ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

酪農家から見た「銀の匙・第2期」7話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

酪農家から見た「銀の匙・第2期」7話

2014-03-07 23:23
  • 2

はじめに

毎度恒例の前置きですが
私は農業系の高校や大学、専門学校の出身ではないので
実際に学内生活や寮生活がどうなっているのかは分かりませんし、
原作も読んでいないのでこの先の展開なども知らないです。
あくまでアニメ版「銀の匙」を見ての個人的な感想や
実際に現場ではどうなのか?など補足説明的なお話もしたいと思います。
なお原作者の荒川先生が農家のご出身である事は存じております。
記事内では細かい指摘が増えてしまいがちなので
揚げ足取りのように見えてしまうかもしれませんが
作品を貶める意図はありませんのでご理解ください。
と、段々長くなる前置きはここまで。
---------------------------------------------------------------------------------------------
銀の匙・第2期7話の感想などです。
放映スケジュールや仕事の都合上、記事の更新が遅いのはご容赦ください。


第7話で気になったシーン

高校野球の全道大会

夏の甲子園予選は南北の北海道に地区が分かれていて、
舞台のモデルになった帯広は北北海道なので
大会は旭川スタルヒン球場で行われますが(南北海道大会は円山球場)
春や秋の大会は全道大会になるので札幌市の円山球場で行われます。

中島先生ふたたび

超(´・ω・)カワイソス

大蝦夷神社

モデルは帯廣神社ですかね。馬の形の絵馬も本当にあるらしいです。

河原と橋

十勝大橋でしょうか
最初一瞬(札幌の)ミュンヘン大橋かと思いましたけど距離的にあり得ないですねw

融通の効かない一本道

私が農業高校や畜産系の大学に行きたくなかった理由がこれでした。
最後は家に戻るとしても、違う世界を知っておきたかったというのもありますが
農家の息子が農業系の学校を出た後に違う道へ…というのは
期待させた親を裏切ってしまうようで気が引けます。
あとは世間体もありますね。田舎ってそういうの気にしますから。
「実は遊びたかっただけだろ」と言われても反論できないのが悲しいところ。

頭絡

口頭では「モクシ」と言ってますが黒板には「頭絡」と書いてあります。
でも「頭絡」の読み仮名が「モクシ」というわけではありません。
「無口頭絡」というのが正式名称です。
乗馬用の頭絡には「ハミ」と言う口に含ませて乗り手の指示を伝える
金属製の馬具が付いてますが、これに対してハミが付いていない頭絡を
「無口頭絡」といい、区別する為に「ムクチ」と言っていたのが
訛ったり転じたりして「モクシ」になった…というのが有力な説なようです。

牛用のモクシには下側に金属のリングを付けて、
牛を引っ張ったり繋いだりする時にはそれを使います。
昔は鼻輪(鼻環)を使っていたのですが、今では乳牛では殆ど使われていません。
(肉用牛では今でも一部で使われているようです)
ちなみに鼻環は牛の鼻に穴を明けて左右の穴を繋げてつけるのですが、
人間が想像しているよりも牛は痛くないらしいです。

我が家では自作のモクシも使っていますが
最近は既製品のモクシを買って使うことも多いです。
リング付でだいたい1つ1000円前後します。
材質は主に麻紐とビニール紐があるのですが、
うちは繋ぎ牛舎なので麻だとどうしても切れやすく、ビニール製にしています。

牛の分娩監視カメラ

欲しい(切実

初乳飲ませるまでが1セット

我が家の場合は
子牛生まれる→子牛の身体を拭く→子牛を個室に移動させる→親牛にカルシウム補給
→初乳搾る→初乳飲ませる
までが1セットです。
カルシウム補給は、分娩直後に起きやすい「低カルシウム血症」を防いだり
その後の肥立ちを助ける意味でも結構大切です。
いろんな方法がありますが、味噌汁やカルシウムを溶かしたお湯を飲ませたり、
皮下注射などでの投与辺りが割と多いかもしれません。

