ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 5人タクティクスオウガ Cルート 【VIT育成】

    2021-06-13 07:09

     どうも、ご無沙汰しております。まーたタクティクスオウガを触ったのでレポートを書残そうと思います。(PS版です)

     これは、初めて5人タクティクスオウガをする際に、「一番クリアが難しそうだと思ってたたCルートが一番簡単だった」内容の話です。

    ※似た内容の記事を何度か書いているので、ある程度端折っている部分があったりします。ご了承ください。



    ■縛り内容(5人TO)
    ・出撃ユニット(ゲストユニット・そのマップで説得したユニットは含まない)は5体以下。
    ・出撃ユニットのレベルはそのマップの敵ユニットのレベルを超えない(そのマップでの戦闘中に超えるのはかまわない)。
    ・トレーニングはしない
    ・ランダムバトルはしない。発生したらリセットしてやりなおす。
    ・ペトロクラウドは装備も使用もしない。
    ・召喚呪文は装備も使用もしない。
    ・デフ系およびプレイ系呪文は装備も使用もしない。
    ・死者の宮殿には行かない。
    ・オーブは装備も使用もしない。
    ・ハボリムに呪文を装備させない。
    ・出撃するアンデッドは1体以下。



    目次

    AGI育成ではなくVIT育成の訳

    低レベル進行のススメ

    楽器発掘のススメ

    状態異常魔法は基本要らない

    VIT育成でも危ない難敵

    攻略に工夫が必要なシナリオ

    レベリングが容易なシナリオ

    キャラクター寸評

    最後に




    AGI育成ではなくVIT育成の訳

     AGIを制する者がタクティクスオウガを制する。よく言われますね。確かに間違っていないのですが、AGIキャラメイク、AGI育成(忍者)をした場合、カード取得による能力の補強もセットになっている事を忘れてはいけません。カードの取得は意図的に制限しない限り、自然な事なのですが、低VIT成長をしたデニムを前線に立たせる為には、カードの取得、装備品のレベルアップボーナスを意識した育成をする必要があります。

     長くなったので簡単に言うと、AGI成長のデニムはとんでもなく柔らかいです。壁にしてはいけないレベルです。

     最終的に、ハイム城のオークションを経て購入出来るヤキトリ(VIT+10)を使うにしても、AGI育成デニムだとハイム城までの攻略難易度を上げるだけです。


    ●タクティクスオウガは「VITゲー」である

     一度、AGIキャラメイク+忍者育成で制限プレイをしましたが、高命中率を誇る、アーチャー、テンプルナイトの攻撃を常に命中0%まで抑え込む事も出来なかったし、側面、背面は簡単に奪われます。何より必中する魔法が存在するこのゲームでは、回避率がいくら高くても危険と隣り合わせです。

     このゲームのVIT成長は基本的に低めです。正直VIT特化でどこまで通用するのか半信半疑でしたが、進めば進むほどVIT育成の恩恵を得る事が出来ます。そして、VIT育成のデニムを壁として使い、5人タクティクスオウガのエンディングを迎えた事で、極めプレイなど明確な目的が無い場合、通常プレイにおいてもAGIではなく、VIT重視育成を推奨します

     極めプレイ以外でのAGI育成は罠。これだけ覚えてくれればいいです。


     ちなみに、キャラメイクは、最初の質問から順番に、

    平和 憎悪 繁栄 博愛 理想 勝利

    支配 名誉 希望 犠牲 栄光 復讐

    HP57 MP12 STR37 VIT37 INT34 MEN22 AGI10 DEX14

    カチュア地 ヴァイス水 ミルディン地 ギルダス水

    デニムは地属性としました。


     なお、このゲームのラストバトルにはひどい落とし穴があり、恐怖効果を受けるとL・N属性のキャラが大幅に弱体化してしまう仕様があります。

     手元にあるサンプルがイマイチでしたがNルートのデニムは何とかなりましたので、Lルートの場合どの様になるのか気になる所です。(今すぐにLルートの確認はしないと思います。)



    低レベル進行のススメ

     これは、教えてもらった攻め方なのですが、1章ボルデュー湖畔までは主人公のレベルを上げない方が楽に攻略出来ます。

     要するにゲストが強いって話ですが、プレザンス救出、ゴースト説得、システィーナ救出、序盤の難所が、デニムのレベルをあげない事で容易になります。加えて、VITキャラメイクのアドバンテージも活かせ、なかなか気持ちいいです。

