ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「偽トロ(偽トロキャプチャ)」という名称が使えなくなる?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「偽トロ(偽トロキャプチャ)」という名称が使えなくなる?

2013-05-21 14:12
  • 3
【お知らせ】当記事は訴訟案件となる可能性があります。
詳細については下記の記事をご覧ください。

株式会社ケイティ様へ~偽トロ商標記事に関する訴訟について~
http://ch.nicovideo.jp/usi_930/blomaga/ar237209

つきましては当記事は基本的にヘッダ部分等を除いて当面の間は編集を凍結し、
書き込まれたコメントについても今まで通り削除させて頂きます。

なお、法的な手続きに何らかの進展がありましたら
差し障りの無い範囲で大まかな経過はご報告させて頂きます。

===========================

「そもそも偽トロキャプチャて何よ?」という方は↓参照。
ニコニコ大百科の偽トロキャプチャの解説
http://dic.nicovideo.jp/id/4294424
簡単に言えば
(DSや3DSやPSvitaなどの)映像の外部出力機能が無い
携帯ゲーム機本体に改造を施し、外部出力機能を付与した状態の
携帯ゲーム機本体の総称」であり、
DSや3DSやPSvitaなどのプレイ動画、実況動画、生配信する際に
あると非常に便利な一品である。
より詳細な解説はこちら↓
http://overclockedmods.net/archives/16757870.html
http://www51.atwiki.jp/3dscapture/pages/25.html

これは所謂「のまネコ問題」や「ギコ猫騒動」と同じく商標登録に関する話である。

まずは商標登録申請がこちら
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_DETAIL_A.cgi?0&1&0&1&1&136910233418715504395060

(210) 【出願番号】 商願2013-1814
(220) 【出願日】 平成25年(2013)1月16日
    【先願権発生日】 平成25年(2013)1月16日
    【最終処分日】
    【最終処分種別】
    【出願種別】
    【商標(検索用)】 偽トロ
(541) 【標準文字商標】 偽トロ
(561) 【称呼(参考情報)】 ニセトロ,ギトロ
(531) 【ウィーン図形分類】
(731) 【出願人】
    【氏名又は名称】 株式会社ケイティ
    【類似群コード】 11C01 11C02 24A01 24E02 26A01 26D01
    【国際分類版表示】 第10版
(500) 【区分数】 1
(511) (512) 【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
9 電子応用機械器具及びその部品,通信回線を利用してダウンロード可能な電子計算機用プログラム,家庭用テレビゲームおもちゃ,録画済みDVD・ビデオテープ・ビデオディスク及びCD-ROM,電子出版物


つまり今後、この商標登録申請が通れば、
「偽トロ」「偽トロキャプチャ」等の名称が自由には使えなくなる可能性があるのだ。
「のまネコ問題」や「ギコ猫騒動」に関してはいろいろな記事が既に世に出ている。
http://www.webhistory.jpn.org/archives/70
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%83%8D%E3%82%B3%E5%95%8F%E9%A1%8C
この辺りが参考になるかもしれない

具体的にどうなるかといえば(あくまで想定だが)
・携帯ゲーム機の改造・取付工程の代行業者が「偽トロ」等の名称を利用できなくなる
・携帯ゲーム機の改造・取付工程の代行業者が類似製品を販売できなくなる
・部品を調達し、自力で改造・取付した自作改造ゲーム機を「偽トロ」等と呼称できなくなる
・申請者以外の代行業者から購入した改造ゲーム機を「偽トロ」等と呼称できなくなる
・申請者から製品を購入した消費者が「偽トロ」等の呼称を利用する際に
 商標登録マークの記載を求められる場合がある
・上記のケースに対して差し止めや損害賠償請求、刑事責任追及などを行うことができる
ということになる「可能性があるかもよ?」という話。
実際にどうなるかは権利所有者の一存で決まる。
現時点では商標登録はまだされていないので大丈夫だが
申請が通った後で上記のような商標権の侵害が起きた場合、
申請が通った時点まで遡って賠償や返還請求が出来るので
ある日突然警告書と巨額の請求書が届く」なんて事も十分起こり得る。

件の申請者は偽トロキャプチャの製作代行業では大手というか
Googleで関連ワード検索すれば最初に引っ掛かる通販サイトの運営者なので
既に「偽トロ」を購入・導入・自作、製作代行を検討した事のある人なら
知らない人はいないくらい名前が知られている。

一方で、記事の最初に書いたニコニコ大百科の掲示板等を見る限り
今回の申請行為に加え、ゲーム機本体の改造で営利活動をしている点や
同業者との軋轢やその他の言動などでいろいろ批判を受けている面もあるようだ。

私個人はいずれの立場に与するつもりもないが
「偽トロ」という名称が使えなくなることについては
配信者や視聴者として他人ごとではないし
ある日突然巨額の賠償請求なんてされたらたまったものではない。
実際に今回の申請者は同業他者やその予備軍に対して
「商標登録申請中」を理由に警告や賠償請求を既に行なっている。
https://twitter.com/kei_taiari/statuses/307503885143117824
https://twitter.com/to_katsuki/status/290435785352679424
割と高確率で「そうなる可能性がある」という事は
知っておいて損は無いと思う。

