ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

[Aviutl]イージング(トラックバー対応版)の利点について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[Aviutl]イージング(トラックバー対応版)の利点について

2016-12-13 00:24
    当方作成のイージングスクリプトには
    通常版とトラックバー対応版があります。

    通常版


    トラックバー対応版



    で、実に今更ですがトラックバー対応って書いても
    Aviutl詳しくない人にはなんのこっちゃだよなぁ……と思い至り、
    トラックバー対応版は何が良いのか、少し書いてみようかと思います。

    まずトラックバーってのはここらへんのことです。(たぶん)



    で、通常版・カメラ版とトラックバー対応版。
    何が違うかというと、適用の仕方が違います。

    先述の通り、トラックバー対応版はトラックバーなのでこちらで設定します。


    一方、通常版・カメラ版は通常のスクリプトと同様ですね。



    この時点で、もしかしたらお気づきの方もいるかもしれませんが
    トラックバー対応版の最大のメリットは

    「トラックバーが付く部分ならば全てに適用出来る」

    というところです。

    トラックバー対応版の画像をもう一度見て頂きますが
    これは「扇型」のカスタムオブジェクトの「中心角」にイージングを設定しています。



    カスタムオブジェクトは種類によってこの項目は様々です。
    扇型ならば「中心角・中心基準・サイズ・ライン幅」ですし、
    レンズフレアならば「方向X・方向Y・サイズ」です。

    つまり、トラックバー対応版の場合は、他の製作者さんが作ったどんな項目であっても
    (する意味ない項目もあるでしょうが、それは置いといて)イージングを設定できるのです。

    試しに扇型の中心角(360→0)にイージングをかけたGIF動画を置いておきます。



    トラックバーの部分ならば、他の製作者さんのスクリプトのパラメータでもいけます。
    こちらは三角形の図形に、極座標変換スクリプトを設定したものです。
    渦巻(0→4.0→0)にイージングをかけています。


    自分はセンスが無いんでこの程度の発想しかできないですが、MV作れるような人が
    「他のスクリプトの値にイージングをかけられる」ということに気づいたら
    割りと作れるものの幅が広がるんじゃないかなぁ、と。


    さて、最後に利点だけではなく欠点も書いておきます。

    欠点もやはり、トラックバーでいじらなくてはならないということ。
    Aviutlに慣れていないと、他のスクリプトと適用の仕方が違うので戸惑うかもしれません。

    また、トラックバー対応スクリプトを設定したオブジェクトは、EXO取込の際に
    設定番号(イージングで言う1~41の番号の部分)が欠落してしまうようです。
    なので、EXO出力しておいて後で読みこんで使う、というのが出来ないのでご注意をば。

    ※シーンでも似たような現象(EXO取込時、シーン番号が1になってしまう)が
     起きていた気がするのでおそらくAviutlのバグかな?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。