    ・プレザンス救出
     レベル1の敵に対して、レベル4のプレザンスが終始圧倒します。大体の場合、ここのゴーストは浄化されますが、運がよければ説得のタイミングがあります。ダメでもクァドリガ砦で簡単に説得可能。

    ・システィーナ救出
     こちらもレベル差で敵を圧倒し続けます。楽器発掘のためにパーティレベルを2にしても問題ありません。




    楽器発掘のススメ

     こちらも教えてもらった(またかッ!)物ですが、財宝発掘で入手出来る、蛮族の角笛とサンゴの竪琴はかなり使えるアイテムです。

     細かい数字の足し引きになりますが、相手の編成を見て天気をコントロール出来れば魔法の範囲や威力を抑制出来ます。細かい事はよくわからない方は、ボルデュー湖畔やゾード湿原で蛮族の角笛を使ってみて下さい。目に見えて敵の進行速度が落ちます。

     サンゴの竪琴を弾き、晴天状態が苦手なCユニット(デニム)を弱体化してターゲットを集めるなど、中々トリッキーな起用も出来たりして面白いです。

     楽器発掘のタイミングは、1章のゴルボルザ平原と古都ライム(救出戦)がよい。低レベル進行をしている場合はクリザローの町でレッドドラゴンを雇う。両方足元の草を焼く必要がある。古都ライムはレベル2になっても問題無いので、ゴルボルザ平原でレッドドラゴンとゴーストを出撃させ、ゴーストはレオナールに石を一発当てておけば、ファイアストームが使えるようになる。




    状態異常魔法は基本要らない

     理由は簡単、デニムがVITで攻撃を受け止められるので、スタンスローターなどを刺し時間を作る必要が無くなります。つまり、ゴーストの役割も兼ねる事が出来ますので、出撃枠が1つ自由になったりします。




    VIT育成でも危ない難敵

     VIT育成でどこまで突き進めるのか気になる所でしたが、ドラグーン、セイレーンの火力は危険です。クラス成長率を見れば納得の内容でした。無茶するとHPが持たないので立ち回りに気を付ける必要があります。

     顔付きの敵キャラなども同様です。まあ、属性一致オズのグラムロックを二発耐えられたりしたので十分ですね。テラーナイトの恐怖効果が刺さってたりしますが。

     どうしても耐えられそうにない場合は、命中率に依存しないスロウムーブなどでアシストしましょう。




    攻略に工夫が必要なシナリオ

    ・1章
    バルマムッサの町 後半
     VIT育成したデニムの堅さを体験しましょう。カチュアの位置取りの勉強にもなります。

    ・2章
    ゴルボルザ平原
     殺意の高い編成と婆さんのコンビネーションもVIT受け出来ます。

    ・3章
    コリタニ城 城門前 計2回
     一回目のコリタニ城門ではVITデニムで受けきれない遠距離攻撃が飛んでくるので頭を悩ませるでしょう。しかし無理ゲーを押し付けられている訳でも無いので攻略し甲斐がある良いシナリオです。二回目の城門戦では、きまぐれなテラーナイトに振り回されながら楽しんでください。

    フィダック城 城内
     オズの属性一致通常攻撃が痛い。オズマは暗黒RESを意識した装備をしておけば問題ありません。連戦マップの二戦目ですので、HPに気をつけましょう。

    ・4章
    ランベスの丘
     高火力遠距離編成なのでデニムで全部受けるのは厳しい。崖下を利用して回り込んだり、トルネードを当てたり、盾ゴースト+ライフフォース+マーシーレインでしぶとく耐えたり、いろんな選択が取れる。レベルやステータス次第で、敵リーダーがプレザンスを一撃で落とし兼ねないので注意。クリティカルは無理。

    バーニシア城 中庭
     バルバス戦の後にタルタロス戦なのでHP残量に注意が必要。タールだらけの地形だが、タールに囲まれ、壁を背に出来る場所があるのでそこなら余裕で受けられる。

    バーニシア城 城内
     対タルタロスは基本的に不利だが、クイックムーブなど強力な対処を取れば十分倒せる。タルタロスの通常攻撃は神聖属性、テラーナイトが苦手な属性ではあるが恐怖効果も刺さっている状態ではある。





    レベリングが容易なシナリオ

    1章
    ●ボルデュー湖畔
     レクセンテールをマップ下部の孤島に追い込んでしまえば投石レベリング装置の完成。前哨戦も楽器で悪天候にしてしまえば敵進行が遅れるので余裕がある。さらに楽をしたいならゴーストで釣りましょう。

