ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

今日から始めるニコ生ゲーム実況~用意するソフト編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今日から始めるニコ生ゲーム実況~用意するソフト編

2013-04-26 14:44
    ★2013/04/28 01:25 詳細解説追加

    ■用意するソフト編──────────────────────

    前項の「必要なもの編」で最低限の機材は準備できたと思う。
    一応前項で「マイク&ヘッドホン」と「キャプチャーボード」は
    準備できてるものとして話を進めるのでよろしく。
    なお紹介するのは全て無料のソフトだ。

    ニコ生でゲーム実況をする際には
    キャプチャーソフト」か「デスクトップキャプチャソフト」で
    映像や音声を取り込み、「エンコーダーソフト」で配信すると
    高画質なゲーム実況が簡単にできる。

    それぞれ、簡単で使い勝手の良いソフトとしてオススメなのは
    キャプチャーソフト:「アマレコTV
    デスクトップキャプチャ:「SCFH DSF
    エンコーダー:「Niconico Live Encoder」(以下NLE)
    が挙げられる。
    この3つのソフトがあれば高画質ゲーム実況配信が出来る。
    ソフトの選択肢は複数あるが、
    今回は便宜上、私が実際に使っているソフトのみ紹介する。
    まとめwikiには他のソフトの解説記事もあるのでそちらを参考に。

    インストールや設定に関しては私が解説するより
    wikiにとても丁寧な解説があるのでその方が早いし正確だと思う。

    ■具体例──────────────────────

    必要なソフトの組み合わせを前項の配信ハード種類に合わせて解説する

    1・PCゲームの場合
    主な方法としては以下の3つがある

    A・「SCFH DSF」でゲーム窓を指定して「NLE」に表示させて配信
    必要なソフト:「SCFH DSF」+「NLE」


    B・直接「NLE」でゲームウインドウや座標を指定して配信
    C・ 「NLE」のDirectXキャプチャー機能で直接ゲーム窓を指定して配信

    必要なソフト:「NLE」

    いずれの場合もPCゲームの場合は前述の通り「アマレコTV」は不要だ。
    B、Cの場合は「SCFH DSF」は不要だがあって損はしないので
    ついでに入れておくと便利だ。詳しい解説は↓参照

    「SCFH DSF」解説ページ
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/206.html

    「Niconico Live Encoder」解説ページ
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/327.html

    なお細かいトラブルを避ける為に、慣れるまでは
    「PCゲームソフト」→「NLE」→(必要なら)「SCFH DSF」の順に起動すると良い
    (SCFH DSFはNLEに関連付けて起動させるのを忘れないように)

    ★手順──────────────────────
    上記「A」の場合
    まず「SCFH DSF」で、既に起動している
    「PCゲームソフト」の座標かウインドウを指定。
    その後「NLE」のwebカメラ機能で「SCFH DSF」を取り込む

    上記「B」の場合
    「NLE」の画面キャプチャー機能を使って既に起動している
    「PCゲームソフト」の座標かウインドウを指定する。

    上記「C」の場合
    「NLE」DirectXキャプチャー機能を使って
    既に起動している「PCゲームソフト」直接取り込む

    PCゲームをDirectXキャプチャー機能で取り込めるかどうかは
    「ゲームによる」としか言えないので、
    無理であれば他の方法を使うしかない
    ──────────────────────
    ───

    2・PS3、XBOX360、WiiU等のHD画質のゲーム機
    3・PS、PS2、wii、GC、N64、DC、SSなどのSD(標準)画質の旧世代機
    4・携帯ゲーム機(PSP)

    必要なソフト:「アマレコTV(ライブ機能ON)」+「NLE」

    こちらは全て「アマレコTV」でPC上に表示させ「NLE」で配信する。
    「アマレコTV」のライブ機能は使用可能にしておくと便利だ。
    前述の通りHD機の標準画質(SD)配信は画質が低下し文字が読み辛いが
    ニコ生は(簡単に言えば)画質面での制限がキツいので
    あまり神経質になる必要はない。
    なお「アマレコTV」の設定や解説は↓参照。

    「アマレコTV」解説ページ
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/229.html

    GV-USB2での「アマレコTV」設定例
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/291.html#id_a6a818cf