仮に権利所有者や申請者が
「今後、個人の名称利用に対して
一切の賠償や差し止めの請求をしない(予定もない)」
等と宣言するのであれば、その点(個人利用)においては安心だが。
現時点ではあくまで「可能性」や「リスク」があるよという話。

掲示板やブログ等の関連記事をサラッと追っていくと、
今回の申請で指摘されている点や問題になりそうな点は以下の3つか。
・申請者は、一連の改造作業工程を考案・確立した人物ではない
・申請者は、製作に必要不可欠とも言える偽トロの心臓部である
 「カメレオンUSB SPA3」というパーツの開発・製造者ではない
・申請者は、「偽トロ(キャプチャ)」という名称の考案者ではない
なお、カメレオンUSB SPA3については↓参照
http://optimize.ath.cx/cusb_spa3/

一方でこれらの指摘には
・申請者は、一連の改造作業工程を考案・確立した人物ではない
→特許ではなく単なる商標登録である以上、
 現時点では元の工程との同一性を証明するのは難しい。
・「カメレオンUSB SPA3」というパーツの開発・製造者ではない
→カメレオンUSB自体の特許申請等なら問題だが
 「ゲーム機本体に取り付けた状態での呼称」であれば問題無いのでは?
 また共同開発者の一人という主張もあり、事実関係は開発元に聞かねば分かるまい。
・申請者は、「偽トロ(キャプチャ)」という名称の考案者ではない
→創設・開発・考案者でなくとも申請・登録されている商標は幾らでもある。
(ちょっと前に「阪神優勝」とか「がんばれ日本」の商標登録が
問題になった事があったので覚えてる人も多いだろう)

という反論もあるだろう。

商標登録や特許というのは基本的に「先願主義」だし、
申請すること自体に問題は何もないし今回の申請も合法である。
むしろ今まで申請していなかった方が悪いといってしまえばそれまで。
逆に、需要を見越して必要な権利関係を先に押さえ
シェアの独占を図るというのは商売上当たり前のことだ。
商売は生き馬の目を抜く世界。
多少批判を浴びた所で利益を確保してしまえば勝ちだ。

反面、この手の
「あまり大っぴらにはできないハードウェアやソフトウェア技術」
というのは、いろんな意味で「持ちつ持たれつ」であり
割と閉鎖的なコミュニティであることが多い。
そうやって既に形成されたコミュニティを打ち壊して
利益や権益の確保に動けば反発を招くのは仕方がない面はある。

どちらが悪い・正しいではなく、世の中はそういうものだ。
リスクとリターンを天秤に掛けてどちらを選ぶかという話だろう。

申請が通るまでには大抵半年から1年ぐらいの審査期間がある。
実際に申請が通るかどうかは私は専門家ではないので分からないし
その可能性についてもこれ以上の言及は避けたい。

現実問題として、別な新しい名称を考案する必要がありそうだが、
「偽・偽トロキャプチャ」や「似非トロキャプチャ」辺りは
類似名称として商標権に引っ掛かりそうなので多分却下だろう(笑)
そうなると
「カメレオンキャプチャ」
「オプティマイズキャプチャ」
「SPA3キャプチャ」
辺りになるのだろうか。

いずれにせよ、「偽トロキャプチャ」という名称が
今までのように自由には使えなくなる可能性があるのは確かだ。
今後の動向を見守りたい。

繰り返すが、私個人はいかなる立場や主張にも与しないし
議論や論戦をするつもりも無い。

なお、本記事に対するご意見やご感想を
コメントとして頂くのはありがたいのですが、
議論に発展するような内容、誰かを誹謗中傷する内容や
いずれかの立場や意見を正当化するような何らかの主張
私への質問や議論のお誘い
などの類はコメント頂いても全て削除させて頂きます。

本記事は商標登録申請の取り下げや商標権取り消しを扇動したり
それを意図するものではありません。
あしからず。
-----------------------------------------------------
但し書きを見落としておられるのか、読んでおられないのか
ご本人様からのコメントがあり削除しました。
見落としの可能性を考慮して強調表示しておきます。

また、細々と加筆修正はしています。
前回読んだ時と中身違う!?なこともあると思いますが
その点ご了承ください。

広告
×
但し書きが読めないのか、
当事者様からコメントがありましたので削除しました。
以後同様の対応を取ります。

私はいずれの立場や主張にも与しません。
何か主張したことがありましたらご自分のサイト等で存分にどうぞ。
97ヶ月前
×
株式会社ケイティの社長さん、登録商標に自分の親や親族の名前登録されてたら如何するんだろうね?
少なくても登録商標してないよね?

普通に考えたら分るけど、誰も登録してないからやるとかそう言う意味なんだよね?
俺は断言していいけど、たぶんやらなければ”よかった”とかの結果になりそうだねw
68ヶ月前
×
個人が販売していたわけじゃないから先使用権はこの場合適用されないのかな…
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。