• 配信(生放送)は双方向性こそが命

    2019-04-27 07:06
    ニコニコ生放送に初めて触れたとき、その面白さにのめり込みました。

    「生主」と呼ばれる配信者が発信する情報やコンテンツに対して、リスナーはコメントを入力することで応じることができ、生主はそれを受けて、なんらかのリアクションを起こす。
    生主⇔リスナーだけでなく、リスナー同士の会話も成立する。
    放送中にいきなり「地震!」なんてコメントがついて、聞いてみたら、その人は遠く離れた北海道の人だったり、「きょうは暑かった~」なんてコメントみて、「そうかな?肌寒かったよ?」と思ってたら、沖縄の人だったり、日本全国どころか世界中の人が同じ場所にアクセスして会話ができるって、よくよく考えたら、とてつもないことだと思うのです。
    (このあいだもコロラドの人が某配信に来てました)

    さて、時は流れ、今は様々な配信コンテンツがあります。
    ツイキャス、showroom、17Live、ふわっち、などなど。

    これらが面白いのは、何といっても「双方向性」にあると思うのです。

    昔からあるメディア、テレビやラジオには、双方向性がほとんどなくて、でも面白い番組はあるわけで、それはなんといっても、メジャーアイドルや大物歌手、有名俳優、有名女優、人気の芸人などが出ているからであって、まあ、そこまで行かない地下アイドルとか、インディーズで何かやってますとか、そんな人たちが配信する場合は、ほとんど双方向性が命であると思います。

    もちろん例外はあります。
    たとえば、架空請求業者などの悪徳請求業者に電話して、相手をからかい、かつ犯罪行為を批判するような配信です。
    いろいろとコメントがつきますが、架空請求業者と電話中に、それらコメントにいちいち応えることはできません(電話での会話に忙しいし、第一「配信」であることがバレてしまいます)

    他にも「歌ってみた」とか「演奏してみた」配信などで、歌っている(演奏している)最中にコメントは拾えません。

    また、本来はテレビに出るような超人気アイドルが配信していることがあって、とにかくファンの数も非常に多く、コメントも滝のように流れるので、それにいちいち応えることは物理的に不可能です。

    さて、以上のことに当てはまらないにもかかわらず、双方向性に欠ける配信をたまにみかけます。

    つまりは、テレビにでるような有名人でもなく、コメントのやり取りを必要としないほどの面白いコンテンツを提供しているわけでもなく、コメントに応える暇がないほど何かをやっているわけでもないのに、配信者同士がお喋りしてて、ほとんどコメントを読まないような配信です。

    想像してみてください。
    どこかで、あんまり知らない人が、なにやら世間話をしているのをそばで聴いていて面白いでしょうか?
    あるいは、その二人が知り合いだった場合、自分が会話に入れないとしたら、やはりつまらないですよね。

    先述したラジオの場合、双方向性が皆無ではなく、一部のリスナーの「コメント」が拾ってもらえたりします。
    この場合の「コメント」とはハガキだったり、FAXだったり、メールだったりします。
    そう、いわゆるパーソナリティが喋る形式のラジオ番組なんですが、これらが面白いのは、提供内容が充分に練られてるうえに、採用される「コメント」もスタッフやパーソナリティらが厳選しているからです。

    リスナーから寄せられるハガキやFAXが、番組を構成する重要な要素であることを番組制作側が充分理解していて(まあ、あたりまえですがw)それらを選んでるんでしょうね。

    方や「別に大したこともしてないのにたまにしかコメントを拾わない、ほぼ素人の配信」は、たまたま目についたコメントを読むだけなので、結局あんまり面白くないんですよね。

    みなさん、あんまりお気づきではないのかもしれませんが、テレビやラジオの番組は、NHKだけでなく、ある意味すべてが「有料」です。

    スポンサー企業の商品の価格には、CM料が上乗せされているからです。

    一方、冒頭で挙げた配信コンテンツは、基本無料です(課金さえしなければ)
    結局は、ただなんだから文句は言えないってことなんですよねw










  • 広告
  • ご指摘はありがたいんだけどね…

    2018-02-16 11:51

    こんにちは。

    長らく動画を投稿しておらず、ようやく12月に投稿したUTAU版「京都慕情」は削除し、どうなることかと自分でも思ってたのですが、この度、無事にミク版「京都慕情」が投稿できました。

    「やっぱりtossyさんにはミクだね」とか、各方面からお言葉をいただいていて、慶賀の至りです(*^-^*)