    ●バルマムッサの町 前半
     ゾード湿原だとレベリングが面倒になりがちなので、このシナリオを使う事になる。ビーストテイマー育成開始。

    2章
    ●ゾード湿原
     ここにもボルデュー湖畔の様な孤島が存在します。遠距離攻撃手段を持たない敵リーダーが悪いのです。

    ●アルモリカ城 城門前
     古都ライムをクリアした時点でショップが更新され、ジャンプウォールが入荷します。ジャンプウォールに頼らなくても対岸の封鎖をして、敵遠距離攻撃ユニットを始末してしまえば完封です。なんの対策も講じない賞金稼ぎが悪いのです。

    3章
    ●ゾード湿原
     またもやゾード湿原です。敵編成にやや強力な遠距離攻撃持ちユニットがいますが、悪天候による敵進行の遅れの前には成す術がありません。水っぽい所はレベリングする場所と覚えましょう。

    ●コリタニ城 城内
     みんな大好きコリタニ城。左側の檻に敵ユニットを誘導し、高所からの投石でフェアリーのレベルを18にしましょう。ディープキッスの習得の為にザエボスのレベルが18なのです。

    4章
    ●バンハムーバの神殿
     後方にレベリングをするための高台が設置されているので、移動タイプを変更したり、ジャンプウォールしたりしましょう。敵中に入っても生還しやすいデニムに盾を装備させ、折を見てシェリーを階段上部左右にある窪みに押し込みましょう。俗に言うシェリーの窪みですね。

    ●ヨルオムザ峡谷
     タコの一本釣りポイントにして、レベリングポイントでもあります。敵リーダーのレベルが30なので空中庭園を見据えたレベリングが出来ます。説得したタコはジャンプウォールで高台へ。MEN+30の釣果です。




    キャラクター寸評

     毎回似たような内容になりがちなので気になった所をピックアップ。

    デニム(VIT育成)
     メモを取ってなかったので怪しい記憶ですが、MENカード取得とMEN成長が良く、レベル4(もしくはレベル5)からビーストテイマーにクラスチェンジして育成していたと思う。

     レベル22まではビーストテイマー、23、24はテラーナイト、それ以降はチャプター4のロード成長です。

     下部の画像は、カード育成込み、オークションアイテム摂取前。カード吟味はしていません。LUKは運が良かっただけなのと、出来る限り敵を殲滅していたのが功を奏したと思う。


     今回はビーストテイマーとのシナジーが見たくて最初からグリフォンを育成していたのですが、もう一匹のグリフォンとオクトパスを用意しておけば、ハイムでヤキトリとタコヤキがそれぞれ4つ購入出来ましたね。VITとMENが+40、数字にするとすごいですね。

     カードの取得とドーピングアイテムを使用しましたが、おそらく無くても問題なさそうな気がする。

     装備に関しては、回復の杖を使いながらの耐久力を重視したり、ビーストテイマーの得意武器、破魔のムチを装備して壁役をやれば反撃で大きく相手のHPを削ります。カルディア受けもチャームのおまけ付きなので楽しいですね。もちろんAGIが低いので正面からの攻撃は外す事はありますが、大した問題になりません。やれば分かります。すごく雑な説明になってしまいましたが、タクティクスオウガで攻撃を外しても問題が無い。これの凄さが分かれば納得できると思います。

     神器アースワンドを入手したら、もうやりたい放題です。この辺りから命中率の問題もなくなってくると思います。

     基本的に、状態異常を受けてはいけないので青光の首飾りを装備します。重量はありますがタイタニアメイルと交換して物理RESに寄せたり柔軟に対応出来るのも面白さの1つですね。

     重くていいんです。これって、このゲームでは革命レベルの出来事なんじゃないかと思う。

     なおテラーナイトに必要な撃破数30は序盤から意識して稼いでおくと気持ちが楽になります。



    ●4人TOのAGIデニムがヤキトリ掘ってVIT300超え。こちらもヤキトリ4個用意すれば同じですね。




    ガンプ
     シナリオクリアがネックで、見向きもしていなかったけど、そのまま空中庭園に投入出来るし、VIT+20だし、色々噛み合いすぎるキャラでした。アラインメントがCだったら完璧だった。



    ●レベル34でドルガルアに100前後のダメージを出せる。謎の寵愛を受けたキャラ。




    フォルカス
     ブランタおじさんにウォルスタの栄光を捧げたくて作りました。結構刺さる場面はあると思いますが、それが何処なのかはキミが探し出してくれッ!



