ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

今日から始めるニコ生ゲーム実況~必要なもの編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今日から始めるニコ生ゲーム実況~必要なもの編

2013-04-24 01:42
  • 1
★2013/05/02 22:30 接続端子について追記


4月からの新生活にも徐々に馴れて
「連休辺りからニコ生でゲーム実況デビューしてみたい!」
…と思う人もいるかもしれないそんな人のために

「ニコ生でゲーム実況するのに何が必要なの?幾らお金かかるの?」

というのをかなりざっくりと説明しようと思う。
なお紹介した製品の価格はこの記事を書いてる時点での価格なので
価格変動したり製造中止になったりということがあり得るのでご理解ください

超初心者向けの解説を心がけてはいますが、
配信に関する基本的な事は
【VIPで初心者がゲーム実況するには @WIKI】
http://www18.atwiki.jp/live2ch/
を見よう。
実況や配信を始めるにあたって必要な事は9割方ここに書いてある。
困ったらまずここを読むこと。

ということでまずは「配信するゲームの機種を決める」事から。
理由は「配信するゲームのハードによって必要なモノが全く違うから」

1・PCゲーム
2・PS3、XBOX360、WiiU等のHD画質のゲーム機
(HDMIケーブルで接続可能なゲーム機と考えておk)
3・PS、PS2、wii、GC、N64、DC、SSなどのSD(標準)画質の旧世代機
(コンポジット接続[赤白黄のケーブル]できるゲーム機と考えておk)
4・携帯ゲーム機
(PSPは2000以降の型番ならケーブル用意すれば上の旧世代機に準ずる)
5・スマホゲーム

大まかに分けるとこんな感じ。

★必要なもの

ニコ生でゲーム実況配信する場合、
・「ゲーム機」
・「PC & インターネット環境」
・「マイク & ヘッドホン」
・「キャプチャーボード」

・「ニコニコプレミアム会員登録」

最低限これだけあればニコ生でゲーム実況配信はできる。
さすがにPCとゲーム機は既に持っていると思うので残りを個別に解説。

●「マイク & ヘッドホン」
なんといってもマイクがなけりゃ音声入力できない。
もっとも、配信に声を入れる予定がないなら要らないが。
さらにヘッドホンが無いとスピーカーからの音を
マイクが拾ってループしてしまうのでヘッドホンも必須。

予算を抑えるならELECOMやBUFFALO辺りから出てる
500~1000円くらいのヘッドセットがあれば両方クリアできる。

ただし音質は入力・出力共に価格相応。
正直2000円以下のヘッドセットには性能差はあってないようなもの。

個人的にはマイクは「ECM-PC60」を推したい

私が使っているのは旧型のECM-PC50だが
それまで使っていた安物のマイクやヘッドセットとは雲泥の差があった。
基本的にニコ生の配信でも実況動画でも、
「予算に余裕があれば真っ先に金を掛けるべきなのはマイクとオーディオ」
というのは覚えておくといいと思う。

ヘッドホンはHP-RX500を私は使っている。

私の用途ではこれぐらいあれば充分だった。
ヘッドセットの場合、ヘッドホン部分かマイク部分の
どちらかが故障すると丸ごと交換しなければならないので
個人的にはバラで用意するのを推奨したい
ただヘッドホン自体の性能は視聴者には全く関係ないので
100均のイヤホンでも↑の格安ヘッドセットでも
要は「マイクがスピーカーの音を拾わない環境」であれば問題はない。


●キャプチャーボード
やりたいゲームが上の
2・「PS3、XBOX360、WiiU」等のHDゲーム機
3・「PS、PS2、wii、GC、N64、DC、SS」などのSD(標準)画質の旧世代機
4・「PSP」(2000以降の型番)
の「赤白黄のケーブル(コンポジット)で接続できるゲーム機」であれば
GV-USB2」があれば配信はできる。

そしてこの場合、必要な機器は基本的に「以上で終わり

ただ、HDゲーム機をGV-USB2等の非HDキャプチャーで取り込むと
解像度の問題から画質も劣化し小さい文字を読むのが大変になるが、
ニコ生で配信する限りは画質面での制限がキツいので、
動きのあるゲームの場合それほど劇的には変わらない。

ただ、コンポジットとS端子ケーブルでは画質に結構な違いが出るので
可能であれば各ゲーム機ごとにS端子ケーブルを用意しておきたい。
1台のゲーム機あたり1500円~2000円程度で買えると思う。

(追記&備考)───────────────────────
●接続端子の話
基本的には
コンポジット(赤白黄)→S端子→D端子=コンポーネント→HDMI
の順で画質が良くなる。

コンポジットとS端子では文字の滲みなどでかなりの違いがあるが
S端子とD端子ではそこまで劇的な変化は無い。
D端子はコンポーネント端子の日本版だと思ってよい
中身はほぼ同じなので互換性があり、変換コネクタなどで簡単に変換できる。
その他細々とした事は以下の解説を参照。

