北朝鮮による拉致の被害者を取り戻すためには
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北朝鮮による拉致の被害者を取り戻すためには

2013-09-26 04:25
  • 2




「北朝鮮による拉致の被害者を取り戻すためにはどうしたらいいのか?」
ということを考えていきたいと思います。

さて、拉致事件の交渉が進展していない状態に苛立ちを覚える方が
多いと思います。私もその一人でありますが、今回は、私がニコニコ生放送で
申していることを文書化してブロマガ等を使って拡散をしたいと思います。

我国は、北朝鮮と国交を結んでおらず、厳密に言うと国としては認めていない
という現状で、我国は朝鮮半島は大韓民国領土であるという大韓民国の憲法を
承認しているので、北朝鮮というのは、朝鮮半島北部で金一族による支配地域
ということが、私の認識です。

さて、北朝鮮はこれまでにミサイルの発射実験をしたり、我国の国民を拉致した
「テロリスト集団」ということであり、我国としては、米国同様に
「テロには一切屈しない強い姿勢で、交渉に臨まないといけない」
と考えていらっしゃるのではないかと思います。
米国が北朝鮮を「テロ支援国家」と言う指定を以前行っていましたが、

その指定が解除されたことに、インターネットの言論空間を中心に憤慨をされた方も
多いと思います

拉致事件解決のために、人道的支援の配慮はやってみた、しかしそれは効果がなかった。
6者協議の場で、拉致事件のことを取り上げてもなかなか進展がなかった。
小泉内閣の時に拉致被害者を数名取り戻すことは出来たが、全員が帰国する
ということはなかった。 という流れがあり、被害者のご家族の高齢化など
もうこれ以上、のんきな交渉は出来ないという現状は、皆さんがご認識されて
いるのではないでしょうか?

西村眞悟衆議院議員は
「自衛隊には、命令があれば、すぐさま北朝鮮に行って拉致被害者を
奪還してくる部隊があります」
と、拉致事件を解決しようと願う人達が集まった集会の場で仰られました。
それは、最終的な手段として残しておきまして…

まず我国が「北朝鮮をテロ組織として認定する」
「テロ組織である北朝鮮に支援する国家をテロ支援国家として認定し
その国家に対して、米国同様に経済制裁を行う」

ことを検討してみては如何でしょうか?
テロ組織である北朝鮮を表から裏から支援している国は、我国にとって敵なのでは
ないでしょうか?(どこの国かと名指しはしませんが)
「そんなこと出来る訳ないじゃないか」
そう仰る方もいらっしゃるかもしれません。 でも、本当にそうでしょうか?
日本の経済的影響力は皆さんがお考えになっているよりも強いと思います。
米国がテロ支援国家の指定を解除したならば、我国がテロ組織認定すればいいのです
我々が本気になったところを世界に示す必要があるのではないでしょうか?

北朝鮮に拉致されたのは、我国の国民だけではありません。
上記のような強い態度を見せ、支援国家をも制裁対象にして、北朝鮮に対して
大きな圧力をかけていく時期に来ているのではないでしょうか?
そして、日本を中心とした拉致事件調査団を北朝鮮に乗り込ませて
調査団主導での徹底した調査を行うということが、必要だと私は考えます。
「政府は拉致事件に対して強硬に主張・抗議をして、この事件に取り組むべきだ!」
国民の皆さんが安倍内閣に対して、このような声を届けることが
対北朝鮮、北朝鮮を支援する国家に対して強く出られる力になるのではないかと
私は考え、ニコニコ生放送で、話題として取り上げているのです。

さて、皆さんは拉致事件に関して、どのようにお考えになられているのでしょうか?


広告
×
経済制裁については、既に日本では行われていますけど。具体的には輸出輸入や、移動の禁止措置が取られていますね。
そしてテロ支援国家の認定をすれば拉致被害者が帰ってくるという論理ですけど、もし効き目なかったらどうします?
北朝鮮に「経済制裁するんなら一切対話に応じないけどいいの?」って言われたらどうします?
78ヶ月前
×
>>1さん

コメントありがとうございます。 先ほどコメントを頂いたことを知り、返信が遅くなりまして失礼しました
今、既に北朝鮮に対しては制裁をしている状態でありますが
北朝鮮=テロ組織の認定 北朝鮮に支援をする国=テロ支援国家ということで
北朝鮮に関わりの深い国に対しても、経済制裁を加えることを検討してみてはどうでしょう?
という提案なんです。
 このことを検討すると発表するだけでも、テロ支援国家に認定されそうな国は
拉致事件の解決に積極的になるのではないかという私の考えなんです。
77ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。