デクのボー習得に向けて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デクのボー習得に向けて

2019-07-23 00:21
  • 1
まだまだだが、でくのぼうの教えをしゅうとくしはじめると

周りがムカつく、腹立つものじゃなく、

人間に、

少しだけ見えてくる。
慈悲深い
人間。
そこから行動が変わってくる。とおもった。
運動も、できるかもしれないと思った。



なぜなら、わたしは人前にいる時はちょっと派手な感じの格好とメイクをする。

こんな作業着や、ジャージみたいな格好や、すっぴん恥ずかしくて昔の同級生には会いたくない。

とずっと思っていた。人から逃げていた。

だからこそ、作業着のおっちゃんをレジで見かける時とか

よくそんな格好で
とか思っていたもんだ。
差別とかじゃなく、自信あって凄いなって思ってた。
女はあんまないかでも(笑)

でも、クソダサいと思っていたのは自分で
なおかつ何がダサいかってそれをダサいと思っている自分。

働いて、仕事帰りにその格好で人前に会うのが恥ずかしいとか、
まるで自分が貴婦人で自分がお城にすまなくてはいけない上流階級の人のような錯覚をしていたのだと思う。
まさしく自尊心。自分はすごいんだと思い込むこと。
思い込んでもいい。けど
わたしは苦痛で、精神のバランスが取れなかったんだなと。

一生懸命働いてる人の方が素晴らしいのに
外側だけ着飾って
なおかつ、
そのような気持ちだからこそ

周りの人も下流が!と思うしかできない

人間と見えない、
すごい苦痛な世界だった。

そうでなければ、自分を保てなかった

人をあざ笑い、嫉妬し、何もせず、いつも愚痴を言っていた。

その子にわたしは

本音を息も絶え絶え吐露した時、

「本当に病気が辛い」

と言った時、


「必ず治る」


と言ってくれた。彼女は、あなたなら出来る
といった意味も含めて言ってくれたのだろうと思う。
涙が出る。

私の未来の景色まで見える人なのかな。慈悲深い。

ありがとう


広告
×
ありがとう これを言える人は素晴らしい人なんだと思う。
また、ごめんなさい これを言えない人はダメだと思う。

人は自分の周りの人間の一部の欠点とかを見てバカにして安心しようとする。
でも、それじゃダメなんだ。
自分は上を目指さなきゃダメなんだ!そして、周りの人の良い処を見つけて自分磨きをしなきゃダメなんだと思う。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。