☆FF15発売日決定記念!シリーズ踏破枠☆第3弾『FF III - 4日目』※ネタバレ含むので注意!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

☆FF15発売日決定記念!シリーズ踏破枠☆第3弾『FF III - 4日目』※ネタバレ含むので注意!

2016-07-07 07:00
    ※本記事は『☆FF15発売日決定記念!シリーズ踏破枠☆第3弾:FINAL FANTASY III』
     のニコ生放送を元に書いています。
     あくまでも本放送内での攻略順に基づいた出来事であり、
     攻略情報に基づく攻略順などとは関係ありません。
     また初見の方が読むと物語のネタバレになる情報が含まれるので、
     気にされる方は注意して下さると助かります。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    取り戻した飛空艇に乗り世界を探索。


    アムルから南西の島には飛空艇を押し戻す程の突風が吹き荒れる山道があった。


    そこから北の方へ進むと小さな島にあるダスターという村につく。


    ダスターから西の方にある山道の中にウネのほこらを見つけた。


    以前、気を失っている時に話しかけてきた謎の老婆はウネらしい。
    彼女はずっと眠り続けているという。


    ウネのほこらの北に位置する場所にレプリトの村を見つけた。


    そして次の目的地だったサロニアに向かうと城下町に入る門が締め切られている。
    上空から探索しようとサロニア城に向かうと突如飛空艇が撃破されてしまった。


    仕方ないので城下町を探索する事に。
    どうやら4箇所に町が形成されているようだ。








    南西の町ではFF3で初登場、そして今回の攻略では初遭遇のデブチョコボを発見。


    そして酒場では少年がチンピラに絡まれている所に遭遇。


    彼はこの国の王子アルスらしい。
    父親の暴走を止めるために力を貸して欲しいという。


    城に向かう前にまずは南東の町にあったドラゴンの塔を登り宝箱を色々と入手。
    その他いろいろと”入念な準備”を整えてから城へ向かった。


    サロニア城の城門で追放されていた王子に対して最初は厳しい態度とる兵士たち。
    しかしゴーン王が会ってくれる連絡があり入城することができた。


    皆が寝静まった頃、ゴーン王が息子に対して凶器を振りかざしてきた。
    そしてそれをナゼか強く促してくる大臣のギガメス


    どうやらゴーン王は術で操られていたらしい。
    ナイフを振り下ろす直前に自我を取り戻し、
    アルスを守るため自分の身体に突き刺すのだった。


    計画が失敗したギガメスが逆上し、ガルーダとなって襲い掛かってくる。


    ”入念な準備”のおかげで辛くもガルーダを打ち倒すことができた。
    ゴーン王は追放したはずのアルス王子が戻ってきてくれたことに感謝し、
    その死に様を見たアルス王子は王となることを決意する。


    城内で話を聞いていると新たな飛空艇ノーチラスを手にれることができた。


    世界一速くどんな突風にも負けないという話を聞いたので、
    進行できなかった山道の先へ向かってみることにした。


    その山道の奥でドーガの館を発見。


    ドーガから元凶であるザンデの話をいくつか聞いた。
    話をまとめると師匠である大魔導師ノアへの逆恨みが原因のようだ。




    魔法陣の洞窟へ向かうためにドーガが仲間に加わった。


    小人になり魔法陣の洞窟を進む。


    奥に辿りつくとドーガが魔法でノーチラスに潜水能力を付与してくれた。


    そして次に成すべき行動を示した後、自分は異次元へと向かった。



    潜水能力を得たので宝が沢山眠るという海底洞窟を探索。
    だがまだ探索不足な場所があるようだ(SS撮っている時に発見)。



    そして海底を通り山に囲まれた場所に辿りついた。
    一体ここは何があろうのだろうか。



    次回、辿りついたを訪れ、海底洞窟を再探索し、時の神殿を目指します!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright c 1990 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
    Illustration : c 1990 YOSHITAKA AMANO


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。