    さて、私の動画タイトルは、カバー曲の場合、ほとんど

    【使用歌唱音源名】曲のタイトル【元の歌手の名前+カバー】

    となります。

    この書き方だとわかりにくいですが、たとえば、松田聖子の赤いスイートピーを、ミクでカバーしたとすると、【初音ミク】赤いスイートピー【松田聖子カバー】となるわけです。

    ところで、こういうタイトルを使っていると、ときどき

    「いや、それ〇〇のもカバーだから」とか「元々はXXの曲だから」

    という指摘を、動画のコメントとしていただくことがあります。

    すみません、そのツッコミ、要らないです。

    はっきり言います。ありがた迷惑です。

    私の動画を視聴してくれて、

    そのうえ、コメントまでつけてくれて、 こういう人は、本当にありがたい存在です。

    本来なら、その人の家の方に足を向けて寝られないような存在です。

    だけど、リアルでお目にかかったこともないし、そもそもどなたがコメントしてくれてるかもわからないし、住居の方向もわからないので、仕方なく立ったまま寝ています。

    もしも、コメントくれた人がブラジルの人だったらどうしよう…

    いや、そんなことはどうでも良くて… そんな、ありがたいお人に、こんなこと言うのは気が引けるのですが…

    たとえば、【初音ミクV4X】17才【森高千里カバー】というタイトルで動画を投稿したとすると、

    「それ、もともとは南沙織ですよ」とか

    「森高自体がカバーですよ」とか

    コメントがつくことがあります。

    知ってるちゅうねん!!

    あ、上に書いた曲は、実際には私はカバーしてません。

    現実に指摘コメントのあった動画をここに書くのもどうかと思ったので、架空のケースというか、ドキュメンタリー小説を書く場合の「仮名」みたいなものと思っててください。

    で、話を戻すと、そんなことは百も承知で、こちらはやってるわけです。
    17才について言うと、元祖の南沙織版とカバーである森高版とでは、アレンジが違います。

    どちらが良いのかは人それぞれ好きずきですが、私は森高版の方が好きです。 だから、ボカロカバーで使用が認められている伴奏音源を購入するときも、わざわざ森高版を探して買うわけです。

    極端な話、仮に森高版が無くて、南沙織版のみが販売されていたとしたら、私は購入を諦めて、バンスコからの打ち込みで伴奏を作ります。

    そんなわけで、カバー曲のタイトルもテキトーにつけているわけではなく、きちんと精査しているわけです。

    そんなところに「元祖はXXです」とか書かれても、困るのです。

    それも、ツイッターのリプなどでご指摘いただくならまだしも、動画のコメとして残されると、他の視聴されている方に間違った印象を与えてしまうし、私が何にも考えずにタイトルつけてると思われるのも迷惑です。

    罵倒や誹謗中傷のコメではないから、削除依頼もできないし…

    素人が「歌ってみた」投稿するんじゃないんだから、プロが過去曲をカバーする場合、大抵どこかアレンジを変えています。

    さっきも書いたように、元祖よりもカバーアレンジの方が好きな場合があり、そんなときはカバー版をさらにボカロカバーします。 元祖はインスト、カバーで初めて歌詞が付いた、というケースもあります。

    ボカロカバーなら、当然歌詞付きを選ぶでしょ?

    そのあたりは、しっかりやってますので、カバーだ元祖だということに関しては、どうぞ信頼して見守っていただけたらと思います。

    同じご指摘でも、音ズレ、テンポずれ、歌詞間違い、コード拾い損ね、なとなどは大歓迎です。

    まあ、これらのことに自信が無いことの表れなのですがw

    どうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m


  • 少しニコニコから離れてみて… その後

    2017-12-11 18:17


    お久しぶりです。

    約2ヶ月前「近々ニコニコを止めることを検討しています」という記事をブロマガに投稿しました。


    前回投稿の概要は、

     ・ ニコニコのゴールデンタイムの再生がptptで視聴に堪えない。

     ・ youtube等、他の動画や配信サイトは支障なく視聴できる。

     ・ となると、ニコニコサイドの問題としか思えない。

     ・ ニコニコに動画を投稿するのは、一生懸命描いた絵を、ガラスがひび割れた額に

       飾るのと同じ。(視聴に堪えない環境で作品を発表することになる)