昔は子牛が生まれたらすぐにでも初乳を飲ませた方が良いとされていましたが、
出産直後は羊水がまだ胃に溜まっているので、飲ませるのが早過ぎると
初乳が薄められてしまって十分な免疫力が付かないと言われています。
生後6時間以内であれば十分な抗体が得られるので、
最近ではそこまで急いで初乳を飲ませることはなくなりました。

「汗臭い血生臭い牛乳ベタベタしてる~(泣)」

汗臭い→慣れると気にならない
血生臭い→慣れれば平気
牛乳ベタベタしてる→健康な証拠だから喜ぶべし

まぁ…慣れです。親牛の状態が悪かったり酷い乳房炎だと
搾っても乳汁にならない事があるので
ベタベタした感じの初乳が出るということはある程度元気な証拠です。

先ほど書きましたが初乳を飲めないと子牛が十分な免疫力を得られません。
子牛に十分な栄養と免疫力を与える為、初乳は成分が普通の牛乳と異なり、
乳糖が少なく栄養分が濃厚で凝固しやすく、
見た目もやや黄色がかっていてドロッとした感じになります。

初乳は基本的に手搾りで、機械では搾りません。
初日~2日目ぐらいまでは手搾り、その後は持ち運べるバケットミルカー等で搾り、
6日目から牛乳として出荷します(それ以前の初乳は出荷が禁じられています)

後産(胎盤)

恐らく酪農家が通常業務の中で接する最もグロい物体X
言葉でうまく説明できませんが、どうしても興味のある方は
Googleの画像検索で「牛 後産」や「牛 胎盤」などのキーワードで検索してみてください
ただし、体調や気分の優れない時や食後の閲覧は推奨しません
大抵は半日ぐらいで自然に出て来るのですが、
時には数日経っても子宮内に残る場合があります。
これを「胎盤停滞」と呼び、時間が経過してから出てくる後産からは
さらに強烈な匂いがします。

放牧中に分娩した場合などは親牛が後産を食べてしまうケースがよくあります。
(牛自体に本能的に後産を食べる習性があります)
これは後産自体に栄養価があるのと、後産を狙って近寄って来る野生動物や鳥などから
子牛を守るという目的もあります。

あずましくない

「落ち着かない」「心地悪い」という意味の方言です。
「あずましい」という反意語もあります。

あとがき

ソチ五輪の影響で更新がずっと1週遅れになっていましたが何とか追いつけました。

6話の記事ではたくさんのコメントありがとうございました。
北海道の放映スケジュールの関係で、
首都圏と比べてどうしても記事の更新が遅れがちですが
地道にぼちぼち書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

そういえば実写版の映画「銀の匙」がいよいよ公開ですね。

映画「銀の匙」公式サイト
http://www.ginsaji-movie.com/index.html

私はド田舎在住なので映画館には行くのはちょっと無理そうですが
予告映像を見る限りでは上島竜ちゃんの校長先生がとてもいい感じでした。
思い切って「全道の市町村で上映会」とかやってくれたら行きたいんですが…w

それにしても(突如本編話)
まだ1年生なのに最後の甲子園みたいな重い雰囲気がちょっと気になりますね。





ではまた。


広告
×
はじめまして。
どこまでがリアルでどこまでがフィクションなのか気になっていたところ、偶然見つけたので読ませていただきました。
だいたいリアルだろうとは思っていましたが、細かいところは本州一般家庭の私には勿論想像もつかないしわからないので、とても楽しく読めました。ありがとうございます。
放映のラグや様々な事情もあると思うので、続きはのんびり待ってます。

ついでに、映画はアニメや原作とは違い、人間性に焦点を当てたもの(だろうと友達と話しておさめただけなので実際はどうかわかりません)なので、また違う見え方がしました。
個人的意見で言うなら、DVDでも満足はできるかと思います。(本当に個人的ですが)
87ヶ月前
×
後産の話ですが、漫画家の内田春菊さんは出産後に自分の後産を食べてみたそうです。(地方によってはそんな風習がある所もあるらしい)胎盤には子宮を収縮させる効能があるそうで、「出産後に食べるのは理に適っている」という話を「私たちは繁殖している」で読んだ覚えがあります。
UPお疲れ様です。銀匙二期とセットでいつも楽しみにしています(^_^)
87ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。