    ●この成長では敵クレリックをワンパン出来なかった。扱いが難しい。


     他には、プレザンスはエクソシスト成長(ウォーロック)。システィーナはウィッチ成長のみで問題ありませんでした。前回も触れましたが、やはりシスティーナは使いやすい。何気にHPがアマゾネス成長2回分高かったりします。

     水Cリザードマンですが、2章のバハンナ高原で勧誘するのがおすすめです。シナリオマップですが、殲滅戦なので最後の一人を説得するだけで済みます。水Cリザードマンは二体いますがどちらとも忠義が低いので楽勝でしょう。

     ブリガンデス城を西側から攻めると、ウィングリングを装備したアーチャーが3名います。可能なら3人説得したいですが2名出来れば十分です。ウェアラムの町にはウィングブーツを装備したナイトがいるので足りない場合はこちらで調達したい。二つあれば十分ですが、三つあれば非常に楽になります。




    最後に

     今回のVIT育成は、4人TOの失敗から生まれた物だと思っていたのですが、VIT育成案を貰って、たぶん通るんじゃないですかねぇ? とかやり取りしてたのかな、正直覚えていないんですよ。

     ただ、AGI育成失敗中に、ヤキトリ食ったらマシになった→VITないとダメだわ→VIT育成なら楽なんじゃねえの? とか言ってたのかもしれません。VITキャラメイクの話をしていた時に私は「そこから忍者育成するんですか?」とか返答してたみたいで、どの程度VITに期待を込めていたのかは分かりませんが、VITキャラメイク+VIT育成は、成功だと思います。

     なにより、「タクティクスオウガ=AGI育成するべき」この構図をぶっ壊せたのはすごく満足しています。

     補足しますと、カノープスやアロセールも使っています。全ユニットがVITを必要としていると言う意味ではありませんので。


     ご拝読ありがとうございました。





    2021/6/13 to_rajirou

  • 広告
  • 4人タクティクスオウガNルート

    2020-10-08 19:33

    最初に
     およそ二週間ほどかかった4人タクティクスオウガ(以降TO)ですが、無事クリアする事が出来ましたので、ここにプレイ内容などを残したいと思います。(PS版です)



    ●前回の5人TOは5年前にやっていた模様。時間経つのはえーな。


     久々にTOを触りたくなったので始めた訳ですが、前回と同じ縛り内容では面白みに欠けると思い、新たな縛りを追加してのプレイになります。

     ですが、これに関しては正直失敗だったかなと思います。理由は”中断セーブ有りきのプレイ”になってしまった事です。

     オリジナルのSFC版には無い機能ですので、その点をご留意していただけると幸いです。


     つまり、やろうと思えばこういう事になっちまうんだッ!



    ●まず、身の安全を確保します。


    ●ヒャッハー! 吟味の時間だーーッ!!

     過去の記事になりますがこちらもどうぞ。
     5人タクティクスオウガ ar811802




    縛り、キャラメイク、ルート選択

    縛り
     1.出撃ユニット(ゲストユニット・そのマップで説得したユニットは含まない)は5体以下。
     2.出撃ユニットのレベルはそのマップの敵ユニットのレベルを超えない(そのマップでの戦闘中に超えるのはかまわない)。
     3.トレーニングはしない。
     4.ランダムバトルはしない。発生したらリセットしてやりなおす。
     5.ペトロクラウドは装備も使用もしない。
     6.召喚魔法は装備も使用もしない。
     7.デフ系およびプレイ系呪文は装備も使用もしない。
     8.死者の迷宮には行かない。
     9.オーブは装備も使用もしない。
     10.ハボリムに呪文を装備させない。
     11.出撃するアンデットは1体以下。

    追加
     12.出撃ユニット(ゲストユニット・そのマップで説得したユニットは含まない)は4体以下。
     13.弓、ボウガン、銃は装備も使用もしない。
     14.一部中断を使用する可能性あり。※縛りではありませんが、ここに記載していました。



    キャラメイク
     名誉支配憎悪平和博愛栄光希望犠牲勝利栄光復讐理想の順番で選択。よくあるAGI全振りのパターン。(炎 デニム 大地 カチュア ミルディン

     本プレイでは、AGI全振りキャラメイク、忍者にクラスチェンジしてからは4章まで忍者のみのレベルアップをしましたが、これはあまり良い例とは言えないでしょう。

     なぜなら、TOの攻撃は基本的に当たってしまうからです。全力でAGI成長7の忍者でレベルアップをした所で、AGI成長6のアーチャー、AGI成長5のテンプルナイトの攻撃を完全に避ける事が難しいです。

