ジョイスティックにキーボード入力を割り当てる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ジョイスティックにキーボード入力を割り当てる

2018-09-21 12:39

    Windows用 Irem Arcade Hitsのイメージファイトで遊んでいると、
    同時押しボタンが欲しくなる。

    でもアプリ側のコントローラー設定が微妙で、
    同時押しボタンは設定できないし連射設定も変だしクソだ。
    これがDotEmuクオリティ。

    同じSHOTボタンでも連射有りボタン/連射無しボタンの2つのボタンを用意したい!

    そんな時は、JoyAdapterやJoyToKeyなどの、ジョイスティック→キーボード変換ツールを使うと楽しく快適なプレイが出来ます。

    海外製のツールなどもありますが、
    入手方法や設定方法その他の情報が分かりづらいので、
    比較的情報が豊富な日本製ツールを2つ紹介します。

    JoyToKey

    https://joytokey.net/ja/

    利点
    • 設定が簡単
    • (Irem Arcade Hitsは関係ないけど)nProtect等に引っかからない
    欠点
    • 遅延がある

    遅延は、「設定」→「全体設定」で、「内部速度」を「処理速度16倍速」に設定することで軽減することが出来ますが、それでもはっきり分かる程度に遅延があります。
    設定は面倒ですが、より遅延の少ないJoyAdapterを個人的にはオススメします。

    JoyAdapter

    https://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se069688.html

    利点
    • 遅延を少なく出来る
    • 設定が細かい
    欠点
    • 設定が分かりづらい
    • 同時押しボタンを設定するためには2個起動する必要がある

    JoyAdapterは同時押しボタンを設定できないため、2個起動し、同じボタンに対してそれぞれ違うキーを割り当てることで、同時押しボタンを実現可能です。

    片方の設定→「ボタン番号の確認」を表示しながら、もう片方の「ジョイキーボード」設定をすると、やりやすいかと思います

    遅延を軽減する

    設定→「全体」→「ボタンのポーリング間隔」を1msecに設定してください。
    (ポーリング(監視)間隔=遅延と思って頂ければ良いと思います)

    参考にしたページ:JoyAdapter+DAOコンでIIDX INFINITASをプレイする方法

    ※注意点:「使用するジョイスティック」を変更したら「Apply」ボタンを一度押してください。「Apply」ボタンか「OK」ボタンで変更を反映するまで、「ボタン番号の確認」で表示されるジョイスティックが変更されません。

    共通事項

    (※どちらもWindows10で動きます)
    (※Windows7以上の場合、管理者として実行をする必要があります。)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。