ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

『敗北の少年』を歌ってみた の 裏側。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『敗北の少年』を歌ってみた の 裏側。

2013-05-15 22:48


    そんな訳で久々に歌ってみたの投稿をした訳ですがー。
    宣伝がてら、裏側の自己満足満載の情報をお届けしようかとー。
    ちなみに原曲動画の情報は歌ってみたの動画ページに記載しておりますので、そちらをご参照下さい。

    まずはですね。

    全身筋肉痛の状態で録ってます(ここ重要

    そして、今も、全身筋肉痛です(テストに出ます)

    まぁ、それは割とどうでもいいんですけど。
    MIXに関しても一昔前と違って皆さんご存知のことが多いので…。

    何というか「ンなこととっくに知ってんだよォ…○っちまうゾ?」って言われても困るので。

    それを前提で、読む方は時間の使い方にご注意下さい(多分長文です)
    そんなアレでルーティン順に書いてみますので(Cubase7使用)

    ①Cubase7のチャンネルストリップ※卑猥なchな訳ではありません、ホテルの有料チャンネルにお帰り下さい。
    使用してるのは「Tube…なんたらっての「Tape…なんたら」ってやつです。
    というのも基本的に、皆様のご家庭でコンデンサーマイク収録をすると非常に音が綺麗です。
    その為、少し「ザラッ」とさせてあげる感じで使いました(初体験)
    あんのんさんの声の様に、爽やかさゼロの人はフリーソフトでも代用出来ると思います。

    ②EQ
    これは単に100Hz以下をカットする為のものです。
    「こっちんが先じゃね?」って感じですが、聴いた感じでこうしました。
    (コーラスワークは200Hz以下をカットしてます)

    ③コンプ
    正直、これも聴いた感じで設定を決めてます。
    以前は色々情報かき集めて試しまくってたんですけど。
    最終的に数値より「綺麗にしたいのか」とか「ガッツが大剣振り回す感じにしたいのか」というように、どうしたいのかってとこに落ち着いちゃいまして。
    自分の声に合うコンプを使うのがいいと思います。
    ツマミとかスライダーをグリグリ弄って設定探るぐらいが丁度いいと思います。
    (コーラスはこの後にグループ化してまとめて別のコンプも掛けてます)

    ④EQ
    このEQは、音質補正用です。
    これも毎回違う設定ですが…今回は殆ど動かしてません。
    300Hzくらいを少しカットして、8kHzあたりを少しブーストしてやったくらいです。
    というのもキーが丁度いい感じだったので「まぁ、いっか」という感じでサボりました
    (コーラスワークもサボりました)

    ⑤⑥ディエッサー
    ディエッサー多段掛けです(二種類のディエッサー仕立て)
    ⑤の方は4.7kHz、⑥の方は7.3kHz付近でダブルスープが濃厚です。
    要は魚介と豚骨です(ちょっと何言ってるかわかりませんね)
    ちなみにあんのんさんは豚骨派です。
    (コーラスワークも豚骨派です)

    ⑦リバーブ
    ここからはセンドで掛けてます。
    長めと短めのリバーブを用意して、短めを主軸にしてます。
    主軸の理由は、曲のテンポが早いからってだけです
    ただ、言葉の隙間が結構あったのでその辺を長めのリバーブで補完してる感じです。
    隙間の部分はセンドレベルを上げてます。
    (コーラスワークは主メロより強めに掛けてます)

    ⑧ディレイ
    これもセンドで掛けてます。
    確か、8分と4分の二種類を用意してたと思います。
    リバーブと同じ理由で8分を主軸で、4分で隙間補完という流れです。
    (コーラスワークの「さよなら」は⑦⑧をバカ掛けしてパン移動させて遊びました)

    ⑨ダブラー
    擬似ダブリングを作るプラグインですね。
    これもセンド掛けです。
    理由は調節しやすいからってだけです
    かなり昔にまだむさんにMIXして頂いたことがあって、その時頂いた情報を自分なりにアレンジしてこの形を取ってます。
    とは言いつつ、掛け具合はちょっとだけなので聴いてる感じは殆どわからないと思います。
    (コーラスワークと主メロ「さよなら」部分はダブラー無しのガチダブルです、二回録ってます)

    ⑩その他
    ピッチ補正に関しては、ラスサビ主メロの「はいぼく」の「ぼ」だけやってます。
    そこだけ最終的にコーラスとの兼ね合いがイラっとしたので補正してます。
    ただ、同じフレーズが出てくる曲のような場合は補正するより波形編集の方が早いです
    なので今回、サビラストの「這う」というフレーズは波形編集してます。
    補正に関しては一箇所だけだったので、補正の方が早いってだけで補正しました。
    何というか、ただのめんどくさがりですね。
    ただ、皆さんに聴きやすい感じにするためのボリューム調整は事細かにやってます。
    つっても、言葉の始め部分の抑揚を考えてちょっとフェーダーで上げてやるだけです。
    それと「歌ってみた」なので、昔から声デカめでMIXしてます。仕様です。
    (補正や編集に関してはMIX・マスタリング時に気付いた場合です。実際問題、歌い直しの方がカッコいいです。)

    とまぁ、ここまでが歌ってみたの2MIX音源が出来上がるまでです。
    おっちゃんがボカロオリジナルの裏側を言わないのは、これの数倍文章が長くなるからです。

    そんなん疲れるし!

    マスタリングとかは皆様頑張って下さい…。
    個人的にはパラ音源とかをMIXしてみるといいんじゃないかなって思ったりもします。
    MIXが一段と楽しくなりますんで。

    と、色々書いてきましたが。
    MIX云々より、納得出来る歌を楽しんで録るのが一番いいと思います。
    皆さんの言う所の歌い方然りー、準備然りー、諸々然りー。
    肩肘張らずに脱力系でいいと思います。

    そんな感じで、ここまで読んで下さった方はありがとうございました。
    何か聞きたいことがあれば書いてみればいいと思います。
    答えられることは答えますし、答えられないものは答えれませんと平謝りしますので。

    NOと言える日本人(になりたい)、あんのんより。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。