ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

doraさん のコメント

こういうのありがたい
No.10
38ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
ちょこちょこコメントで 「丸亀製麺の注文方法が分からない」 っていうのがあったので、 苦手意識を持っている方の為に 丸亀製麺の注文の一例 を例に講座っ ぽい のを作ってみました! 無駄に長い ので、 興味と時間のある方 のみどうぞ! まず 丸亀製麺に行きます。 店によるかも 知れませんが、こういう風にメニューが置いてあるので 食べたい物を決めます。 店内にも、もちろんメニューはあります。うどん以外にも こういうのも 。 タル鶏天丼・・・牛とじ丼・・・親子丼・・・ こういうのもあったのか!(素人並感) 少し進めば お盆、お皿が置いている場所 があるので、そこで 食べたいメニューを注文 します。 お盆と天ぷら、おにぎり用のお皿を忘れずに取りましょう。 注文の際、(並)か(大)、もしくは(得)、(冷)か(温)を 先に伝えておくとスムーズ です。 自分は毎回 こういう伝え方 をして 注文を聞き返されます。 学習しない・・・ 注文した品によって変わりますが 、基本は注文して 少し待ち 、 その場でうどんを受け取ります おろし醤油うどんの場合、うどん、大根おろし、すだちのトッピングをやってくれます。 ※ネギが入ってますが、ネギを入れるのはもうちょっと後です。 受け取ったらそのまま進み、 天ぷらコーナーで好きな天ぷらを個別のトングでお皿に乗せて行きます。 かき揚げ、かしわ天はおいしくてボリュームがあるので特に オススメ! ※画像はさつまいも天とかしわ天 おいしかったけど、 天 ぷ ら二個以上は自分には厳しい_(:3」∠)_ 天ぷらコーナーの次は おにぎりといなりコーナー! わさびいなり復活はよ・・・はよ・・・ ここも同じように トングで好きなものをお皿に乗せます。 天ぷらを取りすぎてると、お皿に乗せられないなんて事も あるかもしれない ので(自分は未経験)気を付けましょう。 おにぎりコーナーを過ぎると お会計 です! チャリーン と支払いを済まして 次は薬味コーナー! ネギと天かす、おろし生姜を入れ放題 という太っ腹!ですがもちろん 常識の範囲内で 入れましょう。例え入れ放題であっても、 常軌を逸した量 を使い続けられると、お店も 制限せざるを得なくなります からね。そういう事例も多くあります。 皆で気持ちよく利用しましょう! ここまで来れば後は お好きな席に座って いただきます・・・ の前に後一つ大事なものがあります! そう、 お茶です! 丸亀には専用の サーバーが あり、 お冷と熱いお茶の好きな方を選べます。 湯呑み か グラス を取り、 お冷かお茶好きな方 を淹れましょう。これで 準備万端 です! 空いてる席に座り、 いざいただきます! (偉そうに取り過ぎないように言っておきながらネギ多いという…) 卓上には ダシ醤油やソース、七味など があるので自分好みにカスタマイズしていただきます。 おろし醤油うどんは 大根おろしの汁っ気 もあるので、だし醤油を タップリ回しかけます。 ごちそうさまでした! 食べ終えたら使った食器などを 全部お盆に載せて、食器返却口に持って行きます。 食器返却口は 出口の前 にあるので、分かりやすいかと。 お盆ごと置いて 心の中でごちそうさまを告げ 、外に出ます。 お疲れ様でした!これで長ったらしい丸亀製麺講座は終わりです! 最後まで見てくださった方、ありがとうございました! で、わざわざこんな長い記事を作っておきながらなんですが、 丸亀製麺公式HPに非常に分かりやすい注文の流れがイラスト付きで載っています ・・・。 半分くらい書いてから 気づいたので、最後まで作ってしまった。 俺は何故あんな無駄な時間を・・・orz とりあえず、 特殊な注文 をしたいのでなければ難しい事は何もないので、 おいしいうどんが食べたい方は、丸亀製麺に足を運んでみてはいかがでしょう?                             間違ってる情報があったらごめんなさい<(_ _)>
うまいブロマガ
きりたんのグルメというシリーズを作っています。生存報告も兼ねて、動画にするほどでもない(?)ちょっとおいしかったものなどを紹介していきたいブロマガです。チェーン店が主です。