     重装備の相手なら正面であれば受け止められますが、側面や背面は簡単に取られてしまうので確実性に欠け、ファイアストームなどの命中100%の魔法は避けようが有りません。

     AGI成長は、極めプレイならまだしも、最大LV35までの5人TOではVIT重視の育成をお勧めします。(今回のプレイで強く感じました)



    ●相手が悪いが全力を尽くしてもこのザマである。



    ルート
     このプレイより少し前に、カオスルートで5人TOにLサイズユニットを添えたプレイをしていたのですがデータ消滅により頓挫したので、今度はニュートラルルートを選択しました。

     Nルートの利点は、3章でオズを早いタイミングで撃破する事が出来る、古都ライムが簡単、デボルドが加入する、コリタニ城城門にウィングブーツを装備したクレリックがいる、ハボリム加入が容易である、3章でセリエを救出していれば、4章で強力な装備を得る事が出来る、などです。

     問題点があるとすれば、アンデットと対峙する事になるので、MVPでレベルが上がりすぎる問題を解消する為にプレザンスの他にエクソシストを用意する必要がある事でしょうか。




    キャラ紹介

    使用したキャラクターの一部を紹介。スクショの装備は雰囲気重視でいい加減だったりします。


    デニム
     今回のプレイでVITの重要性を教えてくれたキャラクター。一見、VITが高く見えるがヤキトリを大量摂取しただけの、なんちゃってマッチョだぞッ!


    ●元々はAGI全振りのヒョロヒョロもやし、これからはVIT重視の堅もやしがトレンドだッ!



    カチュア
     参戦は遅いが、出撃枠1つで複数の役割をこなせる凄い奴。


    ●攻撃を受けたらクリティカルが発生するものとして考え、前に出してはいけない。



    カノープス
     やっぱり、このキャラ強いですね。スペシャルアタックの為にMENアップのカードはこいつに全部拾わせてもいいくらいです。


    ●LV10でウィンドショットを習得してからが本番。



    プレザンス
     今回はエクソシストとウォーロックのみのレベルアップしかしていません。重量に気をつければイクソシズムも派手に外す事もないので、これで問題ないと思います。むしろ、高いMPを活かし、高コストの魔法を連発出来る動きの方が使いやすいまである。


    ●投石のダメージを癒すのも大切な役割だッ!



    ヴォルテール
     第二のプレザンス。稼ぎやすいシナリオでソルジャー成長させておこう。


    ●困ったときのヴォルテール。しかし、過信しすぎはいけません。



    ゴースト
     役割の塊。序盤から使えるぶっ壊れクラス。アンデットなので浄化されますが、わざわざ当たりに行かない限り問題無いでしょう。装備が揃ってきたら、物理RES特化にするのも面白い。
     強すぎるので使用禁止項目に入りそうだが、ゴーストがいると攻め方が広がるので、禁止にしない方が楽しいです。


    ●捨てる所が無いアンコウの様な存在。



    システィーナ
     属性ペンダントで補強する必要があるが、正面からスタンスローターを成功させることが出来る頼もしい存在。可能な限りアーチャー成長をさせたい。


    ●あまり期待していなかっただけに高評価になりました。



    フェアリー
     ディープキッスの為に育成すべきキャラクター。一発くらいなら弓矢を耐えるだろうと期待を込めるが大体落ちる紙装甲。


    ●今回は、タイタニアメイルでVIT強化を図ったアンザン2もいるぞッ!



    デボルド
     野を焼き、穴を掘るのが仕事です。高HPのおかげでエイクオブソーンもやや使いやすい。


    ●トレジャーハンターD



    アタッカーの皆さん
     空中庭園を昇る際に必要になるので用意しましょう。


    ●ミルディンでも避けるのが難しい攻撃、それがアーチャーの射撃だッ!


    ●テレポートからボスを始末する姿は仕事人そのもの。


    ●黒龍の杖×2、タイタニアメイルでレベリングしたトカゲの勇姿を見よッ!


    ●数字だけ見れば結構悪くない。接近戦はしたくないけど。


    ●テレポートをくれて火力も出せる美人。


    ●俺はバイアンを使いたいんだッ! それだけだッ!!




