ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

5人タクティクスオウガ Cルート 【VIT育成】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

5人タクティクスオウガ Cルート 【VIT育成】

2021-06-13 07:09

     どうも、ご無沙汰しております。まーたタクティクスオウガを触ったのでレポートを書残そうと思います。(PS版です)

     これは、初めて5人タクティクスオウガをする際に、「一番クリアが難しそうだと思ってたたCルートが一番簡単だった」内容の話です。

    ※似た内容の記事を何度か書いているので、ある程度端折っている部分があったりします。ご了承ください。



    ■縛り内容(5人TO)
    ・出撃ユニット(ゲストユニット・そのマップで説得したユニットは含まない)は5体以下。
    ・出撃ユニットのレベルはそのマップの敵ユニットのレベルを超えない(そのマップでの戦闘中に超えるのはかまわない)。
    ・トレーニングはしない
    ・ランダムバトルはしない。発生したらリセットしてやりなおす。
    ・ペトロクラウドは装備も使用もしない。
    ・召喚呪文は装備も使用もしない。
    ・デフ系およびプレイ系呪文は装備も使用もしない。
    ・死者の宮殿には行かない。
    ・オーブは装備も使用もしない。
    ・ハボリムに呪文を装備させない。
    ・出撃するアンデッドは1体以下。



    目次

    AGI育成ではなくVIT育成の訳

    低レベル進行のススメ

    楽器発掘のススメ

    状態異常魔法は基本要らない

    VIT育成でも危ない難敵

    攻略に工夫が必要なシナリオ

    レベリングが容易なシナリオ

    キャラクター寸評

    最後に




    AGI育成ではなくVIT育成の訳

     AGIを制する者がタクティクスオウガを制する。よく言われますね。確かに間違っていないのですが、AGIキャラメイク、AGI育成(忍者)をした場合、カード取得による能力の補強もセットになっている事を忘れてはいけません。カードの取得は意図的に制限しない限り、自然な事なのですが、低VIT成長をしたデニムを前線に立たせる為には、カードの取得、装備品のレベルアップボーナスを意識した育成をする必要があります。

     長くなったので簡単に言うと、AGI成長のデニムはとんでもなく柔らかいです。壁にしてはいけないレベルです。

     最終的に、ハイム城のオークションを経て購入出来るヤキトリ(VIT+10)を使うにしても、AGI育成デニムだとハイム城までの攻略難易度を上げるだけです。


    ●タクティクスオウガは「VITゲー」である

     一度、AGIキャラメイク+忍者育成で制限プレイをしましたが、高命中率を誇る、アーチャー、テンプルナイトの攻撃を常に命中0%まで抑え込む事も出来なかったし、側面、背面は簡単に奪われます。何より必中する魔法が存在するこのゲームでは、回避率がいくら高くても危険と隣り合わせです。

     このゲームのVIT成長は基本的に低めです。正直VIT特化でどこまで通用するのか半信半疑でしたが、進めば進むほどVIT育成の恩恵を得る事が出来ます。そして、VIT育成のデニムを壁として使い、5人タクティクスオウガのエンディングを迎えた事で、極めプレイなど明確な目的が無い場合、通常プレイにおいてもAGIではなく、VIT重視育成を推奨します

     極めプレイ以外でのAGI育成は罠。これだけ覚えてくれればいいです。


     ちなみに、キャラメイクは、最初の質問から順番に、

    平和 憎悪 繁栄 博愛 理想 勝利

    支配 名誉 希望 犠牲 栄光 復讐

    HP57 MP12 STR37 VIT37 INT34 MEN22 AGI10 DEX14

    カチュア地 ヴァイス水 ミルディン地 ギルダス水

    デニムは地属性としました。


     なお、このゲームのラストバトルにはひどい落とし穴があり、恐怖効果を受けるとL・N属性のキャラが大幅に弱体化してしまう仕様があります。

     手元にあるサンプルがイマイチでしたがNルートのデニムは何とかなりましたので、Lルートの場合どの様になるのか気になる所です。(今すぐにLルートの確認はしないと思います。)



    低レベル進行のススメ

     これは、教えてもらった攻め方なのですが、1章ボルデュー湖畔までは主人公のレベルを上げない方が楽に攻略出来ます。

     要するにゲストが強いって話ですが、プレザンス救出、ゴースト説得、システィーナ救出、序盤の難所が、デニムのレベルをあげない事で容易になります。加えて、VITキャラメイクのアドバンテージも活かせ、なかなか気持ちいいです。

    ・プレザンス救出
     レベル1の敵に対して、レベル4のプレザンスが終始圧倒します。大体の場合、ここのゴーストは浄化されますが、運がよければ説得のタイミングがあります。ダメでもクァドリガ砦で簡単に説得可能。

    ・システィーナ救出
     こちらもレベル差で敵を圧倒し続けます。楽器発掘のためにパーティレベルを2にしても問題ありません。




    楽器発掘のススメ

     こちらも教えてもらった(またかッ!)物ですが、財宝発掘で入手出来る、蛮族の角笛とサンゴの竪琴はかなり使えるアイテムです。

     細かい数字の足し引きになりますが、相手の編成を見て天気をコントロール出来れば魔法の範囲や威力を抑制出来ます。細かい事はよくわからない方は、ボルデュー湖畔やゾード湿原で蛮族の角笛を使ってみて下さい。目に見えて敵の進行速度が落ちます。

