ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

酪農家から見た「銀の匙・第2期」8話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

酪農家から見た「銀の匙・第2期」8話

2014-03-14 01:06
  • 4

はじめに

毎度恒例の前置きですが
私は農業系の高校や大学、専門学校の出身ではないので
実際に学内生活や寮生活がどうなっているのかは分かりませんし、
原作も読んでいないのでこの先の展開なども知らないです。
あくまでアニメ版「銀の匙」を見ての個人的な感想や
実際に現場ではどうなのか?など補足説明的なお話もしたいと思います。
なお原作者の荒川先生が農家のご出身である事は存じております。
記事内では細かい指摘が増えてしまいがちなので
揚げ足取りのように見えてしまうかもしれませんが
作品を貶める意図はありませんのでご理解ください。
と、段々長くなる前置きはここまで。
---------------------------------------------------------------------------------------------
銀の匙・第2期8話の感想などです。
放映スケジュールや仕事の都合上、記事の更新が遅いのはご容赦ください。


第8話で気になったシーン

ホエー

某花畑牧場で有名でしょうか。
ヨーグルトを放っとくと上に溜まる液体もホエーです。

洗い物担当

チーズ作りはとにかく清潔第一です。
八軒君達が一生懸命洗わされた
「凝固したチーズを切る為の、魚を焼く網みたいな形の道具」は
「カードナイフ」と呼びます。
また中島先生がチーズを固めていた大きな箱状の機械は「チーズバット」と言います。

納豆NG

納豆菌の繁殖力は半端じゃないので、
農家の勉強会とかでチーズ工場を見学する時には
本当に「前日から納豆は食べないでください」と事前通達が来ます。
私が見学したチーズ工場で働いている人は
「休みの前の晩しか納豆を食べるチャンスが無い」と言ってました。

チーズの手間

普段は何気なく食べているかもしれませんが、
チーズにはビックリするほど手間とコストが掛かってます。
そんな手塩にかけて育てたチーズを
学校祭の景品で一晩で根こそぎ持っていかれた中島先生
キング(´・ω・)カワイソス

牛の血統登録名

1期目7話の感想記事でも書いたように
ある程度は親の名前などから付けますが、
オリジナルで付ける部分もあるのでそこを任されたようです。

あやめちゃん編入

地元のJA組合長の孫娘が農業高校の推薦入試に落ちるというのが
現実だとどれぐらいとんでもない事かと言いますと

「ドラクエで最初のスライム相手の戦闘でHPが尽きるまで延々と防御し続けて死ぬ」

ぐらいのあり得なさですw
まぁ八軒君の名前も一向に覚えられなかったですし、
もし編入できたら常磐君の良きライバルになれそうではありますね。

離農

遂に来てしまいましたかこのテーマ…という感じですね。

「農家の子は銀の匙を持って生まれたから食いっぱぐれない」
という話をした直後にこれというのが何とも…ですが、
実際に離農は珍しいことではありません。
毎年毎年、日本全国で農家の数は減り続けています。

生徒達が駒場牧場の離農を聞いて動揺しているのは
作中にもある通り「明日は我が身」でもあるのですが、
恐らく殆どの生徒が自分の家の経営状況を知らないせいもあるでしょう。
親も要らぬ心配をさせたくないですから子供に経営状況を伝えない事が多いですし、
経営状態が悪いところほど子供には言いづらい。

正直、お金の事に関しては非常に仕組みが複雑な事と
諸事情があってあまり突っ込んだ事が書けません。察してください…(;´Д`)

以下、私個人の勝手な予想・推測に基づくザックリとした話です。
かなり纏まりのない構成になっているのはお許しください。

情報が少ないので(私の記憶力もあやふやなので)
駒場牧場の正確な負債額は分かりませんが、
「駒場君が甲子園で活躍して、2年後のドラフト中位辺りでプロに指名された際の契約金」
ぐらいは恐らくあるのではないかと。
離農するとなれば土地や家畜、農機具や建物を売却、精算して残った分が債務になります。
高齢牛が多くて二束三文の値しか付かない土地等から考えて
これから駒場君(駒場家)が背負っていく負債はそこから大きくは減らないでしょう。

現実で離農した農家のその後ですが、
酪農家は大型系の免許を持っていたり、重機の運転に慣れている人が多いので
夏場は建築現場で重機乗り、冬場は大型除雪車に乗って道路の除雪など、
建築や運送関係の仕事に就いた方が私の周りでは多かったです。
あとは酪農ヘルパー(酪農家が休みを取る代わりに日常業務を行う仕事)に
従事する方も多いです。
豊富な経験を生かして大規模農場の従業員になるケースもゼロでは無いでしょうが
実際にはあまり聞かないですね。
それまで経営者だった人が同業種で従業員として働くのはなかなか難しいのかも。
駒場君は果たしてどこに向かうのでしょうか。

基本的に借金の無い農家というのはかなり少ないです。
作中でも例えば多摩子さんの所は恐らくかなり経営が上手く回ってはいますが
規模が大きい分掛かるコストも膨大ですし、
突発的な事態が起こればどう転ぶか分かりません。
ギガファームでさえそれですから、他の生徒の実家に至っては推して知るべし…
八軒君が「駒場の心配より自分のとこの心配かよ」
みたいに言っていますが仕方ない事なのです。