    装備・魔法・アイテム

     弓、ボウガン、銃が使えないので、それに準ずる間接攻撃を用意する必要があります。

     それ以外の装備はいつも通りですかねぇ。


    サンダーフレアなど
     サンダーフレア、ファイアストーム、アジットクラウド、アイスブラストは、必中広範囲の攻撃魔法です。やはりシミュレーションゲームで命中100%というだけで役割を得る事が出来るので縛りプレイでも活躍が見込めます。


    ナイトメア
     射程が長く必中で睡眠の追加効果持ち。役に立たない訳がありません。


    ヒーリング全般
     戦線維持に必要な魔法。場合によってはアイテムで代用しよう。


    クイックムーブ
     利便性は少人数プレイでも健在です。


    スロウムーブ
     状態異常無効のボスにも効くので、動きを鈍らせたい場合に使用。


    スタンスローター、チャーム
     スタンスローターは敵をマヒ状態に。魅了状態にするチャームは用途に合わせて使い分ける。必中ではないので側面を取ったり、使用者の装備を軽装にしておきたい。

     敵リーダーのみを狙う際に取り巻きの動きを止めたり、麻痺状態となったユニットは、回避出来ない状態になるので低レベルユニットの育成などに使える。


    ジャンプウォール
     えっ? テレポート? それ強いのみんな知ってるから。そんな事よりジャンプウォールを推そうぜッ! 色々御膳立てする必要があるけど、悪い魔法じゃないからさ!

     高台を取る事で完封出来てしまったり。説得したユニットを安全地帯に送ったり、用途は色々、可能性は無限大、それがジャンプウォールだッ!!



    スペシャルアタック
     今回のプレイはスペシャルアタック重視プレイをしたくて始めました。スペシャルアタックをより輝かせる為に弓などを禁止した訳ですね。

     カノープスはレベルアップでスペシャルアタックを習得出来るので、装備欄の自由度が高く完成度の高いキャラクターとして頼る事になるでしょう。

     他のキャラクターは、確定入手のアースワンドや財宝の属性指輪などで行使していきます。



    槍全般
     カノープスの初期装備があるので最初から使える。基本的に反撃を貰いたくないので取り合えず槍を握らせる事になると思います。

     スレンダースピア、バルダースピアは結局使いませんでした。


    回復の杖、浄化の杖
     1章の最後のバトルで確定トレジャーとして入手出来ます。何が何でも入手しましょう。使用効果、50ヒール、リキュパレイトの無いTOとか考えたくない。

     素手状態を解除しながらMENアップ効果を得る事が出来るので、カノープスにピッタリです。


    属性武器
     3章から使えるようになるので、メイン武器として使うキャラのエレメントはあらかじめ決めておきましょう。

     比較的出番の多い火竜の剣が、トレジャーから入手出来ないので、レベル20以上のレッドドラゴンや火竜の剣を装備した敵を説得する必要があります。

     アースワンドは、大地属性キャラの火力武器として使える。


    カルディア
     カノープスのスペシャルアタックのお供にしたり、追加魅了を期待して前衛キャラの武器として使える。


    防具
     重量が重くなるだけなので、TOでは基本的に避けられがちですが、ゴーストに盾2枚、鎧、兜を装備させ対物理特化にすると、属性攻撃の問題を解決すれば囮として完成度が増す。上記のゴースト画像だと、ゴーストの物理RES込みで90まで上がります。

     加えてシールドアタックで対象を1マス移動させる動きも出来たりして、使っていて楽しいユニットとなります。


    属性ペンダント
     縛りの中に、”7.デフ系およびプレイ系呪文は装備も使用もしない。”とあるのですが、属性ペンダントを装備出来ないと書いていないので、装備する事にしました。

     属性ペンダントのMEN+5、LUK+5の装備効果があるので、スペシャルアタックの威力を底上げ出来ます。そもそも、LUK+5が強すぎるので命中、回避を盛りたいキャラクターにも持たせたい。

     なお、ペンダントを使用するとプレイ系呪文の効果が発動してしまうので、使用は出来ません。


    青光の首飾り、紅光の首飾り
     MEN+10、闇RES+15、状態異常無効。状態異常対策とスペシャルアタックの威力を高める事が出来ます。


    ウィングリング、ウィングブーツ、ワープシューズ
     最終的には出番が少なくなりますが、とても便利なので可能な限り入手したい。

     ワープシューズは3章古都ライムの確定トレジャー、ウィングシューズは3章コリタニ城のクレリック、ウィングリングは4章ブリガンデス城西アーチャー。4章のアーチャーは説得しないと入手出来ないので注意。

     合計3個以上あると便利です。


    竜玉石
     トカゲ用最終兵器と言っても過言では無い。今回の条件だと1個入手出来るので、リザードマン好きは確保だッ!