キャプチャーボードの選び方
 解説ページ
http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/169.html

端的に言えば、
「コンポジ→S端子」「D端子(通常画質)以下→D端子(HD画質)またはHDMI」
にはケーブルを買い換えたりキャプチャーボードを買い換える価値はあるが、
「S端子→D端子(通常画質)」「D端子(HD画質)→HDMI」
そこまで劇的な変化がないのでわざわざ買い換える程ではないと思う。
特に「GV-USB」を使う場合は是非ともS端子ケーブルは用意した方が良い。

要注意として、分配器やAVセレクターなどを使った場合
接続するケーブルの端子は全て統一する必要がある。
途中からS端子で途中からD端子などは無理。
───────────────────────

やりたいゲームが上記以外のゲームの場合
1・PCゲーム
必要なもの:高いPCスペック(要ビデオカード)
不要なもの:キャプチャーボード
やるゲームによるが「ゲームをプレイしながら(圧縮して)ネットに配信」
するので、ゲームの推奨動作環境+配信に耐えうる高いPCスペックは必要になる
もちろんビデオカード(グラフィックボードとも言う)等も
ほぼ必須なのでノートPCでは相当高級品でなければ厳しい。

逆に家庭用ゲーム機の配信しかやらないのなら
Core2Duo程度のCPUを積んだPCで充分。ビデオカードも特に必要ない
GV-USB2のようなUSBキャプチャを使うならノートPCでも充分いける。

2・PS3、XBOX360、WiiU等のHDゲーム機の「HD画質」での配信
必要なもの:HDキャプチャーボード、HDMIケーブル、拡張スロットの空き
あると良いもの:分配器、Game Switch(HDCP回避策)など
HD画質で配信したいならHDキャプチャーボード(とHDMIケーブル等)が必要。
ただし外付けのHDキャプチャーだとHDCPという著作権保護技術的な問題で
機器によっては結果的に総額数万円単位の出費が必要になる事もある。
内蔵型のHDキャプチャーボードは安物であれば1万円以下の出費で
抑えられるが、設置や設定など使いこなすのに敷居が高い。
つまり基本的に内蔵型が利用できないノートPCの場合
HD画質での配信は非常に敷居や費用が高くなるので基本的にオススメしない
またHDキャプチャーボードには、
「録画用としては有用だが生配信では全く使えない」商品が幾つかあるので
購入の際は要確認である。

4・DS、3DS、PSvita等の携帯ゲーム機
必要なもの:webカメラ or カメレオンUSB(偽トロ)キャプチャ
不要なもの:キャプチャーボード

ゲーム機が外部映像出力に対応してないため、webカメラで画面を撮影する(直撮り)か
カメレオンUSB(偽トロ)キャプチャ」等で画面を取り込む事が必要になる
画質は後者のが良いが本体改造加工を要する為、費用も敷居も非常に高くなる
加工業者へ本体を送って改造して貰う場合、3DSだと工賃だけで2万円位必要になる
本体ごと用意するなら当然+αでハード本体代金がさらに必要になる。
自前で改造できるなら安く上がるが加工に失敗すれば最悪本体がパーになる。
当然だが、いずれも故障するとメーカー修理に出せなくなるので色々と覚悟が必要。

5・スマホゲーム
必要なもの:スマホの画面をPC上に出力する装置
私は完全に専門外だが、キャリア毎にやり方が大きく変わるようなので
「持ってる機種名+パズドラ+実況」辺りのワードで検索すると案外見つかる

(追記&備考)───────────────────────
●キャプチャーボードの遅延(ラグ)について
よくキャプチャーボード選びの際に、購入者のレビューなどで
「(映像の)遅延が~」や「ラグが~」という書き込みを見て
商品の選択に迷う場面が多々あると思う。(私もそうだった)

厳密に言えば遅延やラグはどのキャプボでもゼロになる事はないし、
キャプチャーボードによって千差万別なので一概には言えないが
少なくとも「GV-USB2」に関して言えば
使用してから一度も映像の遅延を体感した場面は無かった。
恐らく対戦格闘ゲームや音ゲーや弾幕シューティングなどの
フレーム単位での入力がシビアなゲームでもやらない限りは
キャプチャーボード由来の遅延やラグが体感出来る人は非常に少ないだろう。

ちょっと専門的な話になるが
キャプチャーボードの遅延の原因は実は映像よりも音声の方が影響が大きい。

(参考)あまラボ~キャプチャカードによる遅延は映像より音声の方が大きい
http://amalabo.blog35.fc2.com/blog-entry-193.html