     ・ そんなところに動画を投稿するのは嫌なのでやめる。プレミアムも解約する。

    という内容でした。


    さて、この件に関して、その後の状況を報告します。

    まず、最近まで、2ヶ月以上、ほとんど動画や生放送は視聴していませんでした。


    また、動画投稿に関しては、9月26日の「悲しくてやりきれない コトリンゴバージョン」を最後に行っていません。

    というか、制作活動もできていなかったので、制作そのものはそろそろ開始したいと考えています。


    今までボカロばかりでしたが、先日UTAUを導入しました。

    ちょっとこれの扱いをマスターしたいと思ってます。


    それで、肝心の視聴環境についてです。


    あの手この手を尽くした結果、以前よりも改善が見られました。


    そもそも私にはIT関係の知識が皆無で、今回のような事態に陥っても、自力では何の解決策も検討できません。


    しかし今回は、ニコ生を通じて知己を得た、とあるボカロPさんからツイッターでアドバイスをいただき、そのとおりにした結果、視聴環境が改善できたわけです。

    本当にありがたい話です。


    今はゴールデンタイムにも、ほぼ快適に視聴できます。

    長くなるので詳細は省きますが、行った対策と結論は以下のとおり。


    【対策】

     ・プロバイダに連絡し、ipv6回線のオプションサービスをつける。

     ・かつ、DS-LITE対応のルータに変更。

     (これらの対策により、ニコニコ動画の再生状況は、とても良くなりました)


    【結論】

     ・ニコニコ側になんらかの障害が発生しているわけではない。

     ・しかしながら、よりよい視聴環境を提供しようという努力は、あまり見られなかった。


    当初の私の認識とは異なり、ニコニコ動画の再生がカクカクだったのは、プロバイダの回線混雑が原因でした。

    では、なぜ、youtubeが支障なく視聴できていたのか。

    それは、youtube側が回線状況に合わせて自動的に画質を落としているからだそうです。


    ニコニコ側では、画質を落としたりしないために、再生がカクカクになっていたわけです。


    とはいうものの…


    ニコニコ運営としては、この件で何も改善の取り組みをしようとはしていません。

    (ただし、質問には親切に答えていただきました)

    いわば「事故渋滞なら交通整理したり、事故車を片づけたりの対策はとるけど、自然渋滞なんだからどうしようもないもんね」というスタンスであるように見受けられました。


    たとえば、ニコニコ動画はipv6回線に対応していません。


    なので、自宅側をipv6回線に変えたところで(他のサイトでは早くなっても)ニコニコでは速度が変わらないわけです。

    そのために、上述のとおり「DS-LITE対応のルータに変更」という、余分な手続きが必要になりました。


    専門的な話はよく分かりませんが、こうすることで、ニコニコにもipv6使用の効果が発現するのだそうです。理由は、聞いた気もするけど、忘れました。


    でも、ニコニコが初めからipv6に対応してくれていたら、わざわざ新しいルータを導入して云々の手続きは必要ないわけです。


    確かに我が家の視聴環境は良くなりました。


    しかし、プロバイダの回線混雑が原因である以上、私と同じ思いをしている(またはしていた)ユーザーはたくさんいるはずです。

    (契約しているプロバイダのサポートの人は「同じように、ニコニコが遅いという問い合わせを、最近、たくさんいただく」と言ってました)


    その人たちのうち、ITスキルの高い人は、私が教えていただいたのと同じ方法で解決できたでしょう。(私にこのことを教えてくれたPさんも、同じ状況に陥っていたそうです)


    また、ITスキルはさほど高くなくても、ある程度行動力のある人は、プロバイダに問い合わせるなりして、解決の道筋が見つけられる可能性もあります。


    ただ、ITスキルも低く、かつ、あまり行動力のない人はどうでしょうか。


    「最近、動画が見られたもんじゃないな」と思いつつ、

    「でも、ニコニコ側からの不具合報告もないし、どうしたんだろう」

    と考えつつ、だんだんニコニコ動画から足が遠のいていき、最終的には視聴しなくなるのではないでしょうか。


    この人がプレミアム会員だった場合「プレミアム契約の解除」という選択肢を選ぶことも考えられます。


    昨今のプレミアム会員の減少については、たつき監督の問題によるものだけではないような気がします。


    視聴者がいなくなれば、Pや歌い手など、コンテンツを提供する側も自ずと離れていきます。


    ☆ ★ ☆


    先日、ニコニコ(く)の発表会で、多くの批判が寄せられました。

    これに対して、川上会長は

    「我々運営が積極的に取り組まなければいけない基本的な部分がおざなりになっていた事、ユーザーの皆さんの不便や不満点に十分目を向けてられていなかった事について改めて深くお詫びさせて下さい」


    と、謝罪しています。


    今後、ニコニコがどんなふうに変わっていくのか、ニコニコを辞めるのはそのあたりを見届けてからにしましょう。


    しばらくは、ニコニコと別のサイトと、両方に投稿することを検討したいと思います。