ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

隕石って何?怖いの?美味しいの?!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

隕石って何?怖いの?美味しいの?!!

2013-02-21 14:38
    まずはデータから

    落下地点 : 2月15日 ロシア・チェリャビンスク州
    重さ 約1万t 直径 約17m
    大気圏突入速度 : 時速6万4000km/h  約マッハ50(音速の50倍)
    放出エネルギー : 広島型原爆の20倍  約300キロトン
    被害半径 : 約100km
    負傷者 : 約1200人
    被害建物 : 推定4480棟
    被害総額 : 約10億ルーブル(31億円)以上


     過去にあった「ツングースカ大爆発」と比べると小規模ではあるが、
    落下地点の関係で被害が大きくなってしまっているようだ。
     また墜落こそしなかったものの日本時間16日未明に通過した、
    直径45メートルの小惑星「2012DA14」は、
    その約3倍の質量があったらしいのだ。

     ここまでは確かに怖い話しではあるのだが、
    実はおいしい部分もある。
    当初この隕石の価値は1g 6万6000ルーブル(日本円で約20万円)といわれていたが、
    19日16時現在、地金の税込小売価格は1gあたり5136円(田中貴金属)
    つまり金の約40倍・・・∑( ̄□ ̄;)
     勿論こんな美味しい話しを見逃すまいというヤカラも多く。
    隕石の販売が始まったのは落下の当日からで、
    ロシアの売買サイトでは直径2センチほどの黒い石のような物体が、
    30万ルーブル(約90万円)で売り出されたり、
    破片1個1500ルーブル(約4500円)程度のものや、
    破片300個で100万ルーブル(約300万円)で販売するものも出てきている。
    しかし、というかやはり出品された物体の大半が「単なる石ころ」で、
    隕石とは無縁の価値の無いものと専門家は指摘しているらしいが、
    一攫千金のチャンスが宇宙(そら)から降ってきたことに違いは無いようだ。

    ということで今回は「落下した隕石についてボソッとなっ」でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。