    消費アイテム
     ヒーラーが1人いても基本的に手が回らないので、それぞれに1個は携帯させたい。

     サポート魔法が軸になると、MP回復アイテムも必要になってくる。






    雑記

    孤島のレクセンテールとは
     分かり難くてすみません。稼ぎが容易なシナリオの事です。トレーニング禁止ではありますが、レベリング自体は意外と問題ありません、レベル制限に注意しながら投石してください。



    ●孤島のレクセンテールとは彼の事です。



    ●チュートリアル終了後にいきなり稼げます。オルバは友達。



    ●迂闊すぎるマップが意外と多い。



    ジャンプウォールとは
     断じて、セリエ救出専用魔法などではないッ! みんなジャンプウォールの可能性に気付いていないだけなんだッ!! もっと遊ぼうッ!!!



    ●フィダック城の外堀から回り込めば、気づかれずに登れます。



    ●この窪みはタコを収める窪みです。



    小賢しいやつら
     正面からぶつかり合うと力負けするのは、少人数プレイの基本です。マップをよく見ると”良い場所”が結構あります、地形を利用して戦いましょう。



    ●ザパンだけ叩いて終わらせようと思っていたが全部おいしく頂けた。



    ●アルモリカ城は攻め側が有利だぞッ!



    ●意外と固い守り… 嘘です、弓が危険です。



    財宝そして吟味…
     デボルド加入の3章から財宝吟味が始まりました。編成4人に発掘要員としてデボルトをねじ込むのがきつかったです。今になって思えば、中断セーブ有りなのだからプレザンスのLUKを42まで落とせば、ヒーラー枠兼財宝発掘が出来ました。ラックのカードの出現、回収する手間はありますが、こちらの方が断然楽な攻略が出来たはずです。



    ●トレジャーハンターデボルド伝説の始まりである。



    きついシナリオ
     正確には、きつくなってしまったシナリオです。財宝発掘をあきらめればより柔軟性が高い攻略が出来るはずです。

    3章
    ダムサ砦
     砦登頂部から火竜の指輪を掘れますが、ギルダスの攻撃を搔い潜り目当ての財宝を掘りあてる作業は、セーブロード無しでは厳しいと思います。
     2章で、プレザンスのLUKを42以下にしていれば、そのタイミングでも取れそう。ゲストが参戦するので、それはそれで悩みの種になるか。

    コリタニ城
     ここが文句なしで、一番セーブロードを多用した場所です。ノーリセットでは現実的じゃない攻略になってしまったのが、心残りです。

     城内の癒し空間でお馴染みのコリタニ城ですが、城門はそうは行きません。クレリックのウィングブーツ、財宝として、属性指輪と属性ペンダント、さらにドーピングアイテムもあり、穴掘りしがいのあるマップとなっております。水中の財宝を取るためにオクトパスを出撃させることになりました。(水場さえあればオクトパスはやれる子なので可愛がってあげよう



    ●城内は癒しに満ち溢れている。



    ●こっち側に落ちると忍者、飛行、浮遊、ワープ以外帰ってこれません。


    4章
    バーニシア城

     きついシナリオの意味合いが少し違いますが、バルバス、タルタロスと戦う事になるので、ディープキッスが使えるフェアリーを用意すると楽に攻略出来るでしょう。

     カノープスのスペシャルアタックが鍵です。


    ●このオレが、ヤキトリに食われるだとッ!?


    ●ぼくのかんがえたさいきょうのタルタロス。(強すぎんだよ)




    最後に

     どうにかクリアまで漕ぎ着けましたが、やはり中断セーブ過多になってしまったのは反省点です。



     個人的な考えですが、5人TOにおいて人数を減らすという事は、シナリオ攻略の打開率を高めた状態で挑むべきだと痛感。このタイミングで、当てます、避けます、倒しますの類はTASのような物で十分だと思います。

     オリジナルが絶対である。そこまでは言いませんが、5人編成であれば、当てない、避けない、倒せないなどを引いてもカバー出来るだけの余裕があります。やはりシミュレーションゲームとしての駆け引きを楽しみたいので、やみくもに縛りを増やすのは悪手になり得ると思いました。

     最後に、配信にお付き合いいただいた方々に感謝致します。ありがとうございました。


    2020年10月9日
    to_rajirou

  • アンサガ 「マスターフェンサーに会いたくて編」

    2018-09-23 06:40

     こんにちは。これは配信中にやっていた、通常プレイ?の簡単なまとめです。

    ●はじめに
     今回、久々にアンサガを触ろうと思った時に、ふとマスターフェンサーの事を思い出したので「じゃあ探し行こう」と、なった訳であります。


    ●マスターフェンサーって何者?
     イベントバトルに出現する敵モンスターです。攻略本や攻略サイトなどには掲載されているものの、自分は一度も遭遇したことがなく「データ上は存在しているが出会えないモンスター」その類なのかなと思っていました。