     サンゴの竪琴を弾き、晴天状態が苦手なCユニット(デニム)を弱体化してターゲットを集めるなど、中々トリッキーな起用も出来たりして面白いです。

     楽器発掘のタイミングは、1章のゴルボルザ平原と古都ライム(救出戦)がよい。低レベル進行をしている場合はクリザローの町でレッドドラゴンを雇う。両方足元の草を焼く必要がある。古都ライムはレベル2になっても問題無いので、ゴルボルザ平原でレッドドラゴンとゴーストを出撃させ、ゴーストはレオナールに石を一発当てておけば、ファイアストームが使えるようになる。




    状態異常魔法は基本要らない

     理由は簡単、デニムがVITで攻撃を受け止められるので、スタンスローターなどを刺し時間を作る必要が無くなります。つまり、ゴーストの役割も兼ねる事が出来ますので、出撃枠が1つ自由になったりします。




    VIT育成でも危ない難敵

     VIT育成でどこまで突き進めるのか気になる所でしたが、ドラグーン、セイレーンの火力は危険です。クラス成長率を見れば納得の内容でした。無茶するとHPが持たないので立ち回りに気を付ける必要があります。

     顔付きの敵キャラなども同様です。まあ、属性一致オズのグラムロックを二発耐えられたりしたので十分ですね。テラーナイトの恐怖効果が刺さってたりしますが。

     どうしても耐えられそうにない場合は、命中率に依存しないスロウムーブなどでアシストしましょう。




    攻略に工夫が必要なシナリオ

    ・1章
    バルマムッサの町 後半
     VIT育成したデニムの堅さを体験しましょう。カチュアの位置取りの勉強にもなります。

    ・2章
    ゴルボルザ平原
     殺意の高い編成と婆さんのコンビネーションもVIT受け出来ます。

    ・3章
    コリタニ城 城門前 計2回
     一回目のコリタニ城門ではVITデニムで受けきれない遠距離攻撃が飛んでくるので頭を悩ませるでしょう。しかし無理ゲーを押し付けられている訳でも無いので攻略し甲斐がある良いシナリオです。二回目の城門戦では、きまぐれなテラーナイトに振り回されながら楽しんでください。

    フィダック城 城内
     オズの属性一致通常攻撃が痛い。オズマは暗黒RESを意識した装備をしておけば問題ありません。連戦マップの二戦目ですので、HPに気をつけましょう。

    ・4章
    ランベスの丘
     高火力遠距離編成なのでデニムで全部受けるのは厳しい。崖下を利用して回り込んだり、トルネードを当てたり、盾ゴースト+ライフフォース+マーシーレインでしぶとく耐えたり、いろんな選択が取れる。レベルやステータス次第で、敵リーダーがプレザンスを一撃で落とし兼ねないので注意。クリティカルは無理。

    バーニシア城 中庭
     バルバス戦の後にタルタロス戦なのでHP残量に注意が必要。タールだらけの地形だが、タールに囲まれ、壁を背に出来る場所があるのでそこなら余裕で受けられる。

    バーニシア城 城内
     対タルタロスは基本的に不利だが、クイックムーブなど強力な対処を取れば十分倒せる。タルタロスの通常攻撃は神聖属性、テラーナイトが苦手な属性ではあるが恐怖効果も刺さっている状態ではある。





    レベリングが容易なシナリオ

    1章
    ●ボルデュー湖畔
     レクセンテールをマップ下部の孤島に追い込んでしまえば投石レベリング装置の完成。前哨戦も楽器で悪天候にしてしまえば敵進行が遅れるので余裕がある。さらに楽をしたいならゴーストで釣りましょう。

    ●バルマムッサの町 前半
     ゾード湿原だとレベリングが面倒になりがちなので、このシナリオを使う事になる。ビーストテイマー育成開始。

    2章
    ●ゾード湿原
     ここにもボルデュー湖畔の様な孤島が存在します。遠距離攻撃手段を持たない敵リーダーが悪いのです。

    ●アルモリカ城 城門前
     古都ライムをクリアした時点でショップが更新され、ジャンプウォールが入荷します。ジャンプウォールに頼らなくても対岸の封鎖をして、敵遠距離攻撃ユニットを始末してしまえば完封です。なんの対策も講じない賞金稼ぎが悪いのです。

    3章
    ●ゾード湿原
     またもやゾード湿原です。敵編成にやや強力な遠距離攻撃持ちユニットがいますが、悪天候による敵進行の遅れの前には成す術がありません。水っぽい所はレベリングする場所と覚えましょう。

    ●コリタニ城 城内
     みんな大好きコリタニ城。左側の檻に敵ユニットを誘導し、高所からの投石でフェアリーのレベルを18にしましょう。ディープキッスの習得の為にザエボスのレベルが18なのです。