アマレコTVの作者のブログなのだが、アマレコTVをオススメする
理由の一つがこの音声遅延対策にある。
私は以前使っていた古いキャプチャーボードが
記事にあるような時間経過と共に音声が徐々に遅延していく症状に悩まされ
記事最下部にある「ライン入力で音声を取り込む」方法を採っていた。
GV-USB2」+アマレコTVの組み合わせにしてからは
キャプボ経由で音声を取り込んでも遅延やラグを感じた場面は殆ど無かった。

「殆ど」と書いたのは、以前「みんなのリズム天国」(wii)を使って
「ライン入力とGV-USB2と両方から音声を取り込んで同時に鳴らして比較」
してみたところ、本当に僅かながらGV-USB2の方が遅れていた。
ハッキリと音のズレが認識出来るぐらい遅延があったので
これはゲームにならないのでは?…と思ったのだが、
GV-USB2経由で音声を取り込み、問題なくエンディングまで到達できた。
むしろ一度そちらに慣れてしまうとライン入力から取り込んだ音声では
タイミングが合わずにやり辛ささえ感じた。

参考になるかは分からないが、リズム天国ぐらいのゲームであれば
GV-USB2で遅延やラグは慣れで補正できる範囲内だった。
(あくまで私個人の感覚)
RPGやシミュレーション、アクションやアドベンチャー辺りのゲームでは
全く遅延を感じた事は無い。

なので、遅延やラグで買うのを躊躇している人も居ると思うが、
GV-USB2を使っていて、遅延やラグでゲームができないのであれば
正直、分配器を導入してブラウン管のテレビに繋ぐぐらいしか手がない。

最終的には遅延やラグというのは「体感」つまり「個人差が大きい」のだが
「ソフトウェアエンコード」形式の現行製品のキャプチャーボードでは、
恐らくだが遅延具合にそれ程大きな違いはないと思う。
余程古い製品なら別だが、今使っているキャプチャーボードで
遅延やラグを感じるからとGV-USB2に買い換えたら
劇的に改善するかといえば、恐らく期待する程の効果は得られないだろう。
接続や設定、↑に書いた音声関連をチェックした方が良いと思う。

───────────────────────
●ニコニコプレミアム会員登録
基本的に月額525円の有料会員にならないと
ニコ生でユーザー生放送する事ができない
ので登録は必須。
詳しくは下記参照
https://secure.nicovideo.jp/payment/registration



★結論

とことん安く済ませるなら
HS-HP10SV(約500円)+GV-USB2(約3500円)=約4000円+プレミアム会員525円
合計4525円

マイクとヘッドホンをある程度良くしたい場合なら
マイク「ECM-PC60」約2800円+ヘッドホン「HP-RX500」約2300円+GV-USB2(約3500円)
=約8600円+プレミアム会員525円
合計9125円

マイクだけ良くして音はヘッドセットで我慢すると
マイク「ECM-PC60」約2800円+ヘッドセット「HS-HP10SV(約500円)」+GV-USB2(約3500円)
=約6800円+プレミアム会員525円
合計7325円

これにS端子ケーブル代:+1500円程度が加わるかどうかである。
これだけあればニコ生でゲーム実況は可能だ。
あとはPC側の設定やソフトの組み合わせだが
基本的には全て無料で揃えられる。
「より音質を上げたい。より高画質で配信したい」など
要求が増えれば必要な機材や有料ソフト等も出て来るが
「とりあえずニコ生で実況デビューしてみる」事がまずは大事

初心者の人なら最初は「ヘッドセット+GV-USB2」の組み合わせで試してみて
いろいろ理解が深まって配信にも慣れてきたら、
マイクの交換、HDキャプチャーボードの購入、PCのスペックアップ、
携帯ハードのキャプチャ、オーディオ関連の強化などの
新しくやってみたいことに挑戦していくのがいいんじゃないかなと思う。

「PCとゲーム機さえあれば4000円くらいでニコ生ゲーム実況デビューできる」

ということさえ分かっていれば最初は充分!

必要なソフトについては次回説明します。
ではまた





広告
×
失礼します。先ほどのリプのpcでPS3をHDMIで接続して分配器を使いpcのキャプボともう一つのモニター(ラグ回避して自分で見るため)にそれぞれHDMIで接続しています。そしてこれをアマレコに映して配信しています。アマレコに映すだけなら問題ないのですが、配信するとpcが落ちてしまいます。どういうことかというと配信ソフトはNLEだと配信してる途中で必ず数分してブルースクリーンになって落ちてしまいます。そこでOBSに変えて配信してみるとNLEより長くは配信はできるんですが今度は途中でpcがフリーズして何も操作できなくなり強制的にpcをシャットダウンするしかなくなります。これらの原因と、どうしたらこの状態を改善できるか教えてほしいです。ちなみに艦これのようなブラウザゲームをやりながら配信してるときは5枠ほどやっても特に問題ありません。よろしくお願いします。
69ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。