☆FF15発売日決定記念!シリーズ踏破枠☆第11弾『FF IX - 4日目』※ネタバレ含むので注意!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

☆FF15発売日決定記念!シリーズ踏破枠☆第11弾『FF IX - 4日目』※ネタバレ含むので注意!

2016-10-25 11:45
    ※本記事は『☆FF15発売日決定記念!シリーズ踏破枠☆第11弾:FF IX』
     のニコ生放送を元に書いています。
     あくまでも本放送内での攻略順に基づいた出来事であり、
     攻略情報に基づく攻略順などとは関係ありません。
     また初見の方が読むと物語のネタバレになる情報が含まれるので、
     気にされる方は注意して下さると助かります。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    トット先生の後を追い部屋のハシゴを降りて古根の道ガルガン・ルーへ。
    ガルガントと呼ばれる生物が運ぶ乗り物でアレクサンドリアを目指す。


    その道中で行く手を遮るラルヴァラーヴァとバトルしたが逃げられてしまう。


    アレクサンドリアの地下に辿り着いた矢先、ゾーンとソーンによって捕らえられてしまう。


    一方ジタン達はブルメシア王の行方を追って西の砂漠のクレイラを目指す。


    クレイラへの侵入を防ぐための砂嵐がなぜか弱まっていた。
    とりあえず先に進んでクレイラの幹を登る。




    辿り着いたクレイラの街でブルメシア王の無事を確認。
    フライヤ1人で王に会いに行くことになった。


    フライヤがいる大聖堂を訪れるとまだ時間が掛かると言うので宿屋へ。
    そこで子供がアントリオンに襲われているという話を聞いて救出に向かう。


    襲われていた子供はアレクサンドリアでビビが出会ったパックだった。
    しかも助太刀にきたフライヤの発言でブルメシアの王子だと発覚。
    そしてアントリオンとのバトルで討伐。


    弱まっている砂嵐を再び強くするための儀式を執り行う。
    だが途中で儀式のためのハープが壊れてしまい、砂嵐も消えてしまった。


    一方スタイナーとマーカスが捕まったままの中、セーラはブラネに呼び出される。
    そこにクジャも登場して眠らされてしまい、ブラネから召喚獣を取り出す指示が出る。
    そしてゾーンとソーンによって暗黒の戦鬼オーディンが取り出されてしまった。


    ジタン達は砂嵐が消えてしまったので幹を調査しに向かうとアレクサンドリア兵と遭遇。
    散発的に襲ってくる兵士達を倒しながら下っていくと途中でパックが追い掛けて来る。
    兵士達を囮に街に直接侵攻してきているという。


    街の人々が襲われる中、何とか数名を引き連れて大聖堂へと辿り着く。
    だがそこで取り囲まれてしまい窮地に陥った時、謎の槍使いの男に助けられる。


    謎の槍使いはフライヤの探し求めていたフラットレイだったのだが、
    フラットレイは記憶を失っていて何も覚えていないのだとか。
    そこへベアトリクスが現れてハープに取付けられていた宝珠を奪い去っていく。


    追い掛けてバトルを挑んだが再び倒されてしまう。
    そして転送魔法のようなもので飛んでいったベアトリクスをジタン達も追い掛ける。
    だがクイナだけは怖がって逃げ出してしまった。


    そこへブラネの乗る飛空艇レッドローズがクレイラ上空に辿り着く。
    そしてセーラから取り出したオーディンを召喚。


    その一撃によってクレイラは消滅させられてしまう。
    転送中で難を逃れてたジタン達もレッドローズへ。


    ベアトリクスはブラネに不信感を抱きつつもクレイラの宝珠をブラネへと渡す。
    そしてまだ残るあと1つの宝珠の捜索を命じられていた。


    ベアトリクスがセーラについて尋ねるとブラネは用済みだと言い放ち処刑するという。
    ジタン達は先回りするためにも転送装置テレポッドを使ってアレクサンドリアを目指す。


    その時スタイナーとマーカスはようやく牢から脱出。
    追手を振り切った所でマーカスは魔の森へ急ぐために離脱。


    そこへ丁度点灯されてきたジタン達と合流。
    ブラネ達が帰還する前にセーラを奪還しなければならなくなる。


    城を探索してセーラを発見。
    妨害してくるゾーンとソーンとのバトルで撃退する。


    意識はないがまだ生きているセーラを抱き抱えて脱出をはかる。
    だが戻ってきていたベアトリクスに遭遇。


    バトルを挑むがやはり三度目も敗北させられてしまう。
    しかし昏睡状態のセーラを治療してくれ、自分は間違っていたのだと自覚する。


    そこへブラネが登場。
    セーラを逃がすためにベアトリクスとフライヤの両名が残る。


    そしてスタイナーまでもが自分で考えた末に城に残ることを決意して離脱する。


    地下まで進んだ時、以前のセーラ達のように再びゾーンとソーンの罠に掛かる。
    だが今回はブランクを救出したマーカス達が戻ってきてくれて脱出に成功。


    ガルガントに乗ってトレノを目指す途中、
    成長してきたラルヴァイマーゴとのバトル。


    討伐したと思ったが息を吹き返して追い掛けて来るラルヴァイマーゴ。
    それに怯えたガルガントはトレノを通り過ぎて線路の出口まで全速で逃げ出してしまう。


    その頃ブラネは2人の刺客を雇う。
    セーラの持つペンダントの奪還、そしてビビの始末を命じていた。


    刺客の1人、焔色の髪の男は”シッポを持つ男”を探しているらしい。ジタンの事なのか…?


    籠ごと投げ出されたジタン達はピナックルロックスに辿り着いていた。
    そこで召喚獣のラムウと出会い、試練を超えて呼び出す為のペリドットを受け取る。


    ピナックルロックスを抜けてリンドブルムへ向かおうとした矢先、
    レッドローズ率いるアレクサンドリア軍が先に侵攻を開始していた。
    外からは飛空艇、内部からはテレポッドで転送された黒魔道士兵達が攻め立てる。


    更に召喚獣アトモスも呼び出されてリンドブルムは甚大な被害を受けてしまう。


    ジタン達も辿り着き、ビビを残して街を探索。
    文臣オルベルタと再会してシドの無事を確認。


    城でシドと謁見すると、シドは認識が甘かったと反省していた。
    そこへ住民に襲われていたというビビが連れてこられる。


    今後の事を話し合い、ブラネに武器などを供給しているクジャを先に倒す事になる。
    そのクジャは霧の大陸の外側の大陸に拠点があるようだと判明。
    飛空艇も船も使えない今、城の北にある沼の採掘場から向かう事になった。



    次回、準備を進めて城の北にある沼の採掘場を進み、
       そこから更に外側の大陸に向かい、
       打倒クジャを目指す!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright c 2000 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
    Illustration : c 2000 YOSHITAKA AMANO



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。