    ニコ生用「アマレコTV」ライブ機能の解説
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/277.html
    (必須ではないが、使えるようにしておくと激しく便利なので推奨)

    当然「NLE」も必要になるのでNLE解説ページも熟読すること。
    「Niconico Live Encoder」解説ページ(再掲)
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/327.html

    なお細かいトラブルを避ける為に、慣れるまでは
    「アマレコTV」→「NLE」→「ゲーム機の電源」の順に起動すると良い

    ★手順
    ──────────────────────

    「アマレコTV」
    
    にゲーム機の映像が表示されている事を確認し
    「アマレコTV」のライブ機能を使えるようにしておく。
    その後「NLE」のwebカメラ機能で「アマレコTV」を直接取り込む

    (またはPCゲーム配信例「A」のように)
    「SCFH DSF」で、既に起動している
    「アマレコTV」の座標かウインドウを指定。
    その後「NLE」のwebカメラ機能で「SCFH DSF」を取り込む
    という方法でも配信は可能。
    ─────────────────────────
    補足□
    前述の「PCゲームのDirectXキャプチャー機能での直接取り込み」や
    「アマレコTVのライブ機能をONにして直接取り込む」場合と
    そうでない場合との違いは
    「ウインドウの前に別なモノが被さったり
    ウィンドウが最小化されるなどしても配信画面に影響はない」
    という点だ。
    直接取り込むと、誤操作等で写したくないものが
    配信に乗ってしまう可能性が無くなるなど、とても便利だ。
    可能であれば直接取り込んでしまおう。
    ─────────────────────────
    5・スマホゲーム
    専門外なので割愛。ただ最終的にはNLEを使う事が多そうなので
    NLEの解説は読んでおくこと。



    厳密には全てが必要なソフトではないのだが
    要するに「簡単に人並みレベルの高画質な配信ができる」し
    「少し配信になれたらどのみち使いたくなるソフト」なので
    なら最初から用意してしまえばいいという事でこの3つを紹介した。

    ここまでの設定が上手くいっているなら、
    NLEのプレビューにゲーム画面が表示できているはず
    (まだ配信テストまではやらなくてもよい)

    次はマイク音声をゲーム音と一緒に放送に乗せる方法だ。
    よく「ステレオミキサー」「ステミキ」「ミキサー」等と言われ、
    初心者がよく躓くポイントなのだが、
    要は「どこで(音声を)混ぜるかと、それに合わせ適切な設定をすればいい」だけだ。

    <1> PCのサウンドデバイスに「ステレオミキサー」を用意してPC上でmixする
    <2> アマレコTVのミキサー機能を使ってアマレコTV上でmixする
    <3> NLE上でmixする

    主にこの3つの方法があるが、環境により使える方法と使えない方法がある。
    OSがXPの場合、基本的に<1>を選ぶのがいい
    マイクの接続端子がUSBの場合<1>は使えない
    オンボードのサウンドデバイスにステレオミキサー機能が無い場合や
    マイクミュート解除機能が無い場合、<1>は使えない

    詳しくはステレオミキサーの基礎の解説ページを読むとよい
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/151.html

    ちなみに私の場合は
    XPの時は<1>のステレオミキサー、7の時は<3>の方法で配信している。
    恐らくOSが「Vista以降」であれば<3>が最もお手軽だろう。
    設定は↑にあるNLEの解説ページと関連ページを読めば簡単。

    ここまで来ればあとはニコニコ生放送で放送を始めるだけだ。
    その為には「コミュニティ」を作り「放送枠」を取り
    NLEを使って配信開始」をすればいい。
    その辺りは↓の解説を読めば簡単だろう。
    http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/183.html#id_939e87a3

    ということで拙い解説だと思うが
    これで「ニコ生ゲーム実況デビュー」はなんとか達成できるはず。

    ニコ生は「習うより慣れろ」だ。
    もちろん調べるのは大切だが、最低限の事を調べたらまずは実践。
    試行錯誤を繰り返し、他の生放送を見てコツを盗み
    やりたい事とやれる事を徐々に増やしていけばいい。
    最初から人気者だった生主も最初から完璧な放送だった生主もいない。

    続きは未定だが「あると便利なツール類」を紹介したいと思う。
    ではまた。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。