    4章
    ●バンハムーバの神殿
     後方にレベリングをするための高台が設置されているので、移動タイプを変更したり、ジャンプウォールしたりしましょう。敵中に入っても生還しやすいデニムに盾を装備させ、折を見てシェリーを階段上部左右にある窪みに押し込みましょう。俗に言うシェリーの窪みですね。

    ●ヨルオムザ峡谷
     タコの一本釣りポイントにして、レベリングポイントでもあります。敵リーダーのレベルが30なので空中庭園を見据えたレベリングが出来ます。説得したタコはジャンプウォールで高台へ。MEN+30の釣果です。




    キャラクター寸評

     毎回似たような内容になりがちなので気になった所をピックアップ。

    デニム(VIT育成)
     メモを取ってなかったので怪しい記憶ですが、MENカード取得とMEN成長が良く、レベル4(もしくはレベル5)からビーストテイマーにクラスチェンジして育成していたと思う。

     レベル22まではビーストテイマー、23、24はテラーナイト、それ以降はチャプター4のロード成長です。

     下部の画像は、カード育成込み、オークションアイテム摂取前。カード吟味はしていません。LUKは運が良かっただけなのと、出来る限り敵を殲滅していたのが功を奏したと思う。


     今回はビーストテイマーとのシナジーが見たくて最初からグリフォンを育成していたのですが、もう一匹のグリフォンとオクトパスを用意しておけば、ハイムでヤキトリとタコヤキがそれぞれ4つ購入出来ましたね。VITとMENが+40、数字にするとすごいですね。

     カードの取得とドーピングアイテムを使用しましたが、おそらく無くても問題なさそうな気がする。

     装備に関しては、回復の杖を使いながらの耐久力を重視したり、ビーストテイマーの得意武器、破魔のムチを装備して壁役をやれば反撃で大きく相手のHPを削ります。カルディア受けもチャームのおまけ付きなので楽しいですね。もちろんAGIが低いので正面からの攻撃は外す事はありますが、大した問題になりません。やれば分かります。すごく雑な説明になってしまいましたが、タクティクスオウガで攻撃を外しても問題が無い。これの凄さが分かれば納得できると思います。

     神器アースワンドを入手したら、もうやりたい放題です。この辺りから命中率の問題もなくなってくると思います。

     基本的に、状態異常を受けてはいけないので青光の首飾りを装備します。重量はありますがタイタニアメイルと交換して物理RESに寄せたり柔軟に対応出来るのも面白さの1つですね。

     重くていいんです。これって、このゲームでは革命レベルの出来事なんじゃないかと思う。

     なおテラーナイトに必要な撃破数30は序盤から意識して稼いでおくと気持ちが楽になります。



    ●4人TOのAGIデニムがヤキトリ掘ってVIT300超え。こちらもヤキトリ4個用意すれば同じですね。




    ガンプ
     シナリオクリアがネックで、見向きもしていなかったけど、そのまま空中庭園に投入出来るし、VIT+20だし、色々噛み合いすぎるキャラでした。アラインメントがCだったら完璧だった。



    ●レベル34でドルガルアに100前後のダメージを出せる。謎の寵愛を受けたキャラ。




    フォルカス
     ブランタおじさんにウォルスタの栄光を捧げたくて作りました。結構刺さる場面はあると思いますが、それが何処なのかはキミが探し出してくれッ!



    ●この成長では敵クレリックをワンパン出来なかった。扱いが難しい。


     他には、プレザンスはエクソシスト成長(ウォーロック)。システィーナはウィッチ成長のみで問題ありませんでした。前回も触れましたが、やはりシスティーナは使いやすい。何気にHPがアマゾネス成長2回分高かったりします。

     水Cリザードマンですが、2章のバハンナ高原で勧誘するのがおすすめです。シナリオマップですが、殲滅戦なので最後の一人を説得するだけで済みます。水Cリザードマンは二体いますがどちらとも忠義が低いので楽勝でしょう。

     ブリガンデス城を西側から攻めると、ウィングリングを装備したアーチャーが3名います。可能なら3人説得したいですが2名出来れば十分です。ウェアラムの町にはウィングブーツを装備したナイトがいるので足りない場合はこちらで調達したい。二つあれば十分ですが、三つあれば非常に楽になります。




    最後に

     今回のVIT育成は、4人TOの失敗から生まれた物だと思っていたのですが、VIT育成案を貰って、たぶん通るんじゃないですかねぇ? とかやり取りしてたのかな、正直覚えていないんですよ。

     ただ、AGI育成失敗中に、ヤキトリ食ったらマシになった→VITないとダメだわ→VIT育成なら楽なんじゃねえの? とか言ってたのかもしれません。VITキャラメイクの話をしていた時に私は「そこから忍者育成するんですか?」とか返答してたみたいで、どの程度VITに期待を込めていたのかは分かりませんが、VITキャラメイク+VIT育成は、成功だと思います。

     なにより、「タクティクスオウガ=AGI育成するべき」この構図をぶっ壊せたのはすごく満足しています。

     補足しますと、カノープスやアロセールも使っています。全ユニットがVITを必要としていると言う意味ではありませんので。


     ご拝読ありがとうございました。





    2021/6/13 to_rajirou

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。