ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

違和感のある言葉
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

違和感のある言葉

2018-07-07 13:07

    例えば「迷惑をかけるな」について

    これは一つのマナーあるいはルールとしてよく目にする

    しかし昨今の自殺や犯罪を見るに一部間違いがあるような気がしたので文にする

    とはいえ単刀直入にしか言えないのだが

    問題は使う側が「非常事態」を考慮できてないこと

    日常の範囲であれば問題ない言葉だが非日常においては適用すべきでない

    ケガをしたり体調が悪ければ迷惑をかけざるを得ないだろう

    精神的に問題があればなおさらである

    そういう事を考慮できてないが故に人を追い込む言葉になっていると推測する

    後常識として徹底することは個性を潰すことにつながる様な気がする

    まあ迷惑をかけても許されるようになりましょうそっちのほうが健全だ

    次「最近の若い者は云々」

    この言葉を使われるたびに擁護?として出てくるのが「昔から言われていた」みたいな説なのだが

    昔からあった言葉だからなんなのかという気がしないでもない

    そこから次につながるものがないのでこれは思考停止ではないかと思う

    年を取ったら寂しくもなるだろうから若者に口を出したくもなるだろう

    「最近の云々」を封殺することは自分たちが年を取った時に余計に逃げ道がなくなる事につながる

    自分たちの首を絞めることはせずできれば受け入れていく姿勢もあっていいと思う

    仲間外れをなくすことは平和への貢献である

    次「男らしく、女らしく」について

    よく反論として出てくるのが「自由でいい」であるがこれほど無責任な言葉もないと思う

    そもそも「自由でいい」というのは項として同列になっているのであろうか?いやなってない

    「自由でいい」には具体的な発展性がないからだ

    無重力空間では骨が弱くなるのだが、まさしくこの言葉の先にあるのは骨抜きの未来であろう

    結局原点に還って「男らしく、女らしく」生きるという方が人生の指針が生まれてくるのである

    三つの問題点を要約すると欠陥、思考停止、無、かな







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。