現実にも多くの農家が、口には出しませんが結構ギリギリの所で踏ん張っているのです。
そこへ来てTで始まってPで終わるアルファベット3文字
例の恐怖が迫っているわけですから正直たまりません。

その厳しい状況を生き抜く為に日本中の農家が試行錯誤しています。
最近ニュースなどで「6次産業」なんて単語を聞いた事がある人もいるかもしれません。
これは農家等の一次産業の生産者が、加工・流通・販売まで手がける事で
大きな利益を上げる経営形態の事で、経営多角化の一環として注目を集めています。
(作中でもそのうち出て来そうではありますが)

間違っても良い歳こいて
・夜な夜なゲーム配信したり
・ブロマガでアニメ見た感想書いたり
・「うひひwww時雨ちゃんとケッコンカッコカリまでもうちょっとwww」とか
・「俺こんな金ないのに積みゲー増やすの止めれないんだけどwwww」と言ってたり
こんなことをしてるような酪農家ではこの厳しい生存競争を絶対に勝ち抜けません。





…よね。

どいつもこいつも「しょうがない」

エゾノーの「理不尽」の校訓にもある通り、農家の人生は理不尽と隣り合わせです。
農業は基本、気候や自然災害に大きく振り回されます。
それらを乗り越えても市場価格や為替レートなどに振り回されます。
コロコロ変わる国の農業政策にも振り回されますし
家族の健康問題や家畜や野菜の疾病や害虫、伝染病などの突発的な事態にも振り回されます。
他にも本人の努力ではどうにもならない事が山ほどあります。
(これは農業に限らずですけどね)

広い意味で言えば「道民気質」とでも言いましょうか、
「いちいち気に病んでも仕方がない」という感じで
特に農家の場合は諦めが早く、達観したようなところはあります。

1期目で描かれていた家畜の生命に関する話題でも書きましたが、
どこかで踏ん切りを付けていかないとどうしようもないのです。

それが悪い方に出ると某鉄道会社や某食品会社のように
「(やらなきゃ)しょうがない」と長年続く偽装・隠蔽体質に繋がるのかもしれませんね。

あとがき

八軒君が最後に言った「巻き添え上等」は
守るものや失うものが無い若さ故の彼ならではの言葉ですが
もうそれが言えない私からは八軒君が羨ましくもあり、苦々しくもありますね。



それにしてもまさかこの歳でアニメ見てて胃がキリキリ痛むとは…w



ではまた。

広告
×
モロに酪農してる駒場くんちの離農話だったので、今回の感想はきっと切実なものになるだろうなぁ・・・と思って勝手にハラハラして覚悟して見に来ていたのですが。
ケッコンカッコカリだとかゲーム配信だとか、けっこう余裕そうだったー!とズッコケてしまいました(笑)。

いえ、まぁ素人が聞きかじりしたのでもTなんとかっていうのは大変そうですし、いままでのブログから見ても作業がハンパないのが本当なのでしょうけれども。
8話を見ていて、どうもなんだかく牛うううさんちは大丈夫なんだろうか・・・と頭にチラついてしかたなかったので、ちょっとだけ安心しました。
87ヶ月前
×
アルファベット3文字?
T(タオ)
P(パイ)
P(パイ)
ボラのことか・・・ボラのことかーーー!!!!!
大変失礼しました m(_ _)m

9話を見終わったのですが、原作にある八軒くんの「家畜運搬車が後ろから迫っていた~」のくだりが無かったのには驚きました。個人的には名場面だと思っていたので・・・八軒くんのああいう感傷や同情は本業の方にはどう映るのか教えていただきたいです。「所詮 部外者」と感じるのか、酪農家でも同じように思うものなのか・・・
86ヶ月前
×
こんにちは。だいぶ昔にコメントさせつもらったりしてましたが、久々に覗きにきました。

自分のとこは一昨年に離農しました。

オマケに駒場くん&御影さんの牧場の町で酪農をしていて、他人事どころか、コレウチのことじゃねぇか!とすら思いました。

劇中で出てくる場所もなんだかココじゃね?っと検討がつく場所ばかりでこコマで来ると笑えました。
弟なんかは原作を読んだちょっとあとに、離農することを聞かされて、マンガと同じ事が自分に起こっている!とカナリショックを受けたみたいです。

自分は離農後、冬の間自動車学校でバイトをした後、今はとある工場の作業員をしてます。

その間に町牧や、牧場から、働かないか?というお誘いがありました。大変ありがたいとおもいましたよ。捨てる神あれば拾う神ありって本当だなと思いました。

ではでは、もうすぐ雪どけで忙しくなる時期だと思いますのでお身体に気を付けて下さい。
86ヶ月前
×
「競争社会を知らない奴はいいよな……
農家に生まれたってだけで、ろくに勉強もせずに高校入れて……
卒業すれば実家って言う就職先が用意されてるし。

気楽で羨ましいよ!」
八軒ってば、コレ言ったこと覚えてるのかなあ。
45ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。