題点」【また連載終了】2つの五輪汚職事件の共通点 贈収賄と談合 東京地検特捜 部も手を焼くメディアの腐敗
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

上杉隆の「ニッポンの問題点」【また連載終了】2つの五輪汚職事件の共通点 贈収賄と談合 東京地検特捜 部も手を焼くメディアの腐敗

2023-02-03 21:30

    世の中の事象はメディアが報じれば存在するし、報じなければ存在しないこ

    とになっている。リアルとバーチャルの境界線というが、しょせんその境目

    はメディアによって作られている。

    ネットの発達により、かえって情報が希釈され、現実がみえにくい。メディ

    アというフィルターは逆機能を果たし、ますます何が起きているのか判断が

    難しくなっている。

    東京五輪を巡る汚職事件は新たな展開を見せている。

    昨年夏、元電通で組織委員会理事の高橋治之容疑者が逮捕され、積み上げで

    1億円超の贈収賄事件にまで発展した。高橋容疑者に払われた1億円超の原資

    の一部は税金である。現在は司法の場に移っているが、この事件のスキーム

    は、スポンサー企業からのキックバック(資金還流)という典型的な贈収賄

    にあった。

    『週刊SPA!』の連載では、筆者はそれら一連の事件を「スポンサールート」

    と名付けて、毎週報じ続けたが、とにかく反応が悪い。なぜか。答えは簡単

    だ。スポンサーにメディアが含まれているからだ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。