ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

『CAUSALITY』のうらがわ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『CAUSALITY』のうらがわ。

2014-10-10 23:20

    どうも、アンノーンP的な人です。
    こっそり新曲うpして一カ月経ってました。



    今回「N.L.S.」以来ということで、ほぼ二年ぶりの新曲となった訳ですが。
    この曲のドラムとベースとメロディの骨格自体はは同時期に製作が完了してました。

    つまり、以前参加させて頂いたコンピレーションアルバムの「神威夢奏」に向けて作っていた曲という訳です。
    というか、正直こっちの方が先に骨格出来てたんですよね。
    でも当時は「CD参加させてもらうならもっとエッジの効いた曲がいい!」と思っちゃって。
    こういうメロディの歌詞も浮かばないしで、一度は没案にしてたんです。

    その一年後ぐらいに、手首の手術をするってことで凄く時間が出来て。
    たまたまレンタルでノートPC持ち込んでたのがきっかけで、歌詞を考え始めたんです。
    最初環境が違ったり、片手でキーボード打たなきゃとかで全然進まなくって。

    「病院で何してんだろうなー?」

    とか思ったりもしましたけども。
    何だかんだで入院中に歌詞がほぼ出来上がりまして。
    かといってそこからすぐ進む訳じゃなく、凄い勢いの牛歩だったんですけどね。

    とりあえずドラムの感じが「何か違う」ってことで全部打ち込み直して。
    ベースも「うーん?」ってなったもんだから全部弾き直して。
    別に最初は入れる予定のなかったストリングスやピアノにシタールも「入れてみよう!」ってなって。
    ギターも最初は新しく買ったストラトで全部録音したんですけど、気に入らなくて違うメインのギターで弾き直して。
    ボカロはボカロでがくぽのV3の声の全種類を波形単位で聴きやすく全部切り貼りしてみたり。

    何か、変に妥協せずにアホみたいにやってました。

    で、ある程度形になってきたら「動画にしよう!」ってなりまして。
    ただ、あまりにもそれが久々なもんだから何したらいいかわかんなくなってて。

    最終的に色々声を掛けさせて頂いて、イラストは「たまゆら」でお馴染みのkanoさん。
    動画は「N.L.S.」をはじめ様々な動画で製作をご一緒させて頂いている藤代叶さん。

    という、今考えるとすげえ鉄壁なコンビですな…。
    当時は必死になってて色々気が回ってなかったと、落ち着いた今は思ったりもしてますが。

    で、そこから「どういう風にしたいか?」という話にすべからくなる訳ですが。
    今回、何を考えたのか絵コンテ描きはじめちゃったんですよね。

    いや、描き始めた段階で工数が合う訳ないじゃないってのもわかってるんですよ。
    もちろん、今皆様にご覧頂いてる動画もその通りではないんですよ?

    ただ、いよいよおいたんのアホさ加減に拍車かかって全部描いちゃうんですよね。














    (一度アナログで描いたのを何となく見やすく修正したものがこちらになります)

    そりゃ工数合わないよっていう話ですよね。
    とりあえず「こういうイメージなんです!」っていうのが凄い伝えたかっただけっていう。
    文章でも歌詞に対するイメージも珍しくお伝えしてたりもしまして…。

    これ、曲だけじゃ解釈広すぎるよ」っていうのが多分に自分の中であったんでしょうね。

    でも単純に皆さんがご覧頂く分にはどんな解釈があってもいいので、気楽にご覧下さいね!

    今回はこんな感じでしょうか。

    今のところ次の曲に関しては何も決まってないです。
    曲がないって訳じゃないですが、気持ちは追いついてないです。


    何となく、歌ってみたとかやりたいですね。


    あとパワプロの新作で遊びたい。

    断然、六道さん派です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。