ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

立夏さん のコメント

何で噛まれたほうが好きになったんw
No.1
88ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
はじめに 毎度恒例の前置きですが 私は農業系の高校や大学、専門学校の出身ではないので 実際に学内生活や寮生活がどうなっているのかは分かりませんし、 原作も読んでいないのでこの先の展開なども知らないです。 あくまでアニメ版「銀の匙」を見ての個人的な感想や 実際に現場ではどうなのか?など補足説明的なお話もしたいと思います。 なお原作者の荒川先生が農家のご出身である事は存じております。 記事内では細かい指摘が増えてしまいがちなので 揚げ足取りのように見えてしまうかもしれませんが 作品を貶める意図はありませんのでご理解ください。 と、段々長くなる前置きはここまで。 --------------------------------------------------------------------------------------------- 銀の匙・第2期2話の感想などです。 放映スケジュールや仕事の都合上、記事の更新が遅いのはご容赦ください。 第2話で気になったシーン ゴミの不法投棄 これは場所にもよりますが結構あります。 回収が有料な大型ゴミや家電や家具、タイヤ辺りが多いですね。 たまーにですけど「明らかに業者だろこれ」ってのも… 田舎ならいいやと思っているのかヽ(`Д´#)ノ 農家のペット 犬や猫を飼ってる所は多いですが、 知っている農家さんを見てると犬よりは猫が多いでしょうか。 やっぱり猫の方は基本放置でいいので犬ほど手間やコストが掛からないですし。 鼠対策に飼ってる人も居ると思いますけどね。 犬のしつけ 私は小さい頃から犬が苦手なので知りません(キリッ 我が家に犬いますけどね。私は触れませんし近寄れませんw 親によると餌でしつけるのが一番楽だし早いらしいです。 直腸検査 実は私、牛の肛門から手を突っ込んだ経験はあまり無くて お産の時に子宮から手突っ込んで子牛の手足探ったり、 子牛を引っ張りだす為の紐を括りつけたりはしたことありますけど、 あと子宮脱を起こした牛の子宮を獣医さんが来るまで子宮に押し込んでたりとか。 ここら辺が農業系の学校を出てない弱みでしょうか…w 直腸検査はいろいろありますが主に繁殖関係でやることが多いです。 最初に糞の除去とガス抜きをして、その後触診します。 糞があるときちんと触診できないですからね。 牛の子宮や卵巣などは直腸のすぐ下にあるので腸壁越しに触れます。 最近の繁殖検診は触診ではなくエコー検査が多いですが、 機械を手に持って直腸から突っ込むので手順的にはあまり変わりません。 種付けの時も肛門から片手を入れて子宮頚管(けいかん)を持ち上げ もう一方の手で肛門じゃない方の穴に入れた細長いストロー状の管 (中に精子が入ってます)を持って子宮頚管の奥に直接注入します。 牛や豚の種付けは基本的に精子を冷凍保存して人工授精が殆どです。 獣医さんとは別に牛の受精を専門にやる「授精師」さんが居て 牛に発情の気配がある場合などは電話で呼んで受精して貰います。 もちろん獣医さんがやることもあります。 馬(サラブレッド)の場合は、人工授精が禁止されているので 牝馬を種馬の居る牧場まで連れて行きその場で自然交配させます。 直腸検査や種付け中の酪農家は、尻尾を持って暴れないように牛を抑えます。 あまり経験のない若牛なんかは本当に手を焼きます。豪快に足踏まれますし。 ちなみに長い手袋は伝染病や感染症の予防のため、一頭につき1枚だけ使います。 また、牛の体温も肛門で測ります。形は水銀式の人間の体温計に近いですが、 長い紐と小さいクリップが付いている点が大きな違いです。 体温計を肛門から挿入するんですが、検温最中にウ●コされると 糞と一緒に落ちちゃうのでクリップで尻尾周りに止めます。 牛は無事か? 作中でも言ってましたが家畜の転倒は時として生命に関わるので。 滑り止めは大事ですね。理想はマットですが高いですし… 通路は大抵コンクリート製なので、 表面に凹凸の加工をして滑り止めすることもあります。 そこまでコストを掛けない場合や、予防的に使う滑り止め材の場合 使われるのはやっぱり石灰が多いですね。 股関節脱臼 農業高校とか大きい農場だと診断も早いかもしれませんが 小さい牧場だとその日のうちに処置はなかなかできないですね。 普通は数日は治療して様子を見ます。(経営的事情がいろいろあるので) 一例としては牛の後ろ足がガバッと左右に開いて座ってしまう状態で起きたりします。 もし牛が開脚して座り込んでしまったら、大急ぎで立たせたり左右に寝返りを打たせて 身体の下側の足を引っ張り出したりします。 「ハンガー」という牛の腰骨を挟んで引っ掛けて吊り上げる器具があるのですが そういう器具を使って吊り上げると自力で立てる時もあります。 筋肉を多少痛めた程度で済めば回復の見込みもありますが、 たとえ骨や股関節に異常がなくても筋肉を酷く痛めて強い炎症が起きるようだと やはり回復の見込みは薄く淘汰の対象になります。 基本的に股関節脱臼はまず治らない「なったら終わり」の疾病ですし 股関節脱臼でなくとも、牛の開脚や転倒は私達にとってはゾッとする瞬間です。 作中で八軒君そっちのけで牛の心配を皆がしていたのはそういうことです。 あとがき? 本文でも書きましたが私が犬が苦手です。 これには理由がありまして、5歳ぐらいの時に2つ下の妹と外で遊んでいて 野犬の群れに襲われた事があります。私は少し離れた所に居たのですが 犬に襲われる妹を見捨てて一目散に逃げました(なんと薄情な兄) しばらくしてから大声で泣き叫びながら戻って来た妹は 腕から大量の出血と腕の肉を噛みちぎられ骨が見えかけていました。 そんな血だらけ傷だらけの妹の姿を見て以来、私は犬が苦手になりました。 今では大型犬でなければ触る事もできるようにはなりましたが 子供の頃は小型犬でさえ犬が近寄ると泣いて逃げていた記憶があります。 今でも好んで犬に近寄ろうとは思わないです。 ちなみに野犬の群れに襲われ危うく死に掛けた妹は 無類の犬好き になりました。 人生そんなもんです。 ではまた。 ←銀の匙2期目1話感想へ
うしのタマ知りませんか
ちーちゃん(我が家の猫)は今日も元気です。