    ●どこにいるの?
     攻略本には、ルビィ編「廃都ファロスへ」でのみ出現、サムライマスターとドラコニアン×6(ドラコニアンの代わりにマーダーアディクト、マスターフェンサーがでることもある)と書かれています。
     しかし、初見プレイではサムライマスターのお供は必ずドラコニアン。脅威スキップ無しのタイムアタックなどをしていても出現するのはドラコニアンでした。


    ●どうやって出現させよう?
     初見プレイではどのタイミングでファロスに行ったのかは流石に覚えていませんが、タイムアタックでは比較的最初に攻略していました。そもそも、アンサガのタイムアタックでは必要がない限り敵のランクを上げる事はしないので、取り合えず敵ランクを上げれば解決するものとして挑みました。(単純明快だしね)

     アンサガは、よく分からない事が多いので結論付けることは難しいですが、マスターフェンサーは、雑魚敵のランクを上げる事で会う事が出来ました。

     必要な敵のランクは結構厳しく、敵ランク6~8程度の場合は10回サムライマスターに挑んで、半分マーダーアディクトが出現する程度でした。”一周目”では、敵ランク7~9程度の状態で挑み、3~4割くらいでマスターフェンサーが出現しました。


    ●敵ランクを上げよう!
     あいまいな記憶ですが、アンサガの敵ランクは1つの種族を狩り続けるよりも、満遍なくいろんな種族を狩る方が敵ランクが上がりやすい。と記憶しています。(違ったら正しい知識に従って下さい)
     今プレイでは出来る限り狩る種族が偏らないように意識して戦っていきました。

    (現時点の敵ランクより格上の敵を狩るとその種族のランクが上昇するとか、七大脅威などの出現する敵のランクにプラス補正がかかる場所で倒した高ランクの敵が敵ランク上昇にどれくらい作用しているのかとか、現在の敵ランクで変動するタイプの固定敵や完全な固定敵、上位モンスターに分けられている敵を倒した場合はどうなるのか。実際どういう処理になっているのか分からない事が多い)


    ●獣人
     アンサガの仕様で、初遭遇の敵(一部を除く)は種族名が表示されます。

     つまり…

     私は、マスターフェンサーに会ったことがありませんので、笠を被ったマスターフェンサーと思われる獣人に遭遇した場合、「獣人」と表示されます。


    ■ついに、マスターフェンサーに会えた!?


    ■…獣人、それ以上は語っていただけませんでした。


    ●マスターフェンサーの文字列を表示させたくて編
     晴れてマスターフェンサーと思わしき獣人に会う事が出来たわけですが、”本当にマスターフェンサーだったのか?”という疑問がよぎる訳でございます。(めんどくせー)

     獣人(マスターフェンサー)を倒し、そのまま一度ゲームクリアをしまして。そのシステムデータを引き継いだルビィ編を開始し、獣人(マスターフェンサー)に再会する事で今プレイは完結します。


    ■マスターフェンサーと表示させることが出来ました。


    ■ゴールドフィンガーで生け捕りを試みるクンミン君。


    ■「マーダーアディクトの文字列を表示させたくて編」のお問い合わせはご遠慮下さい。
    すぐ終わると思うけど。


    ●消化シナリオ・狩り場

    一周目
     トーレ村までのメインシナリオ
     玉座の温もり
     さまよえる島へ
     二つの月の神殿へ
     廃都ファロスへ(マスターフェンサーに会う為)

    二周目
     敵ランクの伸びが停滞してしまったので、神船の錨へと砂闇の石2つのシナリオを追加。

     狩り場は、無人城、族長の試練、エスカータ城、氷盤群海、騎士団廟、ドラゴンズヘブンなど出入りやターン制限の短いシナリオ。


    ●最後に
     思ったより時間が掛かりましたが、見たことがない敵を探すのは割と楽しめました。(二周目はしらない)実の所、世間ではマスターフェンサー自体レアモンスターの類で無かった可能性がありますが、いつもと違った切り口でアンサガをプレイする事が出来たのは満足しています。基本的に無人城籠り配信でしたが、お付き合い頂きありがとうございました。

    18/9/23
    to_rajirou