ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【コメ返し】おそ松さんたちが多分名前のせいでニートになってる、ってな話 その3.5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【コメ返し】おそ松さんたちが多分名前のせいでニートになってる、ってな話 その3.5

2015-11-20 13:59
  • 7
ぐーてんたーく、森堂です。


20日の朝になって記事管理ページ見たらびっくらこきました。

その3書いたときには申し訳程度に3桁閲覧あったレベルなのに、いきなり8000台後半まで来てたんだもの。


とにもかくにも、見ていただきありがとうございます!!
ただ……コメント見る限り割と批判的ですねみなさま。

もちろん森堂としても言論の自由は重要視してますから、それも貴重なご意見です。
(ただ豆腐メンタルなので↑が頭では分かっててもやっぱりどこか心が痛い)

まぁ当方もまだ駆け出しの身、まずは読んでコメントを書き込もうとまで思って下さった心意気に感謝、ですね。

して、コメントを見ておりますと、いろいろと説明とか補足をしたいことがございます。

ということで!

コメント返しをしようではないかと!
思った次第でございます。

さてさて、長ったらしい前置きはそのぐらいにして、始めていきたいと思います。
順不同で失礼します。

1.
>とどのつまりなんだが

>トド松は「椴松」と「とどのつまり」から来ているので、動物のトドではないと思います。。。

初耳です。ご教示ありがとうございます。
でも違うんです。そうじゃないんです。
由来の問題じゃないんです。

「とどのつまり」から来ていたとして、
《由来がどうあれ音が「トド」になっていることが問題》
なのでございます。

なぜなら、連想できてしまうから。

姓名判断には、連想ゲームみたいなところがある、とどこかのタイミングで書いた気がしますが、姓名判断において、由来や名付けの意図はぶっちゃけ大して問題にならないんです。


なんらかの由来があって意図があって、そうして出来た「名前」という、いわば《結果》だけを見ているんです。

でもってその「結果」が「トド松」。「椴松」でもなく「トド松」。

由来とは違うけども、「トド(動物)」が連想しうる名前だってこってす。

強引にまとめると、名前を付けるときには同音異義語にご用心、ってことですな。

2.
>ニートはそうやっていつも責任転嫁。何かのせいにして甘えたがる
>この記事のように

ニートじゃないけど個人的に耳に痛いな……

ともかくも、別におそ松本人とかが書いてるわけでもないし、かといって擁護してるわけでもないんだよなぁ……


というのも、もし、現実世界で六つ子から鑑定依頼が来て、この鑑定をやったという想定でいくなら、


色々とこれまでに挙げたような名前の問題点を挙げた上で、
行き着く先は名前変えろですからねぇ。

この「名前を変える」ということについての話もいつかしたいと思ってます。
予定は未定にして云々、ですけどね。

「名前が悪いから仕方ない」ではなく
悪いものを良いものに取り替えて道を開け」

というのが姓名判断のスタンスなのです。

甘えの口実にするための鑑定ではございませんで。


3.
>でもブロ主もニートなんでしょ?

姓名鑑定士DEATH☆


4.
>二男に「イチロー」と名付けて、一流の野球選手に成った例が有るのですが、それは?

上の3件は「その2」、こちらは「その3」へのコメントになります。

名数順不一致の件ですね。コメントの方に返信もしましたが、一応こちらにも。

このコメントを読んで正直「良い質問ですね〜!」
と言いたくなりました。

いや、わたくしの説明の不十分さによるところですが。


とりあえず、結論から言ってしまうと

姓名判断だって占いですから。
の一言に帰結します。

当たるも八卦当たらぬも八卦という言葉もあるように、占いというのは当たり外れのあるものです。

姓名判断は占いの中では精度の高いものですが、それでも100%ということはありません。

前回も引用した「俺の占いは三割当たる」という名(迷?)台詞がありますが、
無限の可能性の中から特定のひとつの未来を30%の確率で当てるって考えたらけっこう凄いことですよ。
素人があてずっぽうでやったら0.000000……01%しか命中させられない技を30%で当てるようなもんなわけですから。

それについては、占う未来の規模にもよりますけどね。

ちなみに、標準的な姓名判断の精度はモノにもよりますが60-80%、私の流派の中心的な鑑定士さんで80-85%といいます。
流派の開祖、森堂の師匠の師匠のそのまた師匠とかそういうレベルの方となってくると、9割を超えてくるとかなんとか。

さて、イチローさんの話。

そういうわけなので、姓名判断はあくまで「占い」の域を出ないもの。
なので、100%そうなる、ということはないわけです。

精度はいろいろありますが、あくまで「傾向」程度のもので、本人次第でどうとでもなります。

精度に限界があるからこそ、可能性があるわけです。
「名前が悪いから、もうお前には不幸な人生しかありえない」とか、
そういうことはないわけです。

でも、逆に「良い名前だから、確実に人生イージーモード♪」ということもありません。
結局、最終的なところは本人にかかっているんだ、と。

これを占いという体系の「欠陥」とみるか「救済措置」とみるかは人それぞれでしょう。

ただ、もし別の名前だったら例えば、かのベーブ・ルースに並び立つ、あるいはそれを超えてくるようなもっともっとすごい伝説の選手になってたかも、という見方もあるっちゃあります。 いまのままでもかなりレジェンドだとは思いますけど。
(野球はあんまり詳しくないんです、すまんな……)



ということで4件ほどコメントに返信させていただきました。
思った以上に自身の勉強にもなりますねコレ。いやーありがたいなぁ。

コメント返しは、また何記事か書いてコメントがでてきたらやりたいと思います。

といったところで今回はこのくらいにしておきます。

予定を変更してコメント返しをお送りしました。次こそ「その4」です。
あと、「おそ松さん」の次のネタの目星もつけました。ファンブルにならないといいなぁ。

では次回までごきげんよう。森堂でした。

広告
×
運営が上で流してるから人が集まる
69ヶ月前
×
なかなか面白い
69ヶ月前
×
占いは全ての語尾に「~かもしれない」とか「~の可能性が高い」を付ければいいと思います
でもおそ松さんのビッグウェーブに乗っかっていくのは全然悪いことじゃないと思います
69ヶ月前
×
面白いブログだからもっとやってほしいわ
69ヶ月前
×
腐女子といい、なんでこんなに考察好きが集まるのかね。まあ原作者が何も考えずに適当にやったことを誰かが勝手に深読みして空回りしてるのはよくあることか。
69ヶ月前
×
面白いです。ふと魚屋さんの娘だからとと子(魚魚子)ちゃんっていうのもアウトなのかなと気になりました。
あと生物じゃなくて植物の場合はどうなんでしょうか?最近だと楓ちゃんとかよく見ますけど
69ヶ月前
×
キャラクターの名前というのも結構重要かとおもう
なにより本家では主人公たるおそ松兄弟の人気ががイヤミやらチビ太に食われているわけで、おそ松兄弟に人気があんまりなかった結果でしょう
67ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。