• 映画JOKERのネタバレあり感想

    2019-10-22 08:32
    映画JOKERの感想書こうとすると、どうしてもネタバレありになってしまう。
    でも感想書きたいからここに書く。
    映画見てない人は読まずに映画見に行ってね。










    以下重大なネタバレあり










    生きづらさの話

    まあ、終始そんな話。割と社会に生きるの辛いよねって気持ち。

    よく「ジョーカー=おまえら」みたいな感想あるけど、
    生きづらさを全く感じない人なんていなくて、
    「おまえら」じゃない人も、心のどこかにJOKERはいると思うの。
    「おまえら」な人も心が100%JOKERな人はいない。

    そもそもJOKERの対極であるブルースウェインも生きやすそうじゃないしね。
    みんな心にJOKERもいるしBATMANもいるさ、たぶんね。


    最後のオチ
    映画見てる途中までは、結局イチャコラしあって
    「なんだよ、結局リア充かよ、アメリカ映画はこれだから困る」
    ってなったよね。



    で、最後の「そこは妄想でしたー」で痺れたね…
    カタルシス開放だったね…


    たぶん、映像作品としては、
    「わかりにくい妄想シーン」というのはマナー違反だと思う。
    だって見てる側は「どこからどこまで妄想だったのか」というのがわからないもん。

    そこがJOKER
    劇中で表現された彼女との関係は妄想だと断言できるして

    ・TV番組中でマーレイを撃った
    ・マーレイの番組に招待される
    ・ゴッサムシティがピエロブームになっている
    ・地下鉄でからかってきたウェイン産業の社員を射殺した
    ・同僚から銃をもらった(同僚はその後のシーンで「そんなことしてない」と言っている)

    が、どこからどこまで妄想かわかんないのよね。

    結局、この映画丸々がダークナイトのJOKERの「口のメイクの理由の説明」と同じで
    適当なホラ話でぜーんぶ妄想というか、
    その場のノリで言い出した戯言というのも成立する。



    いやー、いい映画でごじゃった。

    いつも心にJOKERを…
    やめようサービス残業。(↓見てね)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm35821986
  • 広告